FC2ブログ

宇宙落語会 in 繁昌亭

常々は京都大学で開催されている“宇宙落語会”。2018_09_11_宇宙落語会
落語が好きで、星も好物というぼくには、願ってもない
催しなのですが、地元の「天満天神繁昌亭」で開かれる
とあっては、行かねばなるまい、行きましたとも! 
9月11日(火)18時半の開演。いつもは桂米朝一門の
噺家の落語会に足を運ぶことが多いので、同じ上方
落語家とはいえ、また、新鮮な顔ぶれのように感じ、
さらに、宇宙というテーマもあって、知的興奮度も高い
落語会となりました。トーク・ショーのゲストは、京大
大学院理学研究家附属天文台長の柴田一成氏と、
京都市立芸術大学美術学部准教授・磯部洋明氏。
太陽フレア(=太陽面爆発)のお話を中心に、貴重な
オーロラの動画などを見せていただきました。最後の演目『明月記』では、
まさか、藤原定家に言及するのか?とハラハラさせられ(結局はタイトルのみ)、
桂福丸の創作落語に改めて感嘆。しばらく、追いかけてみようかと興味を持ちました。
それより何より、この宇宙落語会の開催趣旨が、あの「花山天文台」の運営維持費の
一助に充てるため――という点で、驚きとともに、感涙ひとしおとなる訳ですけれども。
当日のプログラムは、以下のとおり。
       ☆
 桂弥っこ「子ほめ」
 桂福丸「生駒のオーロラ」
 林家染二「茶屋通い」
  仲入り
 「宇宙トークショー」=柴田一成/磯部洋明/林家染二/桂福丸
 桂福丸「明月記」
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語 短歌 近代建築

薔薇のルーツ

殿下の地下潜伏期と、ヒップホップの隆盛期が被ること。
あるいは、殿下自身のラップが、微妙過ぎたこと……
あれやこれやで、Prince(1958~2016)とヒップホップを
別物として捉えがちではありますが、とんでもないことです。
同じ黒い音であり、Questlove が看破したように、
殿下はヒップホップの先駆者。そう考える方が自然です。
ただし、同時代の日本国内での紹介の仕方などが
明らかに一線を画していて、ブラック・ミュージック以外には
その辺りの事情が上手く伝わっていなかったような気がします。
ぼく自身は、2Pac(1971~1996)が大好きだったにもかかわらず、
Degital Underground 出身、D-Funk もとい P-Funk 経由で
2パックと殿下を結び付けていて、ファンクという括りの中で同一視。
両者を直接的に関連付けて聴いていた訳ではなかったように思います。
       ☆
しかし、黒人女性詩人、ニッキ・ジョヴァンニが2パックについて書いた
文章の中で、唐突に殿下のことを語り出すのも不思議ではなく、
2パック自身が殿下のファンであったものなあ(彼の曲名などの表記で、
殿下にインスパイアされたものを多々見つけ出すことは易しいはず)。
そういった当たり前のことも、当時の音楽誌では隠されていたような
気がしないでもなく……あれだけ、ジャンルの越境を訴えてきた殿下の
ファンの中にすら、ヒップホップは聴かないよ、といった変な志向を
持っていた人らがいたようにも記憶していますし。2パックに対して、
ハードコアな先入観しか持たない人らは、彼の根底から抜け切れない
べたべたなロマンティシズムを見落としているのではないかなあ? 
例えば、「2パックがプリンスの大ファンだったことも。高校時代に
プリンスの話をしようよ』と女性を口説いたラヴレターが残っている
ようだ
」――推して知るべし。ぼくの耳は間違っていないと安心しこそすれ。

参考記事:クエストラヴが語る、プリンスがヒップホップの先駆者たる40の理由
参考文献:トゥパック・アマル・シャクール『ゲットーに咲くバラ』(PARCO出版)
       丸屋九兵衛『丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ』(スペースシャワーネットワーク)

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音

スキャナー

週ごとに台風に見舞われたり、立て続けに落語会に通ったり、
目まぐるしい日々が続くと、日記(?)というか、
ブログの更新が停滞してしまいますね。
まぁ、そんなものです……書いていいのかな? 
昔、登録していた多数のポイント・サイト、アンケート・サイトが
生活環境の激変に伴い、アクセスする時間の余裕も無くて、
随分と登録抹消を続けているのですが、幸甚にも
まだ更新できている某サイトにて、ショッピング・ダイアリーの
記録に用いるバーコード・スキャナーの交換時期を迎えました。
内蔵バッテリーが消耗する頃合いを見計らって、
交換用のスキャナーが送付されてくるのです。
なかなか、自宅で荷物を受け取ることも困難な状況下
(配達時間帯に在宅していることがまずないのでした)、
首尾よく受領。返送は数年前ならば、コンビニから発送できたはず
でしが、「ヤマト運輸」直営店まで持ち込まなければなりません。
集荷依頼が可能と言われても、営業時間帯に在宅していないもの。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

史家にして作家

伊東忠太の話をしましょう。多分に、自分自身のことを重ね合わせつつ、
藤森照信先生は、“建築家にして建築史家だった”忠太について、
小文「伊東忠太ワールド」の中で、非常に含蓄のある評価を示していました。
忠太の思想として代表的なものに、法隆寺建築論と、建築進化論があります。
かつて、法隆寺の再建をめぐって、建築史家と歴史家の間で論争が巻き起こった際、
忠太の答えは「どっちでもいい」でした。法隆寺とギリシャのパルテノンが兄弟であり、
法隆寺が世界最古の木造建築であることにしか、忠太の関心は無かったからです。
続いて、建築進化論の問題。パルテノンが木造起源だという定説に対して、忠太は
“兄弟仮説”に基づき、日本の伝統的な木造建築も石造(煉瓦造り)に進化できる
と考えました。そうして実地に、木造建築を石造に置き換えたような造りで建築して
しまいます、実験の結果は、必ずしも成功とは言い難かったようですが、その精神は
武田五一の茶室の発見、藤井厚二の伝統とモダンデザインとの間の架橋、堀口
捨巳
板倉準三丹下健三といった木造モダニズムに受け継がれていきます。
後世に豊かな答をもたらす問を提示した伊東。しかし自分の答はいつも間違う
伊東。建築家にして建築史家にのみ可能な思想のあり方として、私は高く評価して
いる」と、藤森先生は結びますが、良い問いを立てること自体が、既に哲学です。

参考文献:『東洋+西洋=伊東忠太』(大阪市立住まいのミュージアム)

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

VENTRILOQUISM

今春、ネット上の友達(埼玉県在住)から、Bruno Mars の来日公演に
行ってきたと聞かされた際、羨ましいなぁ! と思う一方、
どうして、関西公演が組まれないのか? やはり、景気は良くないのか
などと考えながら、Meshell Ndegeocello 姐さんが、ブルーノ・マーズを
手酷くこき下ろしたことも思い出したりなどして。グラミー賞で6冠となった
『24K Magic』
が、1980年代後半~90年代前半の黒人音楽の焼き直しに
過ぎないといった批判に対しては、そもそも、本人が自覚して、意識的に
作り込んだ結果。「賞は彼ら(BabyfaceJam&LewisTeddy Riley)に
捧げたい。彼らは僕のヒーローであり、僕の教師だ。彼らが礎を築いた。
彼らがいなければ、このアルバムは生まれなかった」と語っている時点で、
ひしひしと先達らへのリスペクトを感じる訳ですよ。Bell Biv DeVoe
Poison」も、ぼくは腰が砕けるくらいに
お気に入りの曲だったりしますが、「Finesse
にOKを出します。感謝の気持ちこそあれ、
コピーだからと軽々と一蹴は出来なくてねえ。
ミシェル姐さんは1968年生まれ。自分が
若い時代に聴いて育った音楽に対して、もっと、
十分に吸収・咀嚼して、愛して、表現を深めて
くれと懇願しているだけのような気はします。
姐さん自身が、常に最前線で闘ってきた一人のミュージシャンな訳ですから。
       ☆
 そんなミシェル姐さんのリリースした新譜
 『VENTRILOQUISM』は、まさにあの時代
 どんぴしゃのカヴァー集。全体に枯れた風情で
 フォーキーなバンド・サウンドの中、囁くような
 慰撫するような姐さんの声に、何もかも
 投げ出したくなってしまいます。良いですよ。
 全11曲とオリジナル演者の列挙だけでも感涙。
Full Force プロデュース曲で幕を開け、中盤でジャム&ルイスの3曲を立て続けに、
シャーデーで締め。P‐ファンクもあれば、アトランタ勢もあるし、大好物ばかりでした。
       ☆
 Lisa Lisa & Cult Jam - I Wonder If I Take You Home
 Al B. Sure! - Nite And Day
 Prince and The Revolution - Sometimes It Snows In April
 TLC - Waterfalls
 George Clinton - Atomic Dog 2017
 Ralph Tresvant - Sensitivity
 Janet Jackson - Funny How Time Flies
 Force M.D.'s - Tender Love
 The System - Don't Disturb This Groove
 Tina Turner - Private Dancer
 Sade - Smooth Operator

参考記事:ミシェル・ンデゲオチェロがブルーノ・マーズを痛烈批判

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音

じょんのび

2018_08_31_こしひかり越後ビール 大阪市・梅田の地下街「ホワイティうめだ」に、新潟県
 アンテナ・ショップ「じょんのび にいがた」が入っていて、
 通りすがりに、ちょくちょく利用するのです。そのせいか、
 まともに訪れてもいないのに、新潟県には馴染みがある
 ような錯覚……“日本元祖スキー漢(おとこ) レルヒさん
 いますし。同じ新潟県の情報発信拠点でも、東京の方は
 若干、失速気味らしいですが、米・酒・肴……何であれ、
 美味しければ、それでよいのです。あ、“じょんのび”は
 「ゆったり、のんびり」といったニュアンスね。過日、入手
 した商品は、まず、「こしひかり越後ビール」。新潟県産
 コシヒカリを原料に、すっきりとした味わい。チェイサーに
 向くかと思われます。ぼくは缶にプリントされた同県内の
ゆるキャラに惹かれて、手に取ってしまいました。
レルヒさんを筆頭に、トッキッキ(とっぴー/きっぴー)、2018_08_31_笹だんごパン
画像では隠れていますが、裏面にも あぶらげんしん
(栃尾地区)、ブリカツくん(佐渡市)、きららん(燕市
分水)、サケリン(村上市)、よし太くん(小千谷市)、
ブラック番長(糸魚川市)、えちゴン(柏崎市)、謙信
くん
兼続くんけんけんから成る上越忠義隊
けんけんず
(上越市)――お腹いっぱいになるくらい、
キャラがわんさか。栃尾揚げが既にキャラクター化
されていたことは、要チェック! ところで、大ぶりの
柿の種だけでは飽き足りなくて、試しに買っていた
小竹の笹だんごパン」は、新潟名物“笹団子”を
米粉で作られた もっちりとしたパン生地でくるんだ物
でした。愉快な気分を強いて演出する必要もなく、ベーシックな笹団子でよいかな。
普段から、粒あんか、こしあんにすべきか、悩ましい選択を迫られているのですが。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む ゆるキャラ 豆腐

台風21号(承前)

2018_09_04_やなぎ屋ビル 台風が来ようと、何がどうしようと、ぼくは傘を差さない。
 昔、大阪を離れ、信州に流れていた頃、土砂降りの雨に
 半裸体を打たれながら、もう傘を差さなくてもいいだろう
 と悟った気がした……エアコンの室外機を元に戻そうと
 四苦八苦している警官を尻目に、自宅マンションの
 エレベーターに上がろうとして、非常階段口が白々と
 明るいことに気付いた。ひょいと覗いてみると、踊り場の
 窓ガラスが割れ、飛散していた。屋外の空が、やたらと
 明るく目に映った。台風接近前の蒸し暑さが、嫌なのだ。
 台風自体には、何かしらの爽快感、“救い”を感じるよ。
        ☆
 この日、「ビルボードライブ大阪」では The Midnight
Hour
Ali Shaheed MuhammadAdrian Younge のユニット)の公演が
予定されており、両名とも来阪していたためか、中止のアナウンスは流れておらず。
18時半からのステージを予約していたので、足を運べば、なかなか興味深い会場の
雰囲気を楽しめるかな……迷いはしたのだけれども、結局、キャンセルの電話1本。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき 黒い音

台風21号

今夏は台風18号、19号を何とかやり過ごせた2018_09_04_天五中崎通商店街
つもりでいたのですけれども、台風21号が
やって来ましたよ。うん。ぼく自身は無問題
とはいえ、街がやられてしまいましたねえ。
9月4日(火)午後の外出。天神橋筋六丁目から
大阪メトロ・谷町線に乗って、東梅田で下車。
御堂筋線に乗り換え、梅田駅の改札口を
入ったところで、接続している北大阪急行の
地上部分が強風により、走行不可。大阪市で
最大瞬間風速47.4m でしたか。雨より風。
よく利用する「大阪富国生命ビル」に一時退避していたところ、
ビル自体の封鎖が始まり、危うく、シャッターに閉じ込められる寸前。
大阪駅前第3ビルの最上階(33階)から市街を見下ろしてみよう。
移動しましたが、エレベーターが18階止まりになっているから
と、警備員に制止されました。「ホワイティうめだ」などの地下街に、
地上部から吹き込んできた街路樹の枝葉が散乱して、惨状を呈し、
空調設備の綿埃の塊状の物体が床上に広がり、異世界のようです。
まだ動いていた谷町線で中崎町に撤収。天五中崎通商店街では、
家屋の一部と思しき屋根や看板、電線が吹き飛び、自宅近くの交番でも
壁から外れたエアコンの室外機を警官が脚立に乗って、応急処置の最中。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

栴檀木橋

2018_08_26_栴檀木橋 中之島に架かっている橋の中で、ぼくが一等
 好きなのが「栴檀木橋(せんだんのきばし)」です。
 しゅっとした、しなやかな感じが良いのです。
 次に「越中橋」、「端建蔵橋」ですかねぇ……
 土佐堀川に架かっている橋ばかりになって
 しまいましたが、「水晶橋」、「鉾流橋」も
 憎からず思っています。鉾流橋はゲルバー桁
 ですが、栴檀木橋は連続桁橋となります。
 橋長86.37m、幅員15.0m。
中之島公会堂の南側に位置しており、そのまま南進すれば“三休橋筋”です。
三休橋」も「心斎橋」や他の橋のように、名前だけが残り、本体の失われた橋の
一つでした。言葉だけが残り、実体の無い橋に、ぼくは偏愛を感じてしまうのです
けれども……閑話休題。栴檀木橋の歴史は、江戸時代初期に遡るようですが、
大正3年(1914)、昭和10年(1935)の架け替えを経て、現在の橋は昭和60年
(1985)の完成。南側の袂には栴檀の樹が植えられ、欄干のパネルにも、栴檀が
モチーフに使われています。ライト・アップされた上掲の画像は8月26日撮影分。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

鉾流橋

中之島公会堂(=大阪市中央公会堂)と2018_08_26_鉾流橋
東洋陶磁美術館」の間から、北の堂島川に
架かっているのが、「鉾流橋(ほこながしばし)」。
歩道のオレンジ色と白色のコンビネーションは
栴檀木橋」同様、中之島公会堂の辰野式
元の鉾流橋(木造)の架橋が、公会堂と同じく
大正7年(1918)、現橋は昭和4年(1929)に
完成しています。昭和55年(1980)に大幅な
改修などが行われたそうです。橋長98.04m、
幅員12.50m のゲルバー桁橋。橋の名前は
毎年、「天神祭」の宵宮に鉾流神事が執り行われることから。高欄(=上画像)
デザインも、澪標か、神鉾か、大川の水紋か何かを髣髴させて、悪くないです。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示