FC2ブログ

日羅公之碑

聖徳太子かるた」の「く」の読み札2020_04_23_日羅公之碑
には、「百済国 日羅遣(つか)わし
太子と邂逅
」と書かれ、裏面の解説
「日羅(にちら)と太子」を読むと、「日羅
とは当時の百済国の僧侶で、父は
九州の豪族、母は朝鮮半島の人と
いわれます。その賢勇たる噂は
日本に於いても有名で、敏達12年
(583)、朝鮮半島の情勢を協議
する為に来日された際、太子を一目見るや
『このお方こそ伝説の救世観世音菩薩様に違いない』と拝し合掌されました。
その時、太子の眉間から眩い光が放たれ、後光が射していたといいます
」。
       ☆
日羅と聞いて、何やら、記憶が蠢いて。そう、近場の「源八橋」の袂を下りた所に
日羅公之碑(2020年4月23日撮影分)が建っていましたわ。碑文を転記してみます。
       ☆
日羅公は肥後国葦北国造の子で 敏達天皇の御代 久しく
百済国に住んで 政治の要路にあり 非凡の知勇を内外に知られていた
天皇は公の献策を用いて国勢の伸張を計ろうとせられ 公を召して
帰国せしめられた公は御諮詢に応えて 民生外交に関し
種々方策を献じたが これを百済に不利として
彼地より隨伴して来た者のために暗殺せられるところとなった 
詔によつて 一旦 難波小郡西畔丘前に収葬せられたが
この地はその初葬の地であると言われる
ことに顕彰の事に当られた日羅公薫續顕彰記念会が
さらに戦災による荒廃を修復せられたことは 時節柄
まことに当を得たことと思い ここに公の事蹟を記してその記念とする
 昭和三十年六月二十五日
                      大阪市長 中井光次 書

       ☆
『日本書紀』に記されている「難波(なにわの)小郡(おごおりの)西畔丘前(にしの
ほとりのおかさき)
」が、公之碑の所在地(大阪市北区天満橋2丁目2−33)と
いわれる根拠がよくわからず。また、『聖徳太子伝暦』『今昔物語』でも
描かれた聖徳太子との邂逅について、碑文では一切触れていませんねえ。
敏達天皇(第30代)の次代が、聖徳太子の父である用明天皇でした。
敏達3年(574)生まれの太子ならば、日羅の来日時、9歳でしょうか。
現実に起こり得た出来事だったとしても、まさに、一瞬の閃光のような……。
スポンサーサイト



テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

東大阪市役所

2021_05_07_東大阪市・マンホール_1
2021_05_07_東大阪市・マンホール_2
2021_05_07_東大阪市・マンホール_3
2021_05_07_東大阪市・マンホール_4
 Osaka Metro・谷町線に守口から乗車。
 谷町四丁目で中央線に乗り換え、長田
 下車。1駅隣の荒本(「大阪府立中央
 図書館
」利用時によく足を運びました)だと、
 近鉄けいはんな線に乗り入れることに
 なってしまうので、手前で下りています。
 “けいはんな線”も、昔は、“東大阪線”と
 呼んでいたよなあ……阪神高速13号・
 東大阪線の下、東へ歩を進め、東大阪
 ジャンクションを潜ると、「JAグリーン大阪」
 や「クリエイション・コア東大阪」の背後に
 東大阪市役所が聳え立っているのです。
        ☆
 エレベーターで13階へ上がり、下水道部
 計画課で、無事にマンホールカードを入手
 できました。上から2枚目の画像の蓋の
 デザインとなります。2015年3月、「ラグビー
 ワールドカップ2019
」の試合会場として
 「東大阪市花園ラグビー場」が選ばれた
 ことを契機に、2015年から設置されました。
 大阪府東大阪市は、“中小企業のまち
 モノづくりのまち)”だけでなく、“ラグビーの
 まち
”としても、積極的にPRを行っています。
 市の花は。別デザインのマンホール蓋に
 描かれた梅の5弁の花びらの一つひとつは、
 東大阪市の市章をも表しています。市章は
 平仮名の「」と、羽ばたくのイメージを
 図案化。シンプルなだけに、ナイスですね。
        ☆
 13階から、さらにエレベーターで22階へ
 上がって、展望ロビーを巡回しました。
 近辺に高層ビルがほぼ無いので、見晴らしは
 良好です。生駒山を眺めた後は、「あべの
 ハルカス
」や「グランフロント大阪」等に
 飽き足らず、「通天閣」や「大阪城」天守閣の
 先っちょを探してしまうのが、大阪人の性。

参考記事:東大阪市 ― 市章

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

大日~守口

2021_05_07_守口市・マンホール_1
2021_05_07_守口市・マンホール_2
 5月7日(金)、「エンジョイエコカード」(1日
 乗車券:平日800円)を購入すると、Osaka
 Metro・谷町線に乗り、天神橋筋六丁目から
 終点の大日駅へ向かいました。今でこそ、
 「イオンモール大日」が幅を利かせています
 が、往年の三洋電機」淀川工場跡地です。
 大日周辺は大阪府守口市内とはいえ、大阪
 モノレール
に沿って、南へ1kmも歩けば、
 門真市内に入っています。「泉町浄水場(=
 門真市上下水局)」を訪ねて行ったところが、
 空振りに終わりました。マンホールカード
 件です。地下鉄で1駅、守口駅に戻りまして、
 守口市役所を訪れました。同市のシンボル・
 キャラクター“もり吉”の像が出入り口に建って
 いますが、イラストと異なり、ちょっと怖いかな。
 5階の下水道管理課でカードを入手。もり吉の
 他、なにわの伝統野菜守口大根”と、市の
 花=サツキが描かれています(上画像と同
 デザイン)。下画像も、守口市のマンホール蓋
でして、サツキに囲まれた中央の円内に描かれているのは、京阪・守口市駅前に
設置されている「希望の鐘」(目にしたことはあると思われますが、記憶は不明瞭)。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築 ゆるキャラ

山科疏水の橋(8)

山科疏水の「第2トンネル」の西口洞門を2021_03_30_日ノ岡取水池橋
画像に収め、「封ジ山北児童公園」を抜けて、
西へ向かえば、あの「第11号橋」か!と、一瞬
取り違えそうになる「日ノ岡取水池橋」が目に
入ってきました。昭和43年(1968)、「新山科
浄水場
」が建設されるに伴い、日ノ岡舟溜りが
埋め立てられ、「新山科浄水場導水トンネル
取水池
」が設けられました。その取水池への
専用橋が「日ノ岡取水池橋」となるのでしょう。

参考文献:『琵琶湖疏水の歴史散策』(近代京都の礎を観る会)

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

川崎ゆきお

2021_05_04_聖徳太子かるた 何でもない、何も無いのだけれど、
 じわじわと生きる力を奪われている
 ような気がしないでもなくてね。
 やること為すこと、狭められ、否定
 されてしまっているようで、疲れ果て。
 前日(5月5日)、予約を入れていた
 落語会「千鳥橋林家亭」も急遽休演
 となったので、「四天王寺」へ詣でた
 訳でして……集印帳や「春季名宝展
以外での戦利品は、川崎ゆきお画伯の絵札が素晴らしい「聖徳太子かるた」。
聖徳太子千四百年御聖忌の記念グッズですよ。名宝館で問い合わせ、
亀の池の前の楽舎に赴き、購入しました(1,500円)。脱力感満載の画と
裏腹に、平易な文章ながら、聖徳太子伝の解説はマニアック。や・ゆ・よ、
わ・を・んの札に加えて、無地が1枚。四天王像に1字ずつ、割り振られて
いるのも良いです。小ネタの宝庫にも見えてきて、いずれ紹介するかも。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 漫画 仏像

小さな仏教

5月4日(火)、「四天王寺」(大阪市天王寺区四天王寺1-11-18)に出掛けました。
今年は、聖徳太子千四百年御聖忌(ごせいき)なので、何かとチェックすべき催事が
ある訳ですけれども、非常事態宣言の情勢下、身動きが取りづらくて……ひとまず、
春季名宝展」(~5月5日)を覗きに行かなくてはなりません。そうでなくとも、まだ
まだ押さえておかなければならない物件は多々ありまして、墓所の碑銘の解読や
南大門の東に位置する別門(駐車場前)など、調査が必要なのです。そう言えば、
ぼくの手持ちの紫色の集印帳が4月30日で終了していました。朱印は頂けますが、
今後は緑色の御朱印帖が売り出されているようです。まずは、紫色が埋まってから
と、「地蔵堂」で押してもらいました。冬眠から覚めた亀の池を眺め、「宝物館」に
移動して、「“小さな”仏教―仏教美術の小さな世界―」を鑑賞。特集展示の
ほとけの姿―如来・菩薩・明王―」もじっくり観ましたよ。「野中寺(やちゅうじ)」の
金銅弥勒菩薩半跏像」を想起させる「金銅菩薩半跏像」が良かったのですが、
火災によって下半身が溶解し、火肌に覆われている様が気の毒。小金銅仏や
念持仏を仔細に観察した後は、「木造薬師如来坐像」ら、常連メンバーに挨拶。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像 美術

疏水は続くよ

2021_03_30_第2トンネル 「太鼓橋」とも呼ばれる「第10号橋」のアーチ
 上に立って、山科疏水(琵琶湖疏水の一部)の
 行方を眺めれば、「第2トンネル」東口洞門が
 目に入ります。長さは124mと大した距離では
 ないのですが、西口洞門までは住宅街の中を
 回り込む必要があり、うっかりすれば、道に迷い
 そうでした。琵琶湖疏水のトンネルの出入り口
 には、いずれも石額(扁額)が掲げられており、
 明治時代の元勲らが揮毫しています。第2
トンネルの東口洞門の上部には、井上馨の「仁以山悦智為水歓」、西口洞門には
西郷従道の「随山到水源」が刻まれていました。井上は『論語』からの引用です。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築 史跡

栗原伸邸

2021_03_30_鶴巻邸(現・栗原伸邸)_2
2021_03_30_鶴巻邸(現・栗原伸邸)_1
 「第10号橋」の南詰の向こうに、「栗原伸邸
 (京都府京都市山科区御陵大岩17−2)が
 見えた時の感激と言ったらば……「旧鶴巻
 邸
」、「現栗原邸」と名称の表記も揺れている
 のですが、現存する表札に記されていた「栗原
 伸
(のぶる)」を採用します。本野精吾の設計に
 よって、昭和4年(1929)の竣工。当然の如く、
 鎮ブロック(=中村式鉄筋コンクリート構造
 を採用しています。本野は、旧「京都高等
 工芸学校
」=現「京都工芸繊維大学」の
 教授でありまして、当初は、同校2代目校長の
 鶴巻鶴一(1873~1942)の邸宅として建築
 されるも、昭和16年(1941)、栗原伸に譲渡。
 栗原は鶴巻の友人であり、大阪の広告代理店
 「萬年社」社長だったそうです。その子息、栗原
 眞純が現在の所有者かしら。不動産サイトでは
 中古一戸建て物件として、2億円(税無し)で
 売りに出されています……買えませんけどね。
 ブロック塀の外から不審者のように ぐるぐると
歩き回り、栗原邸を観察していた訳ですけれども、せめて、一般公開時に行き合わせ、
内部も観てみたいもの。出入りする業者と思われる方を目撃して、羨ましかったです。
因みに、「本野精吾邸」(京都府京都市北区等持院北町58−1)については、2019年
4月から、京都の建築設計事務所「木村松本」の新事務所となっている模様。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

山科疏水の橋(7)

5月に入りましても、3月末の思い出話――
2021_03_30_第10号橋(山ノ谷橋)_1
2021_03_30_第10号橋(山ノ谷橋)_2

第9号橋大岩橋」まで来ていたので、
次は「第10号橋」です。橋板名を見ると、
山ノ谷橋」とあり、「黒岩橋」、「封じ山橋
等の別名もあるそうです。デザインが秀逸。
後に触れます「第11号橋」の実績に基づき、
明治37年(1904)に造られた鉄筋コンクリート
橋でありまして、国史跡に指定されています。
設計はもちろん、田邉朔郎(1861~1944)。
永興寺(ようこうじ)」の参道につながっており、
同寺には気に懸かる構造物があるのです
けれども、次の機会を待ちましょう……逆に、
南側に目を遣ると、「栗原伸邸」(所有者の
変遷もあって、正式名称はよくわかりません)
の佇まいに心を奪われます。山科疏水の
見所は多々ありますが、近代建築好きで
なくとも、「第10号橋」、「第11号橋」、「栗原
伸邸」は外せません。10号橋の上から疏水
下流(西側)を眺めれば、「第2トンネル」です。

参考文献:『琵琶湖疏水の歴史散策』(近代京都の礎を観る会)

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡 近代建築

★ 2021年4月に読んだ本 ★

近松門左衛門『国性爺合戦・鑓権三重帷子』(岩波文庫)
三浦周行『大阪と堺』(岩波文庫)
『文楽床本集 国立文楽劇場 令和3年4月』(独立行政法人日本芸術文化振興会)
ジェームズ・M・ケイン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(新潮文庫)……4月の「二人の
 読書会」のテクスト。田口俊樹の新訳。映画化7回、邦訳6回と帯に書かれています
 が、ぼくが最初に読んだのは小学生か、中学生時代で、田中小実昌・訳の講談社
 文庫。ハヤカワ・ミステリ文庫の小鷹信光・訳も読んでいます。マイ・クラシック。
ジェームズ・M・ケイン『カクテル・ウェイトレス』(新潮文庫)……作者の“幻の遺作”。
森村泰昌『自画像のゆくえ』(光文社新書)……これまでの森村先生の著書の中では、
 最も読み応え有り。自分語りなんですけど、自分の仕事の総括も兼ねているような。
『第162回=文楽公演 令和3年4月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)……巻末の文楽技芸員の紹介ページに、
 「文楽研修修了発表会」で聴いた足立晋也(=豊竹薫太夫)、澤井友孝(竹本
 聖太夫
)が登場。新技芸員の誕生ですが、薫太夫の入門先は豊竹呂太夫。
芥川龍之介『河童』(集英社文庫)……5月の「二人の読書会」テクスト。所収は
 「桃太郎」、「雛」、「点鬼簿」、「蜃気楼」、「河童」、「歯車」、「或阿呆の一生」、
 「或旧友へ送る手記」。「蜃気楼」はつい最近も読んだが……と思っていたらば、
 建築文学でしたか。「河童」と「歯車」は身に染み付いています。暗くはないよね。
三宅周太郎『文楽の研究』(岩波文庫)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに、考える人のふりをする。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN