アルプス

味園ビル」のほぼ真向かい、南側に建っているのが2018_07_03_アルプス
ホテル「アルプス」ですねえ。裏難波という立地上、
アメリカ村、道頓堀、心斎橋、日本橋も歩いて間近。
ところで、大人専用ホテルであるためか、建築年や
設計者のデータが、調べてもなかなか出てこなくて、
ちょっと困りました。高層13階建てであることからの
ホテル名のネーミングでしょうけれども……その名も、
「高島屋」大阪店と直結した「スイスホテル南海
大阪
」に比して、どうしても、存在が霞みます。
「スイスホテル」としての開業は2003年9月1日で、
前身となる「南海サウスタワーホテル大阪」の
開業は1990年3月29日。36階建ての「スイス」に
(事故物件でもある)「アルプス」が呑み呑まれてしまうのは、やむ得なし。
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

折々の大豆(2)

2017年から短歌誌を毎月購読するようになりました。
短歌より、詩の方がタイプだし、何でもありの小説が
一等好きであることに、変わりはないのですけれど。
       ☆
あした煮るひじきのための大豆茹であしたにつづくことを尊ぶ
       ☆
『角川 短歌 1月号 2018』(角川文化振興財団)の
書評ページからの孫引きです。五十嵐順子氏の
第4歌集『奇跡の木』(ながらみ書房)で、大豆
歌った一首が目に留まりました。ベーシックな和食
総菜の一品ですねえ。乾燥ひじきを戻す時に、
酒を加えると、ふっくらと戻せるそうですが、まず
大豆を茹でる段階から、丁寧な仕事ぶりを感じます。
ぼくなんて、心に余裕が無く、水煮の大豆を使いがち。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

tag : 大豆 短歌

味園ビル

2018_07_03_味園ビル ディープな大阪のイメージの付きまとう物件
 といえども、いついつまでも存在しているとは
 限らないのですよ。思い起こせば、京橋は
 「グランシャトー」のナイトクラブ「香蘭」に
 閉店間際(2014年4月9日)、よくぞ、足を運んで
 いたものだなあ、と感慨に耽ったりして……
 逆に、営業終了に間に合わなかった大箱
 キャバレーが、「味園ビル」に入っていた
 「ユニバース」。「ユニバース」は現在、ライヴ
会場などに利用される貸しホールとなっていますね。「味園ビル」自体の竣工は
昭和31年(1956)、設計が初代オーナーの志井銀次郎。鉄骨鉄筋コンクリート造り、
5階建て(地下1階)。キャバレー、サウナは既に廃業。バブル経済期を過ぎた頃から
ミナミの魔窟”と化しつつありましたが、アングラでサブカルなバーが入るなどして、
また別な意味で、面白い空間が広がっているのです。しかし、小箱も良いけど、
やはり、味のデパート宴会天国味園」も、一通り、体験しておかなければ。

続きを読む

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築 呑む

アガート/フレガート

敬愛する高橋源一郎先生のデビュー作(1982)『さようなら、ギャングたち』
第1部、Ⅴの章見出しが「アガートは大好きさ、フレガートが」
――となるのですが、それは作中に出てくる名前の一つでしかありません。
親が付けるのでもなく、自分で付けるのでもなく、愛する相手から付けてもらう
名前の一例として、「アガートは大好きさ、フレガートが」が挙げられていました。
大好きな小説ですから、何十遍となく読み返しているうち、昔は記憶していたはずの
アガート”と“フレガート”が、そもそも、何であったのか? すっかり、思い出せなく
なってしまったようです……最初から、純粋な呼称でしかなかったかのように。
       ☆
「アガート」と「フレガート」は美しい韻をふむ。
 女の子とその恋人は、その日運ばれてきた子供たちのなかで、いちばんかわいらしい子の話をしながら、「アガートは大好きさ、フレガートが」をする。

       ☆
元の意味が忘却の彼方に追いやられてから、随分と経ってしまいましたが、
今月の「二人の読書会」のテクストは、ジャン・コクトー『恐るべき子供たち』
こちらは、もしかすると学生時代以来の読み直しやもしれませんが、主要登場人物の
一人がアガートです。“アガート”には「縞模様」の意味があります。
       ☆
 エリザベートは弟が少しは抵抗するだろうと予想していたので、あらかじめ、「ビー玉みたいな名前の女の子なの」と説明しておいた。ポールは、「それは有名な名前だ。この世で一番美しい詩のひとつのなかで、快速船(フレガート)と韻を踏んでいるんだよ」と答えた。
       ☆
ようやく、解答に近付いてきたようです。「この世で一番美しい詩」とは、
ボードレール『悪の華』の中の一篇「悲しくてさまよいの」を指していたのです。
中学生のぼくが愛唱した角川書店「カラー版 世界の詩集」ソノシート付き
『ボードレール詩集』村上菊一郎・訳)だと、「悲しそうな放浪性の」でしたが。
       ☆
 言ってごらん アガートよ おまえの心は時おり飛んで行くのか
 けがれた都会のどす黒い大洋を遠く離れて
 処女性のように青く深く澄んでいる
 きらきらと光り輝く本当の大洋のほうへ
 言ってごらん アガートよ おまえの心は時おり飛んで行くのか?

  (中略)
 客車よ わたしを連れ去ってくれ! 快速帆船(フレガート)よ さらってくれ!
 遠くへ! 遠くへ! この都会ではわれらの涙で泥濘ができる!
 ――アガートの悲しい心が 時おりこう言うのは
 本当だろうか? 「悔恨 罪悪 苦悩から遠く離れて
 客車よ わたしを連れ去ってくれ! 快速帆船
(フレガート)よ さらってくれ」


参考文献:高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』(講談社文芸文庫)
       コクトー『恐るべき子供たち』(光文社古典新訳文庫)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

Leonard Foujita

久しぶりに、大阪市浪速区の「ホテルモントレ グラスミア大阪」を訪れました。
山王美術館」で開催中の没後50年藤田嗣治」展の鑑賞です。
藤田嗣治(1886~1968)の同館コレクション28点が展示されていました。
初期の風景画、水彩画などを観て、まだ芸風が定まらない模索の時期の
心境を慮ってみたり、金箔の背景や、磁器を思わせる乳白色の裸婦像に
東洋趣味の執拗なアピールを汲み取ったり、いろいろと考えさせられました。
優劣ではなく、好悪の情で言うと、藤田よりも青児美人の方が落ち着きます
けれども。藤田の描く女子供は、膨らんだ腹部や額、生白い肌、目と目の間の
距離などが、両生類やクトゥルフなどを思わせ、後味が宜しくないのですね。
危ない、危ないとわかっていつつも、ついつい関係を持ってしまう感じでしょうか。
「猫とねずみ」(1924)と「ヴィーナス」(1951)のポスト・カードを購入してしまいました。
日本画展示室の(あっさりした)堂本印象、陶磁器展示室の平櫛田中も愉快でした。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

梅田スカイビル

2018_06_28_梅田スカイビル 今年7月2日をもって、「梅田スカイビル
 空中庭園展望台開業25周年を迎えた
 そうです(画像は、大阪ステーションシティ
 「ノースゲートビルディング」から、6月28日
 撮影分)……逆算すると、平成25年(1993)
 3月に完成。出来た当初、高い場所好きの
 ぼくは、よく上りに行きましたけどねえ。
 もう、25年ですか。地上40階(地下2階)、
 高さが約173m。設計は原広司(1936~)。
以前、通勤でよく利用していた「京都駅ビル」も彼の作品でした。いずれも2棟の
ビルを空中の連絡通路が結ぶ様が、“”を想起させて、何とも心が躍ります。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

ル・コルビュジエと橋

ル・コルビュジエ(1887~1965)によれば、世界で最も美しい橋は
米国・ハドソン河に架けられた「ジョージ・ワシントン橋」だそうです。
合理性を旨とするモダニズム建築の提唱者らしい見解だと思います。
ワシントン・ブリッジを生で見た訳ではないので、本当に世界で最も
美しいかどうかは知りませんが、大阪八百八橋の住民としては、
橋の上(=橋床)だけでなく、橋の下の部分にも目配りをした時点で、
素直に偉いと思います。大坂の運河、堀川も水運のために造られ、
その発達とともに、多くの“町橋”が架けられた歴史を辿れば、橋は
渡るためだけでなく、潜るためにも在ることを意識せざるを得ません。
       ☆
 アメリカの橋は吊り橋である。それは謎々の答のようだ。すなわち、橋は何のためにあるのか? 水平の橋床の上を交通するため、また下を船の通り路として開けるためである。どこでもこの原理が守られている。モニュメンタルなアーチは? ここではそれが問題ではない、橋が問題なのだ。
 技術が援け、大胆さが美徳となって、ある幸運な瞬間に建築的輝きが獲得される。
 ハドソン河に架けられたジョージ・ワシントン橋
(1931年完成)は、世界で最も美しい橋である。鋼索と鋼材よりなるそれは祝福された逆アーチをなして空に光っている。ここにこそ、混乱した都市における唯一の美の座がある。それはアルミニウムを塗られ、空と水との間に、二門の鋼鉄の柱塔とそれに架けられた鋼索が見えるだけだ。この二門の柱塔は、自動車が橋の斜路を走るとき高く聳え、早くから目に入る。その構造は純粋で堅固で節度を保ち、ここにおいて遂に鋼鉄の建築の笑いが見られる。

参考文献:ル・コルビュジエ『伽藍が白かったとき』(岩波文庫)

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

★ 2018年6月に読んだ本 ★

『トーキングヘッズ叢書(TH Series)No.74』(アトリエサード)
 ……特集内容は「罪深きイノセント」。
中勘太『銀の匙』(新潮文庫)……6月の「二人の読書会」のテクスト。
越後島研一『ル・コルビュジエを見る』(中公新書)
ル・コルビュジエ『伽藍が白かったとき』(岩波文庫)
『角川 短歌 5月号 2018』(角川文化振興財団)
北大路魯山人『春夏秋冬 料理王国』(中公文庫)
『歴史群像4月号別冊[CARTA]2012年陽春号』(学研パブリッシング)
 ……監修は矢島新。仏像制作については他の書籍等で見知っていましたが、
 日本画、浮世絵版画の実際の制作に関する解説が役立ちます。
澁澤龍彦 他『若冲』(河出文庫)
越後島研一『現代建築の冒険』(中公新書)
安藤忠雄『ル・コルビュジエの勇気ある住宅』(新潮社)
コクトー『恐るべき子供たち』(岩波文庫)……マイ・クラシック。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

夏越蕎麦

2018_06_30_夏越し蕎麦 “夏越豆腐”(加えて“晦日豆腐”)のことは、昔から
 しつこく記事に取り上げていましたねえ。6月30日(土)、
 「露天神社」の境内を通って事業所へ向かっていると、
 「夏越しそば」の文字が足を止めました。考えれば、
 年越し蕎麦があるのだから、夏越蕎麦もあるでしょう。
 元々、夏蕎麦秋蕎麦といった区分がある訳で、
 「夏越蕎麦」との呼び方も親和性が高いと思われます。
 大阪市北区西天満の創業・昭和24年、「大阪そば処
 衣笠本店
」が、鹿児島県志布志市の夏蕎麦を限定
 200食で振る舞っていたようです。蕎麦の使用品種は
 「春のいぶき」。夏蕎麦のシーズン終了前に、お店を
 訪ねたいものです。お蕎麦屋さんも頑張っています。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 年中行事 蕎麦

WINCHESTER

6月29日(金)も「大阪ステーションシティシネマ」で映画鑑賞。
この日は The Spierig Brothers(マイケル・スピエリッグ、
ピーター・スピエリッグ)監督の『WINCHESTER』でした。
邦題が 『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』
……駄目じゃないか?という感覚が、既ににじみ出ているような。
タイトルで明らかなように、“家モノ”直球のホラーでして、
ライフル銃で知られるウィンチェスター家にまつわる実話ネタ。
最初に断っておくと、モダン・ホラーではないですから。
理不尽さの一欠けらも無い、折り目正しい、典雅なホラー映画。
全ての怪異には意味、恨み祟られる因縁がきちんと存在し、
最後には謎も筋道立てて明かされるので、清々しいくらいです。
最高に素敵なのが、「1日24時間365日間、屋敷を増築し
続けないと……死ぬ
」という設定で、いや、こんな建築家冥利に
尽きる施主はいないだろう!と。ホラー映画という頭は、すっかり
抜け落ちていて、単なる近代建築好きの目線で眺めていたのですが、
う~む。せっかくの面白物件なのに、見せ方が単調で、欲求不満。
まぁ、米国カリフォルニア州サンノゼに実在する「ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
」が観光名所と化しているような状態では、
建物の全景を見せるといった訳にもいかないのでしょうけれども。
家が単なる家でしかなく、概念的な書き割りとしてしか機能せず、
生々しい空間を孕むものとして描かれていなかったのが、非常に残念。
幽霊が出ようがどうしようが、通常の人間ドラマに堕してしまったようで、
わざわざ、ホラー映画にしなくても……良く出来てはいるんですけどねぇ。
久方ぶりに、エドガー・アラン・ポーの普請小説(?)を読み返したくなりました。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画 建築 小説

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示