オペラ・ドメーヌ高麗橋

2017_08_15_オペラ・ドメーヌ高麗橋 大阪市中央区の「芝川ビル」での約束を前に、
 周辺を散策すると、近代の名建築にあちこちで
 再会できます。ちょっと近所まで来たついでに
 挨拶をするような感覚で、その日(8月15日)は
 「武田道修町ビル」、「伏見ビル」「青山ビル」
 を経て、「オペラ・ドメーヌ高麗橋」にも足を
 運びました。赤煉瓦に御影石の白いストライプ
 ……「辰野式」! 設計は辰野金吾片岡安
 の辰野片岡事務所で、1912年の竣工。現在は
 結婚式会場として利用されているようです。
この「オペラ・ドメーヌ高麗橋」や「日本基督教団 浪花教会」の面する“三休橋筋”を
北上すると栴檀木橋に辿り着き、中之島へ渡れば、「大阪市中央公会堂」ですよ。

参考文献:『大阪名所図解』(140B)
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

丹波のミルク氷

2017_08_15__和カフェ「すいーとぷれーと」 大阪市・梅田の地下街「ホワイティうめだ」を歩く中、
 ずっと気になっていた和カフェ「すいーとぷれーと」に
 入店。どうやら「英國屋」の系列店のようではあります。
 “丹波の牛乳をつかった ふわふわ食感のミルク氷
 とやらを賞味させていただこうではありませんか。
 しかし、時期が悪かった? お盆で行き来するらしき
 地方客の騒々しいこと。さらには、全席喫煙可で、
 妙に煙ったいし。店員さんは、メニューを置いたきり、
 注文を訊きに来ない……面白いので、知らないふりで
 様子を窺っていると、30分以上経過しても放置され。
 「いい加減にしなさい」と相方に叱られたので、観念して
 声を掛けましたけれども。しかし、ぼくのオーダーした
 「黒糖きなこ」は通っておらず、「いちごミルク」が2皿
届きましたとさ。ミルク氷自体は、本当にふわふわと軽い食感で、楽しくなります。
いちごミルク単品で850円、珈琲などドリンクとのセットで1,050円でした。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : おやつ 大豆

ラグナグ(今年2回目)

8月15日(火)、大阪市中央区「芝川ビル」へ。2017_08_15_芝川ビル
屋上で開催されるビア・ガーデンで、18時からの
席を予約していたのでした。天気の方が怪しく、
モダン・テラス(屋外)での開催は取りやめ。
室内での飲食とはなりましたが、冷房が効き、
曇り空の下、生ぬるい風に触れるよりはまし。
その部屋は、2014年11月15日に開かれた
船場アカデミー~現代版・芝蘭社家政
学園~
」の会場でもあったなあ……などと
思い出し……浅田美明(五感代表取締役)と
別所俊顕(少名彦神社宮司)の講演を聴いたものです。
この日も相変わらず美味しいフレンチ・ベトナム料理に舌鼓を打ちつつ、
呑む方は黒ビールとネプモイ(NEP MOI)各1杯に留め、
後はパイナップル・ジュースを味わっていました。やれば、出来ます。
前回の失敗からまだ1か月経っていなかったので、殊勝な振る舞い。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 近代建築 呑む

武田道修町ビル

2017_08_15_武田科学振興財団_杏雨書屋 昔から目にしていたはずなのに、実のところ、
 ちゃんと見えていなかったものはたくさん在る。
 “くすりの町”と知られる大阪市・道修町
 (どしょうまち)
に建っている「旧武田長兵衛商店
 本店
」=「旧武田薬品工業本社ビル」=
 「武田道修町ビル」は、何くれとなく、目に
 留めては、足を止め、画像も撮っていたはず
 なのですけれども、2013年10月、「杏雨書屋
 常設展示室が開館していたことは、把握できて
 いなかったです。2013年9月、公益財団法人
武田科学振興財団が財団設立50周年を機に、大阪市・十三から道修町ビルに
移転したのと併せて開館した模様。本草医書を中心とする図書資料館らしく、
杏雨」は杏林(=医学)を潤す雨の意。そのうちに、展示室も訪れてみたいものです。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

Unity

蒸し暑い夏の日にこそ、どファンクで。
ファンクの帝王、James Brown(1933~2006)
と、「ヒップホップ」の創始者の一人、
Afrika Bambaataa(1957~)が、がっぷり
四つに組んだ1984年の名曲が「Unity」です。
ディスコ全盛期、低迷に陥った観のあるJBが、
ヒップホップ世代の再評価を後押しにして
復活の狼煙を上げた時代でした……近年、
アフリカ・バンバータは過去の性的虐待が取り沙汰されていますが、人生いろいろ。
強気でやり切っていくしかないでしょ。JBレベルのぶっとい自信が欲しいですわ。
 Peace, unity, love, and havin' fun ♪

テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音

Fat Man

1945年8月6日、広島市に投下された原子爆弾「ガンバレル型
ウラニウム活性実弾 L11
」のコードネームが「リトルボーイLittle Boy)」、
8月9日に長崎市へ投下された原爆「インプロージョン方式プルトニウム
活性実弾 F31
」が「ファットマンFat Man)」となります。
「ファットマン」の名称の由来については、映画『マルタの鷹』のキャラクター、
Kasper Gutman から採られたという説が強力。原作はダシール・ハメット。
長崎に落とされたファットマンの模擬爆弾として知られるのが、「パンプキン
Pumpkin bomb)」……ファットマンが従来に無い、特殊な形状をしているため、
爆撃機(B-29)から投下され、爆発するまでの弾道特性、慣性能率など、
様々な事前データの採取が必要だったようです。この模擬原爆「パンプキン」は
1945年7月26日、大阪市東住吉区田辺本町にも投下されているのでありました。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説

ピースおおさか

2017_08_08_「ピースおおさか」 平成3年(1991)9月に開館した「大阪国際
 平和センター
」の愛称が「ピースおおさか」。
 戦争と平和に関する資料の展示を専門に行う
 施設ですが、下手なお化け屋敷より怖過ぎる
 スポットとして昔から有名でした。大阪城公園の
 南隅で息を潜める甲殻獣といった概観を持ち、
 設計は、公開建築設計コンペを勝ち抜いた
 「シーラカンス」です。以前は、虚偽展示が
 放置されたままであったり、きな臭い側面も
 目立ちましたが、現在は大阪空襲をメインに
据えて、随分とこざっぱりとした印象です。2015年4月のリニューアル前に訪れた
ぼくの記憶(2007年9月1日)の中では、もっと、おどろおどろしい場所でしたよ。
大阪に落とされた1t 爆弾、焼夷弾の模型などの存在感は健在ですけれども。
昭和19年(1944)12月から終戦前日の8月14日まで、大阪は50回以上の空襲に
見舞われました。100機以上の爆撃機による襲来が「大空襲」と呼ばれており、
大阪大空襲”は計8回を数えます。現在、ピースおおさかでは、特別展
体験者が見た大阪空襲―空襲体験画が語るもの―」も開催中ですが、
体験者が表現したい意図を明後日に超えるが如く、生々しく描かれた体験画は、
シュールであったり、メルヘンチックであったり、異様にコミカルであったり……
なまじっか、素人芸であるが故、“戦争”なるものの訳のわからなさに呆然とさせられ。
不謹慎と謗られるのを承知で言えば、月並みな“悲惨さ”の彼方にぶん投げられます。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築 美術

PEASE CRACKER

2017_06_27_椿昇「PEASE CRACKER」 「兵庫県立美術館」から「王子動物園」に至る
 南北のルートには、芸術・文化施設が集積している
 ことから「ミュージアムロード」と呼ばれています。
 提唱したのは同館館長の蓑豊氏。実に、同氏は
 「大阪市立美術館」名誉館長も務めているのでした。
 さて、ミュージアムロードのシンボルとも言える
 オブジェは、兵庫県立美術館の近くに設置された
 椿昇の「PEASE CRACKER」(高さ4m、長さ8m)。
 毒々しい赤色の触手らしき物が、グリーンピース(or
 さやえんどう)を絡め取ろうとしているような 禍々しい
 デザインで、鋭く尖った爪先が貫通しているのも
 見て取れます。グリーンピース(pea)の複数形で
 「pease」ではありますが、おそらく「peace(平和)」
と引っ掛けているはず。「胡桃割り(nutcraker)」ならぬ“平和破砕器”に要注意。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

文楽セット

国立文楽劇場」(大阪市中央区日本橋1-12-10)で文楽を観る際、
劇場内にレストラン「文楽茶寮」もございますが、周辺に手頃な飲食店を
探してみても、なかなか……元来、芝居小屋と色街は切っても離せない関係
ながら、現代の文楽劇場界隈もちょっと足を延ばせば、ホテル街の只中
というのも、やれんなぁと嘆き。隠れた優良店も在るには在りそうですが、
文楽鑑賞を前に、さっくり、軽く食べればよいので、目につくところとしたらば、
カルビ丼の「えびす亭」か、「たこ焼きえびす」ということになりますねえ。
たまたまの“えびす”つながりでなく、系列店なのでしょうか? 
たこ焼きなので、気張って、特にどうということもないのですが、
この日本橋店では、文楽劇場のチケットの提示で、“文楽セット”を注文可能。
たこ焼き5個と生ビール(中)で1コイン(500円)。うれしいではございませんか。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

夏休み文楽

夏祭浪花鑑 今年の「夏休み文楽特別公演」は8月8日(火)まで。
 聴きに行けるかなあ、と危ぶまれていましたが、
 幸いにも当日券を入手することが出来ました。
 第3部(サマー レイトショー)は18時30分からの開演で、
 「夏祭浪花鑑(なにわかがみ)」の住吉鳥居前の段、
 釣船三婦の段、長町裏の段をじっくりと鑑賞。
 団七(黒兵衛)、一寸徳兵衛、釣船三婦(さぶ)ら侠客、
 徳兵衛の女房・お辰(=画像)らの掛け合いが爽快。
 住吉大社前に始まり、「高津宮」夏祭の宵宮で、
 盛夏の熱狂のピークの中、繰り広げられる惨劇! 
 団七の義父・三河屋義平次(by 竹本津駒太夫)の
 ねちっこさには痺れました。団七でなくとも、斬ります。
 斬って、斬って、切り刻んでしまいますわ(哄笑)。
ところで、カーニバルの熱気とその裏側で遂行されるスプラッター劇となれば……
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『サンタ・サングレ/聖なる血』(1989)を
思い出さずにはいられません。むしろ、『夏祭浪花鑑』が先行するイメージとして
あったのか?とまで、妄想したくなります。『エル・トポ』後半で見せ付けられた
アクロバティックにして、感嘆措く能わざる 菊池寛『恩讐の彼方に』
換骨奪胎ぶりを照らし合わせれば、長町裏がメキシコシティとオーバーラップ?!

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽 映画 小説

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示