FC2ブログ

★ 2021年4月に読んだ本 ★

近松門左衛門『国性爺合戦・鑓権三重帷子』(岩波文庫)
三浦周行『大阪と堺』(岩波文庫)
『文楽床本集 国立文楽劇場 令和3年4月』(独立行政法人日本芸術文化振興会)
ジェームズ・M・ケイン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(新潮文庫)……4月の「二人の
 読書会」のテクスト。田口俊樹の新訳。映画化7回、邦訳6回と帯に書かれています
 が、ぼくが最初に読んだのは小学生か、中学生時代で、田中小実昌・訳の講談社
 文庫。ハヤカワ・ミステリ文庫の小鷹信光・訳も読んでいます。マイ・クラシック。
ジェームズ・M・ケイン『カクテル・ウェイトレス』(新潮文庫)……作者の“幻の遺作”。
森村泰昌『自画像のゆくえ』(光文社新書)……これまでの森村先生の著書の中では、
 最も読み応え有り。自分語りなんですけど、自分の仕事の総括も兼ねているような。
『第162回=文楽公演 令和3年4月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)……巻末の文楽技芸員の紹介ページに、
 「文楽研修修了発表会」で聴いた足立晋也(=豊竹薫太夫)、澤井友孝(竹本
 聖太夫
)が登場。新技芸員の誕生ですが、薫太夫の入門先は豊竹呂太夫。
芥川龍之介『河童』(集英社文庫)……5月の「二人の読書会」テクスト。所収は
 「桃太郎」、「雛」、「点鬼簿」、「蜃気楼」、「河童」、「歯車」、「或阿呆の一生」、
 「或旧友へ送る手記」。「蜃気楼」はつい最近も読んだが……と思っていたらば、
 建築文学でしたか。「河童」と「歯車」は身に染み付いています。暗くはないよね。
三宅周太郎『文楽の研究』(岩波文庫)
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2021年3月に読んだ本 ★

半藤一利『歴史探偵 忘れ残りの記』(文春新書)
『琵琶湖疏水の歴史散策』(近代京都の礎を観る会)……2018年度改訂版。
 「琵琶湖疏水記念館」で購入。山科疏水のお花見でも活躍してくれました。
『地図で読む京都・岡崎年代史』(京都岡崎魅力づくり推進協議会)
 ……改名前の「京都市立美術館」で購入。ずっと寝かせていたけれど、ようやく
 読む機会が訪れました。岡崎公園は、大阪市における天王寺公園なのだな。
松村博『京の橋ものがたり』(松籟社)
田辺聖子『大阪弁おもしろ草子』(中公文庫)……マイ・クラシック。『大阪弁
 ちゃらんぽらん』に続けて読みましたが、最初に読んだのは学生時代でしたか。
松村博『八百八橋物語』(松籟社)
竹本住大夫『人間、やっぱり情でんなぁ』(文春文庫)……聞き書き・樋渡優子。
 “文楽の鬼”と呼ばれた7代目・竹本住太夫(1924~2018)の最後の言葉。
 ぼくが文楽を聴き始めた時期には、既に現役から引退していたのですけれども。
『新潮古典文学アルバム19 近松門左衛門』(新潮社)……編集・執筆が原道生
 (明治大学)、エッセイが橋本治。5年前の講座で紹介されていた参考文献。
 近松は“情”だけで読み解こうとすると、躓きます。ごつごつとしたロジックが
 近松の真骨頂で、その理詰めの構築を詞章の底から汲み取らなければ。
 何も触れないこと、周辺から語ることで、核心部分を浮かび上がらせる器量。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2021年2月に読んだ本 ★

カミュ/サルトル他『革命か反抗か―カミュ=サルトル論争―』(新潮文庫)
 ……再読。最初に読んだのは、高校生時代。論争は不毛なだけと切なく思う。
開高健『日本三文オペラ』(新潮文庫)
 ……記憶はぼんやりしていたのだけれど、2009年8月11日にも読んでいた模様。
 再読になります。ネタとして面白がるだけで、感銘を受けた訳ではないのかな。
 最初から既視感しかない世界観の展開。2月の「二人の読書会」のテクスト。
半藤一利『歴史と戦争』(幻冬舎新書)……半藤一利は、夏目漱石が義祖父に
 当たるということだけで記憶していたのですが、「文藝春秋」出身のジャーナリスト。
 坂口安吾から探偵趣味を学んだか。昭和5年(1930)生まれで、今年1月12日没。
編・解説 半藤一利『なぜ必敗の戦争を始めたのか』(文春新書)
 ……副題に「陸軍エリート将校反省会議」。旧陸軍軍人から成る「偕行社」の月刊
 機関誌「偕行」に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」を一冊にまとめた物。
監修・小和田哲男『大人が知らない最新日本史の教科書』(宝島社)
カミュ『転落・追放と王国』(新潮文庫)
 ……「転落」はドストエフスキーの『地下生活者の手記』の影響が色濃いですね。
 「追放と王国」は、「不貞」、「背教者」、「啞者」、「客」、「ヨナ」、「生い出ずる石」の
 6編から成ります。教科書的には、「客」の完成度が推奨されるでしょう。芸術家
 小説として「ヨナ」も良し。ぼくの趣味的には、「背教者」が一推しですけれども。
辻良樹『関西鉄道考古学探見』(JTBパブリッシング)
田辺聖子『大阪弁ちゃらんぽらん』(中公文庫)……3月の「二人の読書会」テクスト。
原武史『「民都」大阪対「帝都」東京』(講談社学術文庫)……副題に「思想としての
 関西私鉄」とありまして、ややこしい関西私鉄の歴史も概観できるので、非常に
 助かります。抽象的な思想・哲学に偏することなく、“物件”にもこだわっていこう。
『端模様夢路門松 木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」パンフレット』(ロームシアター京都)
『人形浄瑠璃文楽 床本集』(ロームシアター京都)……上記の演目を所収。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2021年1月に読んだ本 ★

カミュ『ペスト』(新潮文庫)……「二人の読書会」に併せて、精読しています。
 同人小説家ならば、必ず愛おしくなるであろう小役人ゲランが良いですねえ。
 私生活において“小説”を書こうと長年企図しながら、冒頭の一文をいつまでも
 推敲し続けるというカフカ的なキャラ。医師リウーと青年タルーの友情が読み所。
『第161回=文楽公演 令和3年1月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
カミュ『異邦人』(新潮文庫)……マイ・クラシック。中高生時代から読んでいますが、
 不思議と読後感は変わらないのよね(良い意味で)。常に孤独ということかな。
『文楽床本集 国立文楽劇場 令和3年1月』(独立行政法人日本芸術文化振興会)
歴史ミステリー研究会編『終戦直後の日本』(彩図社)
『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 完全ガイドブック』(朝日新聞出版)
『新装版 大大阪モダン建築』(青幻社)……橋爪紳也・監修、高岡伸一、三木学の
 編著。あちらこちらと摘まみ読みしていましたが、ようやく通読。枕元に置いてあり、
 大阪市内を散策する折、ぱらぱらと捲って、物件の見落としがないか、気に懸けて
 ……酒井一光氏(2018年に49歳で病没)の文章をもっと読みたかったものです。
『第29期文楽研修修了発表会』(独立行政法人日本芸術文化振興会)
 ……国立文楽劇場企画制作課養成係の編集。研修生に対する愛情を感じました。
カミュ『シーシュポスの神話』(新潮文庫)……マイ・クラシック。評論集かなぁ。
 「不条理な論証」、「不条理な人間」、「不条理な創造」、「シーシュポスの神話」、
 「《付録》フランツ・カフカの作品における希望と不条理」を収録。カミュの自著の
 解説として読む分には役立ち、ドストエフスキーやカフカへの偏愛も目立ちます。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2020年12月に読んだ本 ★

平田耿二『消された政治家 菅原道真』(文春新書)
稲見一良『セント・メリーのリボン』(光文社文庫)……マイ・クラシック。新装版。
 12月の「二人の読書会」テクスト。「焚火」、「花見川の要塞」、「麦畑のミッション」、
 「終着駅」、「セント・メリーのリボン」の5編を所収。ただ、カバーは旧版の方が好み。
稲見一良『猟犬探偵』(新潮社)……マイ・クラシック。
『奈良大和路寺寺の昔ばなし』(志津香)……再読。「大阪市立美術館」にて購入。
 しかし、十年ほど前に「浄瑠璃寺」辺りで購入して既読だったことをすっかり忘却。
『一生に一度は行きたい日本の古寺100選』(宝島社)
梅原猛『中世小説集』(新潮文庫)
植田弦『幻想文画句巻ノ五』(サクラ伎)……どこかの「文学フリマ」で入手したきり、
 放置されていた冊子をまとめて一読。秋口からの部屋の整理は、まだ終わらず。
鴉彦『寺遊ノート』(からす文庫)……同上。
鴉彦『寺遊帳』(からす文庫)……同上。
阿素湖素子『ジュレジュレ ラダック』(阿素湖素子)……同上。広い意味で仏像関連。
『大阪歴史トラベル』(JTBパブリッシング)……古地図の視点が導入されていて、○。
子母澤寛『味覚極楽』(中公文庫)
『100分 de 名著 2018年6月 アルベール・カミュ ペスト』(NHK出版)
 ……翌1月の「二人の読書会」テクスト。中条省平(学習院大学教授)のプレゼン。
『国宝文殊菩薩』(安倍文殊院)……日本三文殊第一霊場となります。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2020年11月に読んだ本 ★

小田島雄志『シェイクスピア物語』(岩波ジュニア新書)
 ……11月の「二人の読書会」テクスト。シェイクスピアも全部読み返してよい時期。
原田マハ『いちまいの絵』(集英社新書)
和辻哲郎『古寺巡礼』(岩波文庫)……マイ・クラシック。十代に読んでいたことを感謝。
『第160回=文楽公演 令和2年10・11月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
『文楽床本集 国立文楽劇場 令和2年10・11月』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
いとうせいこう・みうらじゅん『見仏記』(角川文庫)
 ……マイ・クラシック。和辻を先に読んでいてよかった、としみじみ実感。影響力が
 大き過ぎるのです。それも、いとうせいこうではなく、みうらじゅん。ざっくりと見て、
 和辻を頂点とする第1次ブームがあり、みうらに始まる第2次ブーム(~現在)が
 あると言っても、過言ではないくらい。“ブーム”と言いつつ、息が長いのは仏像故。
いとうせいこう・みうらじゅん『見仏記2 仏友篇』(角川文庫)
 ……再読。ここまでは昔、単行本で愛読。海外篇辺りから距離を置き始めような。
いとうせいこう・みうらじゅん『見仏記3 海外篇』(角川文庫)
いとうせいこう・みうらじゅん『見仏記4 親孝行篇』(角川文庫)
『関西の仏さま』(京阪神エルマガジン社)……美麗画像が満載の優良ガイド本。
ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』(白水社)……マイ・クラシック。NTR属性も
 盛り込まれていたか。野田秀樹版の芝居では、芝居内芝居を演じる割烹料理
 「ハナキン」出入業者の1人として、豆腐屋(山中崇)も設定されていました。
関裕二『聖徳太子は蘇我入鹿である』(KKベストセラーズ)
関裕二『物部氏の正体』(新潮文庫)
山田雄司『怨霊とは何か』(中公新書)……三大怨霊=菅原道真・平将門・崇徳院。
博学面白倶楽部『時間を忘れるほど面白い日本地理の謎』(三笠書房)
貴田正子『香薬師像の右手』(講談社)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2020年10月に読んだ本 ★

高階秀爾『近代絵画史(上)増補版』(中公新書)
原田マハ『ジヴェルニーの食卓』(集英社文庫)
 ……再読。10月の「二人の読書会」テクスト。セザンヌの取り扱い方が絶妙ですよ。
伊藤武『秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ』(講談社+α文庫)
高階秀爾『近代絵画史(下)増補版』(中公新書)
吉田健一『汽車旅の酒』(中公文庫)……短編「東北本線」、「道端」を収録。
小泉武夫『酒の話』(講談社現代新書)
岡田温司『デスマスク』(岩波新書)
『NHK趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界』(NHK出版)
『金閣寺』(金閣寺)……京都定期観光バスの“京都三大名所”コースにて入手。
赤瀬川原平・藤森照信・南伸坊編『路上観察学入門』(ちくま文庫)
 ……マイ・クラシック。学生~「サンケイ新聞」時代に、単行本で耽読しました。
 ぼくの外界(=街)に向ける眼差しの根っこを形成し、芯に染み付いています。
 思えば、あの頃に藤森照信の名を覚え、後の建築好きの基盤となった模様。
『角川 短歌 7月号 2020』(角川文化振興財団)
『清水寺』(清水寺)……同じくバス・ツアーにて入手。落ち着いて、観て回りたいもの。
関裕二『藤原氏の正体』(新潮文庫)
関裕二『蘇我氏の正体』(新潮文庫)……ぼくの疑問の出発点は、奈良公園の鹿
 「鹿を追う(2)」で紹介した説とは別の結論。手掛かりとなるはずの史料が、
 『日本書紀』を含め、どれも“アクロイド殺し”のような物だから、始末に負えません。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2020年9月に読んだ本 ★

『究極のカレー 2021 関西版』(ぴあ)
祝田秀全『近代建築で読み解く日本』(祥伝社)
中ザワヒデキ『近代美術史テキスト』(トムズボックス)……「国立国際美術館」で入手。
『スパイスでおいしいカレーレシピ』(宝島社)
 ……NHK番組「趣味どきっ!」に寄せられた声に応えたムック本。水野仁輔が監修。
トーベ・ヤンソン『たのしいムーミン一家 FINN FAMILY MOOMINTROLL』
 (講談社英語文庫)……シリーズ3作目(1948)ですが、英語で出版された作品
 (1950)としては1作目。小説9作は一通り読了しました。ムーミンパパが最高です。
青山通『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』(新潮文庫)
倉谷滋『怪獣生物学入門』(集英社インターナショナル)
関裕二『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪』(新潮文庫)……買って、カバーを
 掛けたまま積んでいたものだから、いつの間にか、2冊に増えていましたよ。
平野純『怖い仏教』(小学館新書)
木村泰司『教養としてのロンドン・ナショナル・ギャラリー』(宝島社新書)
 ……「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に合わせての出版でしたが、コロナ
 禍
により、展覧会自体の開催が延期されています。読む時間が取れましたけど。
原田マハ『ジヴェルニーの食卓』(集英社文庫)……10月の「二人の読書会」テクスト。
 「うつくしい墓」、「エトワール」、「タンギー爺さん」、「ジヴェルニーの食卓」を所収。
原田マハ『たゆたえども沈まず』(幻冬舎文庫)……ゴッホと弟・テオの姿を描いて
 いるのですが、画商・林忠正と助手・加納重吉(フィクション)の設定が絶妙。
 重吉というもう一方の軸を置くことで、ゴッホ/テオの人口に膾炙した物語が、
 西洋/東洋、芸術/生活という類型的な二元論もろとも、シャッフルされて、
 洗い出されることになります。タイトルは、例のセーヌ川の船乗り達の標語
原田マハ『楽園のカンヴァス』(新潮文庫)……アンリ・ルソーが描いたという
 作品「夢をみた」(作中設定)の真贋判定をめぐる物語。ピカソも絡んでくるよ。
小林英樹『完全版 ゴッホの遺言』(中公文庫)……日本推理作家協会賞受賞作。
 狭義の推理小説ではなく、美術批評かな。それこそ、ゴッホの「スケッチ」の
 真贋判定をねちっこく行っており、説得力は十二分。絵の見方を学べました。
原田マハ『デトロイト美術館の奇跡』(新潮文庫)……2016年の秋に出掛けた
 「デトロイト美術館展」を思い出します。現在は、展覧会もなかなか……ねえ。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2020年8月に読んだ本 ★

とにもかくにも、嵐は去った(はず)にせよ、
8月は本が読めなかったよ……酷い月でした。
       ☆
ヤンソン『ムーミン谷の十一月』(講談社文庫)
ヤンソン『小さなトロールと大きな洪水』(講談社文庫)……1945年に出版され、
 1991年まで再版されなかったムーミン物語の第1作。順番に読む必要は無いか。
トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の彗星 COMMET IN MOOMINLAND』
 (講談社英語文庫)……ムーミン物語の第2作にして、事実上は第1作の扱い。
高橋源一郎『「読む」って、どんなこと?』(NHK出版)
 ……「学びのきほん」シリーズの一冊なのだけれど、高橋源一郎先生も枯れたなあ。
 8月の「二人の読書会」のテクストでしたが、基本に立ち返るという意味合い。
赤松利一『藻屑蟹』(徳間文庫)……9月の「二人の読書会」テクスト。第1回大藪春彦
 新人賞受賞作ですが、1章が該当します。2~4章が加筆部分。延びた部分で、
 粗が目立つのは残念ながらも、そもそも、新人賞は完成度より、期待値だから。
『ラジオ深夜便 2020年9月号(通巻242号)』(NHKサービスセンター)
藤森照信+大和ハウス工業総合技術研究所『近代建築そもそも講義』(新潮新書)
 ……脳髄がズキズキするような刺激的なネタがちらほら。時機を見て紹介します。
多田将『宇宙のはじまり』(イースト・プレス)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

★ 2020年7月に読んだ本 ★

小川裕夫『鉄道「裏歴史」読本』(イースト・プレス)
高階秀爾『バロックの光と闇』(講談社学術文庫)
『角川 短歌 6月号 2020』(角川文化振興財団)
トーベ・ヤンソン『ムーミンパパの思い出』(講談社文庫)……「ムーミン展」にて、他の
 4冊と併せて入手(残り4冊はネット通販)。ムーミンパパの無頼ぶりが最高です。
 『思い出』と『海へいく』、『仲間たち』所収の短編「ニョロニョロのひみつ」で満腹。
 『天才バカボン』でのバカボンのママ同様、ムーミンママがかろうじてコントロール。
 パパはローリング・ストーン、自由を求めて、目を離すとふらふら放浪するのです。
トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の夏まつり』(講談社文庫)……演劇好きは愉しめます。
トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の仲間たち』(講談社文庫)……9編から成る短編集。
ポール・ゴーガン『ノア・ノア』(岩波文庫)
笠井潔『国家民営化論』(光文社)……1995年刊。『テロルの現象学』は当時に読んで
 面白かったのですけれど、時事評論的な要素が強い本書は、歳月を隔てるとつらい。
トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の冬』(講談社文庫)
トーベ・ヤンソン『ムーミンパパ海へいく』(講談社文庫)……原題が『パパと海』
 パパ=ヘミングウェイと連想し、『老人と海』? これは男性的なるもの、ファリックで
 マッチョな思想に対する作者のやんわりとした異議申し立てではないか?と深読み。
『六波羅蜜寺』(六波羅蜜寺)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに、考える人のふりをする。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN