溝口雨月

先月の読書会のテクストが『雨月物語』(石川淳の新釈)
だったことから、原作本を丹念に精読し直すとともに、
溝口健二・監督の『雨月物語』(1953)も、このところ
3回ほど続けて鑑賞していましたよ。ええ、名作ですとも。
第13回「ヴェネツィア国際映画祭」の銀獅子賞受賞作品。
映像における陰翳礼讃……見事です。ぼく自身、
モノクロ映画を偏愛していますし、欧米人のジャポニスム
嗜好をそそってやまないだろうなあ、とも容易に想像。
だけど、上田秋成の原作小説とは全くの別物。
「浅茅が宿」「蛇性の婬」の2編から着想を得ている
とはいえ、川口松太郎らの脚色によって、“自然”に対する
先鋭的な意識の在り方が骨抜きにされ、まかり間違えば、
単なる常民賛歌に終わりかねないストーリー・テリングに
大いに不満を感じています。功名富貴をいたずらに求めず、
日々の営みを全うせよ!という教訓話に堕しかねないのが、
何ともやれんなあ、と。「浅茅が宿」主人公・勝四郎の“物にかかはらぬ性(さが)”、
「蛇性の婬」豊雄の“都風(みやび)幻想”などを持ち合わせぬ故、映画の主人公・
源十郎(=森雅之)が彼岸の世界へ跳ぶことは決してないだろう、と最初から
見くびった上で、勝四郎の妻と同名であれ、源十郎の妻・宮木(=田中絹代)は
結局のところ夫を赦すだろうし、源十郎に対して誘惑する若狭(=京マチ子)も、
豊雄に懸想する真女児(まなご)ほどには執着しないだろう、と安心しているのです。
勝四郎/宮木、豊雄/真女児の間で口を開けた言葉の乖離が映画では見られず、
同一平面状に展開される源十郎・宮木・若狭の会話は、極めて民話的なのでした。
『雨月物語』の凄み、というか えぐみは、言葉にしようがない ぎりぎりのところで、
何とか対話を続けようとする“個”の絶望的な足掻きに在ると思うのですけれども。
――欺くに詞(ことば)なければ、実(じつ)をもて告(つぐ)るなり。

参考文献:青木正次『新版 雨月物語 全訳注』(講談社学術文庫)
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 映画 小説

台風同人

前回、同人の月例合評会を予定していた9月17日(日)。
台風(第18号)の影響で開催を見送ることになりました。
本日も19時から、大阪・中之島公会堂で同人の合評会を開催予定
……でしたが、超大型(らしい)台風第21号の接近により、中止決定。
2回連続で流れてしまい、同人の活動歴でもついぞ無かったような。
年末年始にかけて、同人誌の製作等も打ち合わせを詰めるべき
時期なのですが、予断を許さない状況ですねえ。やれやれ。
台風のせいで、うっかり失念しかけていた衆議院議員総選挙
投票会場にも足を運びました。全く魅力的な選択肢に欠ける、という。
どうして選挙ポスターの候補者たちは、皆、にこやかに笑って、白い歯を
むき出しにするのでしょうか? 明らかに笑顔の似合わない面々には、
罰ゲームでしかないでしょうに。到底、笑える状況でもないと思いますが。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 同人 つぶやき

カフェ「ぷりんす」

その昔、大阪・梅田には「OS劇場」という2017_10_13_カフェ「ぷりんす」
映画館が在りました。元を辿れば、創業者の
小林一三に行き着きますが、株式会社OSが
梅田グランド劇場」を取得し、「OS文化劇場
として直営化したのが、1948年。1956年12月、
同劇場が取り壊され、跡地となる大阪市北区
角田町5-1 に「梅田楽天地ビル」が建設竣工
されました。その2階以上に「ニューOS劇場」が
開館。1991年、「OS劇場」に館名を変更。
(洋画ロードショー劇場「OS映画劇場」の流れにある旧「OS劇場」とは別物なので、注意)
1997年、OS劇場が複合館され、「OS劇場」「OS劇場C・A・P」として開館。
OS劇場C・A・P は2005年、「OS名画座」に館名変更されていますが、
映画産業の衰退と歩調を合わせるように、迷走しているような観もあります。
2007年9月、OS劇場/OS名画座も閉館……
往年の赤絨毯などは望むべくもありませんが、楽天地ビルの2~3階には
現在も映画館「TOHOシネマズ梅田 別館アネックス」が入っていますよ。
ともあれ、在りし日の“映画”というもの自体に対するノスタルジーまでも
かき立ててくれそうな、レトロな喫茶店が楽天地ビルの1階で営業している
カフェ「ぷりんす」なのです。このご時勢に、禁煙席の方が端に追いやられて
しまうのも一興。ハンド・ドリップの珈琲を味わいながら、生チーズと豆乳
ティラミスを頂きます(売り切れてなければ)。見る/見られる関係を意識
させられてしまいがちなオープン・カフェより、断然、落ち着けるのでした。

参考記事:OS株式会社 - 映画館の歩み

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 映画 建築 おやつ 豆乳

「藤乃」の親子丼

2017_10_20_「藤乃」 10月20日(金)、大阪市・福島でランチ。大阪市北区の
 福島は近年、天満に負けず劣らず、食い倒れの街と
 化しつつあって、脅威を覚えます。訪れたのは、蕎麦・
 料理・お酒の「藤乃」です。JR東西線・新福島駅から
 3番出口が至近。「新そば打ち始めました」の貼り紙が
 気分を盛り上げてくれます。ランチ・メニューには、
 河内鴨親子丼とお蕎麦のセット(980円)。親子丼は
 好物ですけれども、鴨肉使いで、ちょっとした変化球。
 なかなか美味しく頂きました。昼時分にしては、時間が
 遅かったためか、三つ葉が乏しく、卵の火の通り具合が
 若干好みから外れていますが、また食べたいなあ、と。
 ミニ蕎麦は「小さなせいろ」と「小さなかけ」から選べて、
ぼくは冷たいお蕎麦にしました。一口啜って、大盛りにすれば……と後悔の念。
最後の蕎麦湯まで愉しませていただきました。実のところ、次の“鍋プログラム”に
利用して、大丈夫なものかと斥候気分で出掛けたのですが、十分に及第点です。
ひとつ気になったのは、お店の規模に比べて、やたらと店員の数が多かったような?

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 蕎麦

朝霧橋 in 大原

京都大原「三千院」は、境内の南北を流れる2017_10_16_朝霧橋
2つの川に挟まれており、北側が「律川」、
南側が「呂川(りょせん)」です。例えば、
キリスト教に賛美歌があるように、仏教にも
仏教音楽としての“声明(しょうみょう)”が
存在します。大原の里は声明の発祥の地
とも呼ばれ、故に声明の別名を「魚山」とも。
慣用句「呂律が回らない」の「呂律」とは、
(雅楽~)声明における音階、言葉の調子を
意味していたのですねえ。律川の上流に「音無の滝」も在る模様。
今回は三千院を一巡するだけで手一杯だったので、
律川に架かっていた「未明橋」を確かめ得た程度ですが、
画像は呂川に沿った参道で目にした「朝霧橋」となります。
宇治川にも「朝霧橋」が架かるように、ありがちなネーミング。 
川幅が狭く、橋の長さより幅の方が数倍長いので、橋と呼ぶには名前負け。
ただ名も無い橋、橋とも呼べない橋と思えば、しっとりと風情を感じないでもなく
……川向こうには、黒檀・紫檀の創作雑貨・小物「こにし」が在りました。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

大原の石仏

2017_10_16_大原の石仏 「三千院」境内で、「往生極楽院」から
 「金色不動堂」などを経て、北の方へと
 歩を進めました。律川を渡ったところで、
 「大原の石仏」と対面できますよ。
 鎌倉時代中期の作で、単弁の蓮華座上に
 結跏趺坐した定印阿弥陀如来像です。
 小野山の中腹に位置する辺り一帯は
 かつて炭の生産販売も行われていた模様。
 そういった土地柄で日常生活を送っていた
念仏行者らの“浄土信仰”の有り様を偲ぶ縁(よすが)となりそう……極楽浄土、か。

参考文献:『京都大原三千院』(三千院)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

元三大師

京都大原「三千院」は山号「魚山」。金森宗和・作庭2017_10_16_角大師・良源
聚碧園(しゅうへきえん)」に面した客殿では、角大師
祀られていました。角大師こと良源は、慈恵(じえ)大師
元三(がんざん)大師とも呼ばれる 比叡山延暦寺の
“中興の祖”ですけれども……そうでした! 三千院は
青蓮院、妙法院と並ぶ天台宗の三門跡寺院のひとつ。
元三大師が祀られていることに、不思議は無くてね。
おみくじ”の創始者、元三大師のおみくじも用意されて
いましたが、妖怪好きのぼくとしては、厄除けのお札に
描かれたユーモラスな角大師の図像に一目惚れです。
天台座主をも務めた良源(912~985)が、自身に一旦
疫病神を宿した上で、追い払うために示現した降魔の姿
らしいですが、高徳の僧が実は“”と表裏一体であるという構造が
青頭巾」などを想起させ、興趣が尽きないところです。

参考文献:青木正次『新版 雨月物語 全訳注』(講談社学術文庫)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築 小説

雨の三千院

2017_10_16_往生極楽院 10月16日(月)、京都大原三千院」を訪問
 しました。生憎の雨模様でしたが、雨霧に煙る
 山里の風情も良いものです。幸いにも、本降り
 と言うほどのこともなくて。JR京都駅からだと、
 「京都バス」17系統の大原行きに乗りまして、
 60分強。大原バス停から三千院までの参道は
 大して苦にもならず。境内の南北を流れる呂川
 (りょせん)律川(りっせん)のうち、呂川に沿って
 上がっていけば、迷うこともなく到着します。

細かい雨が降り続けることもあり、今回は「三千院」のみの拝観にとどめました。
平成14年(2002)、国宝に昇格指定された「往生極楽院」の「阿弥陀三尊仏」が
お目当てですが、単層入り母屋造り・杮葺きの往生極楽院自体も、祀られている
三尊像を収める工夫としての“舟底天井”や描かれた舟底型天井画(復元画が
円融蔵」展示室に有り)など、見所十分です。来迎印を結ぶ阿弥陀如来像
向かって右側の観音菩薩坐像、左側の勢至菩薩坐像は共に、膝を少し開いて、
上半身を前屈(かが)みにした“大和坐り”のポーズ。勢至菩薩坐像の胎内から
発見された墨書によって、久安4年(1148)の造立とみられているようです。
往生極楽院を取り囲むような庭園「有清園」の辺りには、杉村孝氏の制作した
愛らしい“わらべ地蔵”があちこちに点在していますが……三千院の話は続きます

参考文献:『京都大原三千院』(三千院)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像 建築

京すいしん

10月15日(日)夕刻、京都入りしていたところ、2017_10_15_京すいしん
「JR京都伊勢丹」11Fのレストラン街のお店が
どこも行列が出来ているのに、嫌気が差して、
JR京都駅から歩いてすぐの「京すいしん」に
飛び込んだのでした。グループ名「酔心」で
覚えていましたが、店舗名は「京すいしん」。
その昔、京都に勤めていた時代は、会社
ぐるみでよく利用させていただいたものです。
プライベートでの利用は初めてかもしれず、
寿司を握るカウンター前のテーブル席に案内されました。
燗酒を呑みながら、豆腐サラダ、生麩の田楽、鰆の西京焼き、牛蒡の空揚げ、
焼き鳥各種、山牛蒡巻き、だし巻き等を頂きました。寿司も数貫、注文しましたか。
今回、一等気に入ったのは“京のおばんざい盛り合わせ(=画像)でして、
見た目にも愛らしく、美味な“おばんざい”をちょこっとずつ摘まめるのは愉しい限り。
締めのデザートに、三宝柑のシャーベット。ぼくだって、綺麗に呑みたい夜があります。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 豆腐

「鶏魂鳥福」3号店

2017_10_13_「鶏魂鳥福」3号店 あちらこちらのブログや何やに、昔からネタを提供して
 もらい、お世話になっている「鶏魂鳥福」さんです。
 大将との付き合いも長く、近所の商店街を歩いていて
 顔を合わせることもしばしばなのですが、お店を利用
 するのは久しぶりになるかもしれません。夕方から
 大阪市・天満の「鶏魂鳥福3号店にお邪魔しました。
 表の方は鶏ギョプサルを供しているのですが、ビルと
 ビルの狭間に分け入り、ビニール・シートを潜ると、
 極上の羊肉が味わえる一室が設けられているのでした。
 3号店の表と裏(?)の中間に厨房が位置しており、
 大将自身が両方の客の注文に応えていきます。
 ラムもマトンも部位が豊富で肉厚! ラムのタンなんぞ
初めて味わいましたが、美味極まりなくて。羊肉の臭みがほとんど感じられず、
ただただ肉の旨味を噛み締める、ジンギスカンらしからぬ雰囲気の下で食しました。
煙が濛々を立ち上らせ、豪快に喰らえれば、なお良いなぁ。
あと、野菜にはトウモロコシも加えてくれれば……北海道だもの。
満ち足りた気分でお店を出る時になって、嗚呼、ジンギスカン鍋ではないか! 
鍋プログラム(13)」に計上しておこうと思い出しました。
朝晩の冷え込みが意識されるようになってきた今日この頃、鍋シーズンの到来です。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示