fc2ブログ

堂島アバンザ

2022_11_19_毎日新聞大阪本社堂島社屋正面玄関跡 貞享・元禄年間、河村瑞賢によって河川改修が行われましたが、北新地の辺りを東西に流れていたのが蜆川、別名・曽根崎川となります。元櫻橋南詰の跡が残っていますね。
 「堂島」と言いますが、往時は実際、堂島川と蜆川に挟まれた島だった訳です。また、堂島薬師堂は古くから、一説によれば、推古天皇の時代から在ったとされ、「堂島」という地名の由来ともいわれています。
 平成12年(2000)3月に竣工している「堂島アバンザ」ですが、元は毎日新聞大阪本社(堂島社屋)が建っていました。ご覧のとおり、旧社屋の玄関がモニュメントとして現存します。大正11年(1922)、片岡建築事務所による設計で、施工は大林組。
 毎日新聞は、日本国内で最も歴史のある新聞とされ、大阪毎日新聞と東京日日新聞を源流としています。東京日日新聞の創刊が明治5年(1872)ですから、今年が創刊150年となるようです。
 毎日新聞大阪本社は平成4年(1992)12月14日、大阪毎日新聞時代から70年間使用してきた堂島を去り、西梅田へ移転しています。桜橋に在った産経新聞大阪本社も平成17年(2005)、浪速区湊町に移転していますが、梅田から中之島にかけての四つ橋筋は産経新聞社、毎日新聞社、朝日新聞社以外にも、多くの新聞社・放送局が建ち並び、現在も地方紙支社の入居しているビルを多々確認することが出来ます。
 戦後(1954)、毎日新聞大阪本社の南側に設立された毎日大阪会館は、北館に毎日文化ホール、南館に毎日ホールと大毎地下劇場がありました……街中で二番館・名画座を見かけなくなりましたねえ。

続きを読む

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

5回目接種

前日に新型コロナウイルスワクチン
追加接種(5回目接種)のお知らせが
封書で届いていたので、業務を終えて
帰宅してから、インターネットで予約を
行いました。今回はオミクロン株対応
ワクチンですけれど、在庫を抱え込んで
いるのかしら。対応が早いですね。ただ、
前回から、もう3か月が経ったのかという
慨嘆も深く。接種会場は3か所あります
が、近日中だと街中の2か所は予約が
いっぱいで、すぐ近所の「扇町プール」は
またもや利用できず。「やすらぎ天空館」
(阿倍野区)も空きが無く、12月2日(金)
午後、「オスカードリーム」(住之江区)に
足を運びます。明日から12月、2022年末。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

マルケン

ブログの記事をまとめて作成した後、相方と夕食。
雨が降っていて、足下に注意。天神橋筋六丁目で
18時過ぎに落ち合うと、餃子食堂マルケン
(大阪市北区天神橋7−6−18)に入店しました。
21時から貸し切りらしく、20時には退出する時間
配分。餃子以外のアテも適当に用意されているし、
申し分無し。相方が最近、伊藤潤二『富江』
嵌まっているようなので、昔のVHSビデオを発掘
してみました。もう、20年以上も前なのよねえ……。
第1作の及川中・監督『富江』(1999)のつもりが、
誤って、3作目の清水崇・監督『富江 re-birth』
(2001)を観ていましたわ。妻夫木聡はよいとして、
黄川田将也仮面ライダー THE FIRST)は今、
何をしているんだろうなあ。他の俳優陣はどうあれ。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む漫画映画特撮

カンデオ

2022_11_28_カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称) 2024年夏の開業が予定されている
 「カンデオホテルズ大阪堂島浜
 (仮称)」――いつ見ても、タワー・
 クレーンが稼働中。元は「大阪三菱
 ビルディング
」が建っていました。
 昭和44年(1969)の竣工。その前に
 建っていたのは、片岡安の設計した
 「福徳生命保険」本店で、大正8年
 (1919)の竣工でした。御堂筋を挟み、
「福徳生命」と「堂島ビルヂング」が対峙していた訳ですね。堂島浜一丁目計画
着々と進行中。画像左は「あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー」。
ホテルの右側は、「新ダイビル」かな。右手前が「御堂筋フロントタワー」ですよ。
WeWork」が一棟を借りて、「WeWork 御堂筋フロンティア」(壁面にロゴ入り)。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

Enterprise

昨年11月16日、正式リリースされた「Windows 10
November 2021 Update
バージョン21H2ビルド
19044
)」へのアップデート作業に振り回された今夏。
年末を前に、今度はWindows 10 Professional から
Enterprise へのエディション変更(アップグレード)を
知らない所で通達されていて、毎回のことながら、げんなり。
アップグレードすると言っても、蓋を開けてみれば、バッチ・
ファイルでプロダクト・キーを書き換えるだけの作業でした
から、安堵しましたけどね。1機(再起動等を含め)所要
5分として、50機に対して、4時間前後で何とかなるか。
21H2 のサポートが、Pro だと2023年6月13日に終了
ですが、Enterprise だと2024年6月11日まで延びる、と。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

スポーツ3110

2022_10_30_スポーツ3110 今年の「イケフェス大阪」での画像を整理して
 いる最中、痛恨のミスが発覚。心斎橋筋を南下
 するうち、淡路町に至りますと、近松門左衛門
 『冥途の飛脚』
に因む「梅川・忠兵衛 ゆかりの
 淡路町
」碑の目の前に在る「スポーツ3110
 (大阪市中央区淡路町3−6−12)を指差して、
 Hさんに「清水猛商店だよ」と口走ってしまった
 ようです。Hさん、ごめんなさい。目と鼻の先とは
 いえ……「清水猛商店」は全く別の物件です。
「スポーツ3110」の存在感があり過ぎるせいかしら。やらかしてしまいました。同店
(ビル)名は、斉藤誠・店長の姓(さ・い・とー ⇒ 3・1・10)から採ったのでしょう。
大正末~昭和初年頃の鉄筋コンクリート造り3階建ては、旧「板谷歯科医院」でした。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築文楽

一谷嫩軍記

11月25日(金)10時、「北区ぶらぶら 2022」第7回を
実施しました。今回のテーマは「消えた堀川の跡を辿る
―江戸堀・西横堀にレトロビルのその後を追う―
」です。
バックにI さんが控えているので、ぼくはガイド前半のタイム
・キープにのみ注力できました。今年で創立140周年を迎えた
大阪YMCA」(大阪市西区土佐堀1-5-6)にて、選手交代。
       ☆
正午過ぎ、「中之島フェスティバルタワー」で解散すると2022_11_25_「一谷嫩軍記」
独り 日本橋へ向かいます。14時から「国立文楽劇場」で
11月文楽公演」第2部、「一谷嫩軍記」弥陀六内の段、
脇ヶ浜宝引の段、熊谷桜の段、熊谷陣屋の段を聴くので
ありました。熊谷陣屋の段(切)は以前、今回と同じ豊竹
呂太夫・鶴澤清介コンビの素浄瑠璃で体験済みですが、
人形付きの舞台「一谷嫩軍記」としては初めてでした。
熊谷次郎直実(人形遣いは吉田玉志)という人物像が
本当によくわからなくて……なまじっか、史実を先に知って
しまったがため、法然=浄土宗の蓮生セールだろう、と
斜に構えて観てしまうのね。脇ヶ浜宝引の段を務める予定
だった豊竹咲太夫が病気療養につき、代役に竹本織太夫
(咲太夫の方が適度に笑えてよかったかもしれません)。
熊谷桜の段から登場する熊谷直実の家臣、堤軍次は
吉田玉勢が遣っていました。源義経は吉田玉佳でしたが、
センターにいながら、主役は直実なので、難しい役どころ。
扇町(天満)に帰ると、相方と合流して、「串安亭」で軽く
呑み喰い。ほぼ徹夜後の まち歩き&観劇で、ふらふらよ。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽呑む

曲り渕地蔵尊

2022_11_24_曲り渕地蔵尊 午後出勤だったので、出勤前の寸暇を
 調査に充てます。この頃は歴史探偵
 しての自覚が出てきました。Osaka
 Metro に乗って、堺筋本町へ移動。
 「大阪企業家ミュージアム」を目指す
 けれども、「農人橋」から北上します。
 上方落語にも登場するのですが……
 「本町橋」と「農人橋」の間で、東横堀
 川はS字状にカーブしており、水難事故
等が多く、“本町の曲り”と呼ばれていたそうです。東側に突き出た部分に、「曲り渕
地蔵尊
」が祀られていますが、二重の金網の向こう側、施錠もされていて、不必要に
禍々しく見えてしまうのよねえ。それはともかく、「本町橋」西詰のミュージアムでは、
商都 大阪の再生に挑んだ五代友厚と同志 広瀬宰平、藤田伝三郎」の特別展示
(タイトルが長い……)。軽く一巡したのですが、「大阪企業家ミュージアム」は学芸員、
キュレーターの類を置いていないので、質問しようがないのよね。堂島浜(堂島エリア
【堂島浜】24H自転車専用駐車場)に建つ銅像
の正体は、依然、謎のままなのです。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

筋違橋/撞木橋

2022_11_18_撞木橋 天正13年(1585)、大坂城の惣構えとして開削されたと
 いう東横堀川に対して、西横堀川の開削は少し遅れて
 います。東西横堀川の間、北は土佐堀川、南は長堀川の
 間に囲まれていた土地が“船場”です。長堀川と西横堀
 川は埋め立てられていますが、西横堀川の最下流に
 架かっていた「金屋橋」は現存していますよ。西横堀川
 から西に向かって、江戸堀川(1617~1955)等、さらに
 別の運河が分流していました。船場と西横堀川以西では、
 街の成り立ちが異なりますから、(船場の)高麗橋通と、
 江戸堀北通/江戸堀南通は東西に直接つながれず。
 西横堀川の東(高麗橋通)と、江戸堀川の南北を1つの
 橋で間に合わせようとして、T字型、撞木(しゅもく)の形状を
 した「撞木橋」が架けられました。ユニークさは「四ツ橋」と
 同レベルですが、流石に構造上の問題があったか、後に
 撞木形は廃されてしまいました。その名を冠した「撞木橋ビル」(大阪市西区江戸堀1丁目4−23)に、親柱が保存されています。「撞木橋」という
名は、江戸堀川の南北だけを結ぶ一本橋に残されていた
ようですが、船場との接続はどうしたかと言いますと……。2022_11_18_筋違橋
       ☆
西横堀川に通じた高麗橋通と江戸堀南通の間で、斜めに
架けられたのが「筋違橋(すじかいばし)」でした。明暦3年
(1657)には、既に撞木形の元の橋の姿が見えなくなり、
「撞木橋」と「筋違橋」の2橋に分離しています。右下画像
「筋違橋」の親柱は昭和3年(1928)に架け替えられた物。
昭和39年(1964)、西横堀川が埋め立てられたことで、
「筋違橋」も不要となりました。かつての西横堀川の上を
阪神高速道路が走り、その下に“筋違橋の碑”が申し訳
無さそうに設置されています。もう少し、何とか出来ない
ものかな。橋は道路の一部です――「筋違橋」の跡は、
そのまま道路となりましたから、当然ながら、高速道路の
下を斜めに横切っている訳です。高架下を筋違いに出て
高麗橋通の西端に達すれば、東の空に「北浜タワー」。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

俺のファンタジー

先週末から溜まっている画像の整理に勤しみ、
調べ物を片付けていくうちに煮詰まってくる。
何故に、こんなにも孤独な作業なのだろう。
独りで掘り進めていくには、まだまだ覚悟を
求められるけれど、ぼくの信念はどこから来た
ものやら。商店街に出て、「串安亭」(大阪市
北区天神橋4-6-25)に入店。最近、天満の
お店も割高になりつつある中、NEW“Wセット”
(税込み1,100円)はお得な部類か。生ビール
2杯と串カツ6本、単品1品となれば、コスト・
パフォーマンス重視派は文句が無いでしょう。
帰宅して、何とはなしに、Amazon プライムで
仮面ライダーBLACK SUN」を観てしまい、
ついつい、エピソード8(全10話)まで連続試聴。
監督は白石和彌。西島秀俊の無駄遣いという
観があるけど、秋月信彦(シャドウムーン)役の
中村倫也も悪くない。信じる奴がジャスティス♪

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : 呑む特撮

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN