先着50個

「ローソン」で展開している「春のリラックマ フェア」(2016年3月4日~6月6日)。
かつての「ファミリーマート」派が、ポイントを大量に使った後の脱力感も手伝って、
宗旨変え。ローソンにせっせと通い、シールやレシートを集める毎日なのです。
甲斐あって、「リラックマにっこりグラス」「コリラックマにっこりボウル」を入手。
ひとまず、各店先着50個となる限定バージョンから。
3月末で1セット集められたので、6月上旬までだと、あと2セットは貰えそう。
グラスは、レシートに30個のスタンプを貰った上で、引換券を発行した店舗でのみ
グラスと交換してもらうというシステムなので、ちょっと注意が必要。
(引換券を出力後、同店舗に限定50個分が無ければ、通常品としか交換不可)
また、店舗によって、限定グラス・ボウルの在庫状況に随分と差もあります。
グラス2種は、「リラックマ クリアグラス」と「リラックマ にっこりグラス」(限定)。
ボウル2種は、「リラックマにっこりボウル」と「コリラックマにっこりボウル」(限定)。
――文字面だけ見ると、間違い探しのようですね。

リラックマ(先着)リラックマ箱(先着)







  
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

左目崩壊(再掲含む)

3月28日(月)、契約先の事業所で手洗いに立って気付いた。
左眼球の左横部分が真紅に染まっている。
ごろごろ感は無い。ただ、真っ赤な血が透けて見える。
過去の経験から、「上強膜炎」ではなく、「結膜下出血」と自己診察。
上強膜炎だと、「死ぬ(可能性もある)」と脅されている。
結膜下出血ならば、出血の収まるのを待って、安静にするしかない。
なるべく目を酷使しないように気遣ってきたつもりだが、半年でガタが来たか。
この週は東北から来阪する大事な友人(同人?)を観光案内する必要もあり、
じっとしている訳にもいかない。よりによって、こんな時に……と天を仰いだ。
外を出歩くたびに、じろじろと顔を覗き込まれてしまう。
眼帯を常々用意しておくべきだった、と悔やまれる時期になる。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

Dの福音

2016_03_29_大阪府立国際会議場昨年のサマーソニック大阪に行けなかった。
14年ぶりに新作を発表したディアンジェロ
来日、大阪・舞洲にまでやって来たのに。
行ける時には、行っとかなきゃいけない。
Don't think! Feel!
3月29日(火)、大阪国際会議場に移動した。
D'ANGELO JAPAN TOUR 2016
メインホールで18時開場、19時開演……
あくまで、開演の予定である。
15年近く新作リリースを待たされた身だ。
1時間やそこらの遅延など、気にしない。
(市営の施設なだけに、押した分、公演時間が延びるということはないんだけどね)
J・ディラのBGMを聴きながら、ぼくは悠々と化粧室へ向かった。
       ☆
 Devil's Pie
 Red Hot Mama
 Feel Like Makin' Love
 Brent Fischer Interlude
 Really Love
 The Charade
 Brown Sugar
 Left And Right
 Chicken Grease
 ― encore ―
 Untitled(How Does It Feel)
       ☆
セット・リストは上記のとおり。
きりきりきり……と冒頭から、待たせた観客を一気に乗せて、ファンカデリック
ジェシー・ジョンソンアイザイア・シャーキーとのギターの絡みが黒ロック。
次もロバータ・フラック愛のためいき」のカバーだけど、Dオリジナルの印象。
 That's the time, I feel like makin' love to you...
ラテン風味の小じゃれた間奏を経て、第58回グラミー賞・最優秀R&Bソング
頭の中が真っ白な状態で、腰の疼くままに踊り狂って、しっとりした気分になって
……この曲。涙腺が決壊しそうになる。「シャレード」はコーラスが勿体無かった。
ちゃんと、歌詞を覚えて行きたかったな。適当ながらも、一緒に声を合わせる。
 All we wanted was a chance to talk
 'Stead we only got outlined in chalk
 Feet have bled a million miles we've walked
 Revealing at the end of the day, the charade

本編で一番(個人的に)盛り上がったのが「ブラウン・シュガー」。
ファルセットで唄い、身体を揺らす。陶然となる。音の快楽に身を委ねる。
その後、怒涛のファンク大会に突入。ドラムのクリス・デイヴ
ベースのロッコ・パラディーノ(=ピノの息子)が働く。Dも左右上下に客を煽る。
そのパフォーマンスにJB殿下を重ねて感涙……ステージ前に殺到する観客。
       ☆
アンコールは、Dとラファエル・サーディクが殿下の音をイメージした楽曲。
こちらも名曲。Dの弾き語りから入り、バンドのザ・ヴァンガードが加わってくる演出。
さらに曲終盤では、バンドのメンバーが一人ひとり退場していく趣向。
本当に殿下本人が作り、歌っていそうな楽曲なんだけど、ジェシーの存在に注目。
ザ・タイム出身で、殿下とも数々の確執があったといわれるジェシー・ジョンソン
ぼく的には、擬似殿下とジェシーの幻のコラボレーションを幻視してしまうよ。

続きを読む

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音

笑福亭円笑落語会

笑福亭円笑落語会 3月28日(月)、「天満天神繁昌亭」へ赴く。
 18時半から「笑福亭円笑落語会」でした。
 笑福亭円笑(=圓笑)の前名は「猿笑」。
 家族の反対で入門の叶わなかった
 6代目三遊亭圓生にちなんで、師匠の
 6代目笑福亭松鶴が高座名を付けました。
 上方の噺家だけれど、江戸弁江戸落語
 高座にかける唯一の落語家……なるほど!
 今頃になって、膝を叩くぼくなのでした。
       ☆
江戸落語に触れる機会といえば、CDや動画、書籍を通じて。
日頃、上方落語を聴いてばかりで、生の江戸落語の語り口は新鮮でした。
大雑把に言うと、ぼくの耳には故・立川談志やビートたけしの喋りに聞こえますw
ただ、江戸落語を演じるのはトリの円笑さんだけで、他は上方落語。
当日の演目は、以下のとおり。
       ☆
 桂染吉「兵庫舟」
 桂米紫「堺飛脚」
 桂春若「禍は下」
     仲入
 笑福亭銀瓶「七段目」
 笑福亭円笑「居残左平次」
       ☆
一門の勉強会や同じ師匠筋で固定という訳ではないので、散漫になりかねません。
その辺りに気を配り、米紫さん、銀瓶さんがマクラで全体を貫く糸(?)を紡ぎます。
堺飛脚」や「禍は下」は、故・桂米朝の本で知っていましたが、珍しいネタ。
「堺飛脚」を演じるのは、現在、米紫さん1人(本人曰く)ということです。
上方で1人、ということは日本で1人、とどのつまりは世界で1人!
「堺飛脚」はともかく、「禍は下」はなかなか聴きどころの多い演目と思うのですが。
最後、関西では滅多に聴けない「左平次」を堪能でき、有意義な一夜となりました。

参考文献:桂米朝『桂米朝コレクション8 美味礼賛』(ちくま文庫)

続きを読む

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語

外へ出ろ!

3月27日(日)19時から、大阪・中之島公会堂で同人の合評会を開く。
体験参加の方が1名加わるが、中心メンバーが数名欠席。
何となく、まとまりを欠くようで、落ち着きが悪かったかもしれない。
(全員そろったところで、まとまると決まった訳でもないのだけれど)
長野県の同人も、いつもどおり、スマートフォンのアプリを介して参加。
2時間少々で3作品は厳しかったので、作者1人の了承を得て、
この日は2作品の合評のみにとどめた。個人的には前回の反省もある。
回心の涙やら、頑是無い抵抗に遭ったからと、
批評の切っ先を鈍らせるようでは、合評の意味が無い。
元来、「同人誌を作るため」の同人ではなく、
同人の作品を合評し、各人が書くために資する場を目指していたはず。
形としての同人誌は単なる結果に過ぎず、それ自体が目的ではない。
ぼくはそう考え、そう主張してきたつもりではあるけれど、
それを皆に共有させようと、強要するつもりは微塵も無いから。
互いの作品(とやら)を褒め合い、舐め合う 馴れ合いの場と化し、
ただルーティンで同人誌を出して、悦に入る衆ならば、ぼくは消えるべきだろう。
真に「書く(=読む)」という行為は、狭い自分の頭の中から外へ出ることなのだ。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 同人

東京拉麺

東京拉麺商圏の違いか、近所ではあまり見かけない
即席麺を目にして、早速購入したのです。
画像は、その「東京拉麺」のパッケージ。
チキン 昔ながらのあの味」……
“チキン”だとか、“東京”だとか、本家本元の
日清食品」に喧嘩を売っているのか? 
なんてことを想像するも、パンチが弱い味。
主張が軽い分、もんじゃ焼きの具に合うかな。
(もんじゃ焼きを食べる機会がまず無いけど)
「東京拉麺(株式会社)」という商品名、社名
ですが、栃木県足利市に本社は在ります。

テーマ : コンビニ
ジャンル : グルメ

tag : おやつ

割烹「蛸壺」

2016_03_25_蛸壺 今回は、ぼくの企画ではなかったから。
 「鍋プログラム」にはカウントしない。
 (すっぽんという素材もだぶってしまうので)
 堺市のTのお薦め、割烹「蛸壺」を訪う。
 3月25日(金)の18時からだった。
 翌日も昼前から仕事が入っているのに痛飲。
 鍋の具材は豪勢に盛られて供されるが、
 仕事ぶりは丁寧で、だしの塩梅も繊細で。
 大いにはしゃぎ、空回るほどに呑んだくれ。
その夜、逢いたい人に逢えずじまいだった。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

ひよこのピッピ

二人の読書会」で利用した場所は、純喫茶「アメリカン」
創業者・山野勝次郎氏の理念「儲けはすべて店に注ぎ込む」の下、
何とも表現に苦しむアナクロ・モダンな内装が、建築マニアには堪りません。
昭和21年(1946)の創業。
都市の営みの証”である建物として、大阪市が主催する
生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」にも認定済みです。

ホット珈琲を飲みつつ、セットでケーキを。ひよこのピッピ
くまのダニー」も捨て難かったのですが、
今回は「ひよこのピッピ」を頂きました。
見た目の もふもふ感が最高に愛くるしくて。
中身はマンゴー・ムース。
パイナップルも入ってたかな。
ピッピをフォークで突ついて、削りながら、
池井戸潤の大部の長編を一挙に読ませる
テクニックについて解析を試みていた訳です。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : おやつ 建築 小説

まりあ

おでんまりあ1 3月22日、「二人の読書会」の後、難波を徘徊。
 以前から気になっていた、おでん「まりあ」へ。
 開店前から急襲をかけ、支度するママと世間話。
 初会の客と意識もさせず、冷酒がくいくいと進みます。
 「白鹿」の樽酒に入れて冷やしてあるもので、
 滑らかにして、するすると食道から腹中を支配され。
 いつの間にやら、ぼく自身の誕生日も聞き出され、
 7月の頃には、再来する約束になっているのでした。
 そうこうするうちに、おでんも仕上がってきました。
 忘れてはいけない本題「おでんプログラム(5)」。
 まりあママと、おでん談義も弾みます。
 ……さて、何から注文しましょぅか? 

「じゃがいも、厚揚げ、ばくだん!」 
油断していると、すぐに溶け崩れかけかねない じゃがいもの煮加減が絶妙!
一度、煮たじゃがいもを再投入しているように窺えました。
ばくだんはオリジナルの種。「黒門市場」で特注している練り物だそうです。
練り物と言えば、関西圏のおでんに欠かせない「大寅」の「梅焼」。
一緒に竹の子、平天、豆腐もオーダー。だしが中にまで染んだ豆腐なんですが
……こちらも黒門市場で仕入れた逸品、あの老舗「高橋食品」の豆腐でした。
熱々おでんの具材として使われるのに、が立つ訳でなく、スムーズな舌触り。
玉子、大根もしっかり色付くほど、だしが染み込んでいるのに、下品な濃さは無く。
ニンジン、竹輪は丸ごと一本、豪快に供されます(画像は既に半分食した後)。
美味しく呑んで、喰って、ママとのお喋りにほだされて……ナニワの夜はこれから。

※おでん「まりあ」のオープンは2011年6月6日。

おでんまりあ4おでんまりあ3おでんまりあ2

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む おでん 豆腐

池井戸潤を読む

池井戸潤3月22日(火)、「第3回 二人の読書会」を
開催。前回まで古典が2作、続いていた。
 ※第2回・課題作品は夏目漱石夢十夜
今回べたでよいから、今時の作品にしよう!
課題作品は池井戸潤から選ぶことにして、
空飛ぶタイヤ』(実業之日本社文庫)。
一作だけで、その作家をとやかく言えない。
代表作らしき物、計6作を一気読みしてみた。
いずれも広義のミステリー作品で面白かった。
       ☆
1988年、『果つる底なき』、第44回江戸川乱歩賞受賞。
2010年、『鉄の骨』、第31回吉川英治文学新人賞受賞。
2011年、『下町ロケット』、第145回直木三十五賞受賞。
ちなみに、現時点で上記3賞を受賞した作家は、池井戸の他、高橋克彦のみ。
『空飛ぶタイヤ』は、2006年の刊行。
乱歩賞受賞後、雌伏の時期に放たれた原稿用紙1,200枚超の長編である。
       ☆
第28回吉川英治文学新人賞、第136回直木三十五賞候補作にもなった。
受賞こそ逸しているのだが、後の両賞獲得を見ればわかるように、
既にチェックメイト済みだった、とも言える。
旧・三菱銀行に入行経験のある履歴から、“経済小説”の意匠をまとい、
役割の軽重こそあれ、作中には必ずや銀行マンが登場する。
       ☆
しかし、「広義のミステリー」と表現せざるを得ないほど、
ガチガチの本格ミステリー(=フーダニット)からは程遠い作風ではあった。
『果つる底なき』など、謎解きを主眼として読むには、どうにも詰めが甘い。
そのもやもや感は、作者本人も自覚していたようで、やがて
「生きている人」を描く方向に舵を切る。
『空飛ぶタイヤ』では「人間を描くんだ」と意識を切り替えていたようだ。
同作の直木賞落選の理由は「文学性に乏しい」だったというが……。

参考文献:池井戸潤『果つる底なき』(講談社文庫)
       池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社文庫)
       池井戸潤『鉄の骨』(講談社文庫)
       池井戸潤『下町ロケット』(小学館文庫)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 読書会

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示