fc2ブログ

初文楽

年頭、子供向けとも言える「文楽の入門教室」に2017_ 04_19 _大楠公
足を運んだ時から、今年こそは文楽の本公演を
聴きに行こう!と企んでいたのでした。そうして
ようやく、4月21日(金)、大阪・日本橋の「国立
文楽劇場
」にて開催中の「四月文楽公演」を
楽しみに行ってきました。しかも、第1部公演と
第2部公演を連続で。第1部は午前11時開演、
第2部は20時20分終演予定と、ほぼ全日を
文楽浸りに充てるという ビギナーとは思えぬ
所業。メジャーな演目が多いので、大丈夫かと。
       ☆
第1部
寿柱立万歳
菅原伝授手習鑑
 茶筅酒の段/喧嘩の段/訴訟の段/桜丸切腹の段
豊竹英太夫改め 六代豊竹呂太夫襲名披露口上
 寺入りの段/寺子屋の段
第2部
楠昔噺
 碪(きぬた)拍子の段/徳太夫住家の段
曾根崎心中
 生玉社前の段/天満屋の段/天神森の段
       ☆
「寿柱立万歳」後に10分、六代豊竹呂太夫の襲名披露口上後に20分間の休憩。
第1部と2部の間が30分弱、「楠昔噺」の後にも長めの休憩が入り、それぞれ、
好き勝手に飲んだり、食べたりする感覚です。非常にまったりとした進行。
お年を召された観光客や外人客の方々で、爆睡されている方もいましたが、
特にお咎め無し。客層が練れているのか、劇場の運営が優秀なのか、
初めての文楽鑑賞なのに、気張らず、リラックスした気分で愉しめましたよ。
画像は4月18日、「観心寺」で撮影した銅像……「楠昔噺」で大活躍の大楠公です。
「菅原伝授手習鑑」は、親子の別れより何よりも、松王丸の汚れ役っぷりに感嘆し、
「曾根崎心中」は、近松門左衛門の名文と、現在地で慣れ親しんだ露天神社とが
交錯する様に、頭がくらくらしてくる快楽。実に濃密な一日を過ごすことが出来ました。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

ウイスキー水割りCUP 無銘

2017_04_18_福徳長 「アンスリー」は、南海電車等の駅コンビニ。
 河内長野に出掛けた折、酒類売り場で目にして
 入手したのが、「福徳長酒類」の「ウイスキー
 水割りCUP 無銘
」でした。180ml 入りで、
 アルコール分12%ですが、よくあるカップ酒と
 異なり、ガラス瓶ではなくPETカップという
 作りが良いです。お酒と違って、そのまま温め
 熱燗で呑むなんて真似はしないと思われるし、
 PETで十分でしょ。
スキットルを持ち歩くのが面倒な時は、「無銘」でもよいかと日和見気分。
ただし、味は値段相応。ウイスキー風味のスピリッツと割り切って、鷹揚に呑むべし。

参考記事:そのまま飲み頃!「ウイスキー水割りCUP 無銘」新発売

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑むウイスキー

観心寺の星塚

星塚霊場_破軍星 いろいろと隠し玉(?)を持っていると思われる「観心寺
 ですが、“星塚”もその一つでしょう。まず、金堂には
 木造如意輪観音坐像を中心に、不動明王、愛染明王、
 八観音、四天王が祀られていました。その金堂を取り巻く
 ようにして7つの星塚が築かれており、7 という数字から
 察せられるように、“北斗七星”を表しています。空海(=
 弘法大師)が北斗七星を勧請したとされ、北斗七星を
 勧請しようとするなんて空海くらいでしょうし、北斗七星を
 祀っているのも、ただ観心寺のみとなります。
 この「七星如意輪曼荼羅」は順に――
 1. 貪狼星(とんろうしょう)、2. 巨門星(こもんしょう)
 3. 禄存星(ろくぞんしょう)、4. 文曲星(もんこくしょう)
5. 廉貞星(れんじょうしょう)、6. 武曲星(むこくしょう)、7. 破軍星(はぐんしょう) となり、
南の訶梨帝母天まで一巡すれば、その年の厄除けになるといわれています。
大体10分ほどと紹介されていますが、山道では足元の剣呑な場所もあるので、
お気をつけて。星塚にはそれぞれの梵字が刻まれた岩があると後に知りましたが、
赤い囲い板や幟に囲まれた木々(中には枯れ木も)しか見えていなかったのです。
上掲の画像は、山道を下りてきて達する破軍星(=オンバサダカンダム)の塚。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

観心寺の秘仏

2017_04_18_観心寺・山門 4月18日(火)、大阪・河内長野市へ向かい、
 「観心寺」を訪ねました。難波から南海電車
 (高野線)に乗り、小吹台行きの南海バスを
 利用します。南海高野線は、高野山へ詣でる
 際によく利用するのですが、観心寺自体が、
 弘法大師が高野山開山のための拠点と
 されていたと知れば、そのアクセス方法も
 理に適ったもののように思われてくる不思議。

今回の拝観は、国宝第5号となる本尊、如意輪観音菩薩に逢うことが目的です。
秘仏ですから年に1回、4月17、18日の両日しか、お会いすることは出来ません。

ぼくは2009年来、2回目の拝観となります。2017_04_18_観心寺・金堂
それでも、戦前までは33年に1度の開帳だった
といいますから、毎年、お会いできる機会が
与えられていることだけでも、非常に有り難い
ことかと存じます。五色幕の翻る金堂に鎮座
する六臂貞観仏は、彩色の保存状態も良く、
その肢体から何から、性別を超え、艶かしくて、
リアルとファンタジーの境界線を軽々と突破する
在り方に唸らされ、だらだらと汗をかかされて
しまいそうな、何とも堪らないブツなのでした。

日本三大如意輪”でも断トツだろうなあ、と思いつつ、前月、「室生寺」では
逢えなかった如意輪観音のことなども思い出し、仏像が煩悩を掻き立ててしまう
構図を独りで面白がります。なお、観心寺は如意輪観音だけの寺という訳でなく、
山門近くに建つ「大楠公」像で知られるように、楠木正成首塚などが在ったり、
開祖には役小角の名が見えたり、一筋縄では行かない懐の深さを持っている模様。
しかし、室生寺でも同様でしたが、山在る所には、必ずと言ってよいほど、役行者
(=役小角)の名が出てきますねえ。さすがに、修験道の開祖だけのことはあります。

参考文献:『魅惑の仏像 如意輪観音―大阪・観心寺』(毎日新聞社)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

造幣局の橋

 「桜の通り抜け」に行った際、目に入った橋の2017_04_14_川崎橋
 いくつかについて、触れておきます。通り抜けは
 天満橋側の造幣局南門から、桜宮橋側の
 北門へ向かっての一方通行。今年はひとまず、
 天満橋でタクシーを降りました。その通り抜けの
 入り口付近で目につくのが、「川崎橋」。
 大川に架かっている自転車・歩行者専用の
 斜長橋となります。塔から斜めに張られて
 伸びるケーブルが、桜の花々の上に見えるか、
と。“浪速の名橋50選”に選定されています。

通り抜けの半ば辺りで現れるのが「めがね橋」です。2017_04_14_めがね橋
朱色に塗られた欄干が無ければ、何の気無しに
通り過ぎてしまいそうですが、元々は石造りの橋。
桜宮橋の完成が昭和5年(1930)でして、国道1号は
現在のルートと異なり、そもそも、明治4年(1871)、
現在地において造幣局が創業されたのは、水運に
恵まれた大川に面していた敷地だった――という理由が
挙げられます。そのため、造幣局構内にまで入り堀が
仕組まれており、今でこそ水路は埋め立てられてしまい、
姿も見えませんが、大川と構内の入り堀間に架けられて
いたのが、「めがね橋」だったようです。中央部分に
膨らみがあったことからのネーミング。現在見られる
赤い橋への改装は昭和32年(1957年)といいます。
水も川も無い場所に架かる橋……トマソン的で、ぼくの好物な物件です。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

HIKOBOSHI

4月16日(日)19時から、大阪の「中之島公会堂」にて同人の月例合評会。
ぼく自身の提出作品も混じっていましたが、いずれの作をも“他山の石”に、
建築および博物学については、より一層、精進していかなければならない
と、省みた次第です。「坐・和民」での二次会後、同人の皆と別れると、
天神橋筋商店街を北上しました。「どい亭」跡に居抜きで入っている
スリランカ・カレーの「HIKOBOSHI」にロック・オン。前回はバーと
取り違えてしまっていたのですが、今回は予備知識を仕入れているので、
無問題。安心して、カウンターに座れます。髭面のマスターも、ぼくの顔を
覚えてくれていたようで、安堵しました。2人して、テキーラのロックを呑み
交わし、その夜の締めとして相がけのカレーを頂きましたが、BGM に
タキシードを流してくれるなど(2nd アルバムをまだ聴けていない!)、
音楽話でも盛り上がりました。ぼくは昨夏、メイヤー・ホーソーンの公演に
足を運んでいますが、マスターはタキシードの大阪ライヴに行ってきたそうで、
羨ましかったです。勘定を支払い、商店街を北へ真っすぐに歩いていると、
ぜえぜえ言いながら、髭面のマスターが走って追いかけてきていました。
どうやら、ぼくの出した5千円札を壱万円札と間違えて、余計にお釣りを
くれていたようです。ちゃんと確認しないぼくも、マスターも粗忽者ですねえ。
照れ笑い、ポケットの中の5千円札をお返し。横道に入っていなくて助かりました。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑むカレー同人黒い音

クラーナハとの再会

1月28日~4月16日と、会期が3か月近く2017_04_14_国立国際美術館
あるので、3回は観に行けるかな?と
余裕を持っていた「クラーナハ」展ですが、
年度末の慌ただしさもあって、さらには
休館日に行き合わせるなどして、最終的に
2度の鑑賞にとどまりました。既に前回、
全体を概観しているので、今回は好きな
絵だけをじっくりと眺め、名残を惜しみました。
ぼくはやはり、宮廷画家、肖像画家としての
クラーナハには大して興味を感じておらず、
蠱惑的にして、冷感症的ですらあるクラーナハの女性像を偏愛しているのだなあ、
と再認識。分厚い図録を購入するかどうか迷った挙げ句、ポスト・カードの購入に
抑えました。内訳は「聖カタリナの殉教」「ホロフェルネスの首を持つユディト
ヴィーナス」「ルクレティア」「正義の寓意」「ディアナとアクタイオン」となります。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

通り抜ける

2017_04_14_造幣局
2017_04_14_桜の通り抜け
 4月14日(金)、大阪造幣局へ出掛けました。
 今年の「桜の通り抜け」は4月11日(火)から
 17日(月)までの一週間。造幣局構内の通路
 (全長560m)を一方通行で、観桜する流れ。
 明治16年(1883)に一般開放されたそうです
 から、ざっと130年以上の歴史です。通り抜け
 は出来ませんが、「造幣博物館」ならば、
 通年入ることができます。多種多様な桜の
 樹が植わっていますが、その分、開花時期が
 全種で揃うということもありません。その時々の
 花を心の中にしまっておくというイメージです。
 前回来たのは2011年でして、その年の桜が
 「普賢象」だったのはいつだったか。それとも
 普賢象の年は結局、行くことも叶わずか……。
 本年の桜は「鬱金」でした。淡黄緑色の花の
 色が何やら涼しげでした。通り抜けの時期を
 過ぎて、大阪は初夏を迎えることになります。
        ☆
 公園への降り口となる桜門から抜け出ると、
屋台の「澁屋」へ上がりました。春限定のパッケージの缶ビールやカップ酒を呑んで、
いかにも、屋台の味の牛焼き肉の串やおでんを摘まみ……今年の桜も見納めです。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 年中行事呑むおでん

『泥の河』の舞台

4月の「二人の読書会」のテクストが、非常に
2008_06_14_船津橋と端建蔵橋
2008_06_14_昭和橋

べたなことに、宮本輝『青が散る』となり、
どうせなら、初期の“川三部作”も読み返して
しまえ!と、『泥の河』から再読し始めていた
訳なのです。昔、読んだ時には、大阪が舞台
という印象くらいで踏みとどまり、下手すれば
『道頓堀川』とごちゃ混ぜになりかねない勢い
だったのですが、要は、“物語”を追うことに
一所懸命なだけで、小説の中の風景、とりわけ
に対する軽視が原因だったかと猛反省。
近世は“浪華の八百八橋”と呼ばれていた
ように、大阪の風景描写の要諦は、橋にこそ
有り!なのですねえ。右上の画像は、船津橋
(手前)と端建蔵橋。上下の画像ともに2008年
6月14日に撮影。当時2日間かけて、中之島
架かる橋を撮って回っていましたねえ。何がそう
させたのか? よくは思い出せないのですが、
今では立派な“橋”好きになってしまいました。
『泥の河』の初出は1977年、時代設定はさらに
昭和30年(1955)と作品内で明記されており、
現在の雰囲気とだいぶ変わっていることは当然にしましても、
年月とともに東へ広がっていく中之島の東端ほどではないかとも思われるのです。
       ☆
 堂島川と土佐堀川がひとつになり、安治川(あじかわ)と名を変えて大阪湾の一角に注ぎ込んでいく。その川と川とがまじわる所に三つの橋が架かっていた。昭和橋端建蔵橋(はたてくらばし)、それに舟津橋である。
 藁や板きれや腐った果実を浮かべてゆるやかに流れるこの黄土色の川を見おろしながら、古びた市電がのろのろと渡っていった。
 安治川と呼ばれていても、船舶会社や夥しい数の貨物船が両岸にひしめき合って、それはもう海の領域であった。だが反対側の堂島川や土佐堀川に目を移すと、小さな民家が軒を並べて、それがずっと川上の、淀屋橋や北浜といったビル街へと一直線に連なっていくさまが窺えた。


参考文献:宮本輝『川三部作 泥の河・螢川・道頓堀川』(ちくま文庫)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

都スタンド

宝誌和尚立像」との邂逅を満喫した日の夕暮れ、2017_04_11_酒房「都スタンド」
森田屋」を覗いてみましたが、例によって満席状態。
本当にいつ行っても、活気のあるお店です。
新世界まで移動する余力が無かったので、
天王寺界隈を徘徊した結句、昭和の色が濃い酒房
都スタンド」へ飛び込んでみました。カウンター席
のみで、女将と料理人(大将?)の2人で切り盛り
しているようです。おでんも煮えているのを見て、
当然の如く、豆腐厚揚げこんにゃくをオーダー。
また、ここの湯豆腐は最初からだしに浸かった大阪風。
熱燗を次から次へと空けていきますが、後から
入ってくる客の姿も無く、夜も深くなってから混み合う
タイプのお店でしょうか。独りでやさぐれたい気分の夜に
また入ってみたい酒房だなあ、と感じました。
締めに、にゅうめんが用意されているのも懐かしかったです。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む豆腐こんにゃく

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN