山田正亮の絵画

同人のTさんから頂いていた招待券が1枚あり、2014_04_07__京都国立近代美術館
開催期間が4月9日(日)まででした。いけない、
終わってしまう!と慌てて出掛けた4月7日(金)。
京都国立近代美術館」の4階、コレクション・
ギャラリーで、「山田正亮の絵画」を鑑賞。
同美術館は岡崎公園内に位置し、平安神宮
前ですから、当日、京都市営地下鉄・東西線の
東山駅を下りた時から、観光客で混雑気味で、
修学旅行生らしき団体も非常に目立ちました。

2017_04_07__慶流橋より 山田正亮(1929~2010)の没後6年、初の包括的な
 回顧展となったようです。“包括的”と言うのには
 意味があって、正亮(まさあき)の個々の作品を一つひとつ
 取り上げて見ても、丁寧に制作されてはいるけれども
 ……と、取っ掛かりの無さに途方に暮れる人も
 少なくないかと思われるのですね。特に後期の作品
 ともなれば、インダストリアル・デザインすれすれの
 匿名性、何かしらの工芸品に近い簡素さを示して
 いるものですから。ミニマリズムの果てのように、
 多彩色の水平ストライプを過ぎて、最後には単純な
 色の面にまで行き着いてしまいますが、セザンヌ
 影響大な初期の静物画にそこかしこに見られた
 色調が、正亮の体臭のように、生きた証しのように
晩年の「Color」シリーズでも同じく確認できる時、不思議な感動を覚えるでしょう。
描き続ける”ことが“生きる”ことであった正亮は、多くの制作ノートを残しており、
展示されていたページの一部からでも、研究・思索の跡が窺え、彼にとっては
“描く”ことも“考える”ことの一部であったのだなあ、と体感できます。
ぼくは、初期の静物画に頻繁に出てくる砂糖壺のフォルムを愛しますが。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示