東洋陶磁美術館のこと(再掲含む)

大阪・中之島には阿呆のように通っており、2017_07_07_東洋陶磁美術館
そこで目に入らざるを得ない「大阪市立東洋
陶磁美術館
」は、いつでも入れる気になって、
実際、「ヘレンド展」以前に入館したのはいつ
だったろう? と調べてみたらば、2007年6月
3日(日)に訪ねたきりでしたねえ。
 【過去記事】 東洋陶磁美術館
道路を挟んで位置する大阪市中央公会堂
(=中之島公会堂)における岩本栄之助
同様、安宅栄一の晩節を思えば、複雑な気分
を抱え込まざるを得ないのですが、人がどうあれ、“”は残っています(人より長く)。
「ヘレンド展」と併せて開かれていた平常展では、国宝2点、「飛青磁花生」と
油滴天目茶碗」を拝見することが出来て眼福。また緑釉壺など、川端康成先生の
旧蔵品がしれっとした顔で混じっていて、ちょっと、血圧が上がってしまいました。
人間の生を超えたところに“美”を求める覚悟、それが末期の眼だったのでしょうか? 
せっかく近場に在るのだから、小まめに足を運び、もっと日常使いしたい美術館です。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 陶磁器 小説

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示