日本磁器発祥(1)

ヘレンド窯の色鮮やかな東洋風の花鳥文、「ヴィクトリア」文に顕著ですが、
必ずしもヘレンド窯だけがそうであった訳ではなく、マイセンウィーンなど、
他のヨーロッパの名窯からして、東洋磁器に様々な技術やモチーフの着想を
得ていた時代がありました。或る時代までのヨーロッパは、磁器の高度な
製造技法を持ち合わせておらず、王侯貴族の間では、中国の景徳鎮など、
東洋の薄手で硬い白磁器が珍重されていたという時代背景が在ります。
       ☆
1659年、ヨーロッパ人が伊万里焼に注目し始めます。それまで中国から得ていた景徳鎮のやきものが中国の鎖国政策で入手しづらくなり、日本との交易を許されていたオランダが伊万里焼を輸出しようと注文をしてきたのです。大量消費の時代を迎えて伊万里焼は、ヨーロッパ向けの「柿右衛門様式」ものと国内向けの「古九谷様式」に分かれます。ヨーロッパに輸出された柿右衛門様式は1720年代にドイツのマイセン窯で再現され ヨーロッパに白磁の文化を根付かせるきっかけとなりました。

参考文献:『器の教科書 完全版』(宝島社)
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 陶磁器

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示