fc2ブログ

京の旧邸の美(1)

2018_09_21_旧邸御室 昨年の「京の夏の旅」に味を占めて、今年も
 参加してしまいましたよ。京都定期観光バスの
 特別コース、第43回「京の夏の旅」です。
 今回は午後の半日コースで。テーマは「京の
 旧邸の美を訪ねて
」。何故、半日かというと、
 訪問できる建築物の数が今年は限られていた
 せいかもしれません。ちょっと、寂しいですね。
 ただ、その分、バスは満席となっていました。
 ぼくの参加したのは9月21日(金)。偶然か、
何なのか、バス・ガイド嬢も見覚えある人。12時半に京都駅を出発したのであります。
       ☆
最初の訪問先が「旧邸御室(おむろ)」。双ヶ岡(ならびがおか)の北側に在る和風邸宅。
邸宅の南側は、双ヶ岡を借景とした日本庭園、茶室「双庵」から御室の山を眺望
できるといった趣向。その茶室や主屋、壁、土蔵、茶室御待合所が有形文化財に
登録されているようです。庭木の緑を反映する花梨製のテーブル“庭鏡”や、
三保の松原を思わせる欄間飾りの富士山など、細かな見所も多々あります。
昭和12年建築、設計者は不詳ですが、酒呑みには看過できない情報も有り。
旧邸御室は、現オーナーの父、「山三製材所」社長の山本三夫が購入したそう
ですが、当時(昭和44年)の所有者が4代目・阿部喜兵衛……祖父に当たる
2代目阿部喜兵衛こそ、あの竹鶴政孝をスコットランドに送り出し、ジャパニーズ
・ウイスキーの誕生をお膳立てした人ではありませんか! そんな歴史に思いを
馳せながら、和菓子とよく冷えたグリーン・ティーを頂きまして、次の目的地へ。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築ウイスキー

いのちの塔

大阪市の「花博記念公園 鶴見緑地」に建つ展望塔は、2018_09_14_いのちの塔
平成2年(1990)4月1日開幕の「国際花と緑の博覧会
(=花の万博)のシンボル・タワーとして建設されました。
当時のパビリオン名は「生命の大樹・いのちの塔」。
その名(の一部)が残り、現在もなお、「いのちの塔」と
呼ばれています。鉄筋コンクリート造り/鉄骨造りで、
高さ90m、塔体の直径9m。設計は川崎清……他の
作品としては、「京都市勧業館」(=みやこめっせ)が
有名かなあ。画像の撮影日は9月14日でした。「咲くや
この花館
」を出た帰り、展望室に上がろうか、などと
夢見ていたのですが、2010年3月31日から、展望塔は
営業が休止されていたそうです。迂闊にも、確認不足。
ぼくが最後に登ったのはいつになるのでしょうか……
2003年から2007年の間に複数回、展望室に上がったかと思うのですが。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

桂りょうば

過日の「桂あおば 桂三度 二人会」にて開口一番を務めた
桂りょうばが、「喜楽館」前で入場前の行列の整理などを
行っていたところ、どこかで見た顔だなあ、と思い当たります。
高座に上がっての枕によって、桂ざこばの弟子であり、
まだ若造の桂あおばが兄弟子に当たると聞かされました。
あおばもやりづらいとぼやいていたのですけれども、
43歳時に入門して、現在46歳……新人としては、随分と
高齢の部類ではあります。直接、語りもしなかったのですが、
後から調べると、故・桂枝雀の長男ではありませんか。
ということは、前田一知でもある訳で、小演劇好きのぼくは
笑殺軍団リリパットアーミー」時代の前田(十代~二十代)を
ビデオなどで幾度となく目に留めていたことになるのでした。
その後も、演芸関係のイベント等で舞台に上がっている彼を
観てきていたはずでして、ちょっと、振り返ってみても、
2014年7月22日、「らも噺の会」(in 天満天神繁昌亭)の
トーク・ショーで松尾貴史らを相手に、司会をこなしていました。
長く、曲がりくねった道の末、噺家になっていたのですねえ。
芸の肥やしは十分だろうから、巻き返しに期待していますよ。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語演劇

プーシキン

2018_09_18_国立国際美術館 9月18日(火)、「国立国際美術館」まで「プーシキン
 美術館展
」を観に出掛けました。祝日の翌日でしたが、
 開館していることは確認済み。「エルミタージュ美術館
 と並ぶロシアの二大美術館のひとつです。セルゲイ・
 シチューキンやイワン・モロゾフなど、個人コレクターの
 収集品から形成され、近代フランス絵画の珠玉が揃って
 いるそうです……それだけ聞いても、何、それ?と、
 焦点が合わない気がして、そもそも、美術館名の基たる
 プーシキンが、どうもそぐわない気がするのですよねえ。
 ともあれ、散漫とした印象を払拭するべく、今回は同館が
 所蔵する17~20世紀の風景画65点の展覧が行われて
 いました。個々の作品は悪くないですよ。副題に「旅する
フランス風景画
」と掲げてあるように、描かれた時代および場所を軸にして、フランス
近代風景画の流れを見せようと努めていまして、学芸員さんらの力技です。それでも
“風景画”というぼんやりとした括りで、印象派の大家らの作品を一同に並べるのは
正直、しんどいなあ、と感じざるを得ず。百花繚乱というより、総花的な展覧会に
見えました。若き日のモネの「草上の昼食」も清新ではあれ、サイド・ストーリーの
観が強く……いっそ、風景画という縛りを離れ、廃墟の画家、ユベール・ロベール
「水に囲まれた神殿」、「ついに開いた牢屋から(春の祭日)」に目を遊ばせたり、
単なる橋好きとして、アルベール・マルケの「パリのサン=ミシェル橋」、「冬のパリ、
サン=ミシェル橋の眺め」に目を細めたりしている方が、愉しいですよ。
よく言えば、親しみやすく、誰でもどれかしら自分好みの作品に出会えるはずですし
(逆を言えば、これ!という決め手に欠けているような もやもや感を覚えるとはいえ)。
       ☆
地下3階から地下2階に上がると、「コレクション1:2014→1890」も開催中で、
どこかしらで目に触れたことのある作品と再会できて、ちょっと、懐かしかったです。
吉原治良山田正亮森村泰昌先生のほか、マン・レイ、ピカソ、セザンヌ……etc.

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

青菜サゲ

前週の「二人会」では、桂三度も2席を務めた訳ですけれど、
中入り前の1席が「宿題」で、桂三枝(6代・桂文枝)作の創作落語。
がっちりと客席を沸かせて、中入り後に披歴したネタが古典落語「青菜」。
何というか、ちゃんと古典落語も勉強していますから、といった
エクスキューズを感じなくもないですが、しっかりと面白かったです。
ただ、もう少しだけ、ペースを落として語ってくれてもよかったかも。
サゲが元々苦しくはある噺ですから、古典落語を知らない人には
説明が要るかもしれません。――植木屋にお酒を振る舞う主人が、
青菜を出すよう、妻に申し付けますが、生憎、切らしてしまっていたため、
妻の返答が「鞍馬から牛若丸が出でまして、その名も九郎判官
(くろうほうがん)」。察した主人が「義経にしておけ」と答える流れでして、
これは「名も九郎」=「菜も食らう」、つまり、青菜は食べてしまって無い
と訴えた妻に、仕方が無い、「義経」=「良し」としておこうと主人の心配り。
上品な遣り取りに感じ入った植木屋も、自分の家で真似しようとするのですが、
汗まみれの妻が「鞍馬から牛若丸が出でまして、その名も九郎判官義経
と最後まで言い切ってしまう。困ってしまった植木屋は「弁慶にしておけ」。
「義経」を先に言われてしまったので、義経とセットの「弁慶」を苦し紛れに出す
訳ですが、“弁慶の立ち往生”という慣用句を現代人ならば思い浮かべるでしょう。
また、昔は「弁慶」に、人のお供をしておごられるという意味合いもあったらしく、
その辺りのニュアンスも重ねてのサゲだったのかしら。以上、野暮なネタばれでした。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語

万福ざる

大阪市北区の地下街、ホワイティうめだ(=通称2018_09_13_「信州庵」
「梅地下」)はノースモールやイーストモールに分かれて
おり、ノースモール1でよく利用する蕎麦屋が「風流
田舎そば
」で、イーストモール扇町でよく立ち寄るのが
信州庵」なのでした。以前、気になっていた「初夏の
万福ざる」なるメニューがありましたが、もう夏も終わり
……でも、心配要りません。現在は「秋の万福ざる」を
注文できるのですから。天ぷらが付いて、お蕎麦が
食べ放題。コスト・パフォーマンスは抜群で、お値段
変わらずの980円。初夏だの、秋だのといった変化は
天ぷらの中身でしょうか? その日(9月13日)は、海老、
マイタケ、サツマイモ、ナスでした。1回で蕎麦2枚を頼み、
4回お代わりしましたよ。5人前、10人前? よくわかりませんが、
単品で注文する蕎麦より、味や香りが落ちるような気がしたのは
気のせいですかねぇ。とにかく、お腹いっぱい、蕎麦を食べたいという
欲求は間違いなく満たしてくれます。次はどこかで、わんこ蕎麦を食したいなぁ。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 蕎麦

炭や吟蔵

2018_09_14_炭や吟蔵 位置付けとしては、焼き鳥屋さんになるの
 でしょうか? 「虫を食べる植物展」を観に
 行った帰り、大阪メトロ・京橋駅で途中下車。
 国道1号沿いに在る日本酒と炭火焼きの
 お店ですが、おばんざい(創作料理風)が絶妙。
 べたな立ち呑み屋も良いですが、昼日中から
 旨いアテと酒を愉しめれば、気分は上々。
 古民家を改装したと思しき「炭や吟蔵」で
 酔いどれましたよ。“さつま知覧どり”使用の
料理も美味しいですけど、何も考えずに頼んだ「おまかせ8種盛り」が、どれもこれも
一捻りされていて、舌鼓を打たされ、さらに 山うに豆腐、もっちり豆腐……と、豆腐
メニューも抜かり無し。呑んだくれにお薦めなのは、18時まで限定の日本酒飲み比べ
セット。日本地図を見ながら、全国征服したくなりますよ。その日、嗜んだのは「山形
正宗
」「ばくれん」「上喜元」(いずれも山形)、「鳳凰美田」(栃木)、「菊鷹」(愛知)、
磯自慢」「高砂」(共に静岡)、「車坂」(和歌山)、「三光 蛇形」(岡山)、「宝剣
(広島)、「るみ子の酒」(三重)、「播州一献」(兵庫)……連日15時から営業中。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む豆腐

食虫植物展

9月14日(金)、大阪市鶴見区の「花博記念公園2018_09_14_咲くやこの花館
鶴見緑地」へ赴きました。「咲くやこの花館」で
開催中の「虫を食べる植物展」を観賞しに行った
ところ、台風の被害は同館にも及んでおり、一部、
観て回れないルートが生じていましたよ。そのせいか
どうかは知りませんが、夏休みが終わっていることも
あり、かなり閑散とした館内でした。特別展を観る
という高揚感も無く、熱帯花木室~熱帯雨林植物室
~ロータス・ガーデン~乾燥地植物室~高山植物室
~極地植物室などを一周しました。ヒマラヤの青いケシ
Meconopsis)が印象的だったかなあ。砂漠に植生
する キソウテンガイの奇妙奇天烈な生態も好きです。
しかし、ネペンテス(=ウツボカズラ)がうら枯れていたりする様
などを目にすると、何とも物悲しくて、夏は終わっていたのだなあ、と。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 樹木

夫婦ぎょうざ

2018_09_12_夫婦ぎょうざ 神戸・新開地は「喜楽館」がオープンする以前から、
 地元の友人に引っ張り回されて、割と馴染みのある
 土地柄だったりする訳ですが、訪れると入りたくなる
 お店が「夫婦ぎょうざ」。昭和29年(1954)の創業。
 先代は確かに夫婦で、壁に写真も掲げてありますが、
 現在の2代目はもう1人の男性と黙々と餃子を拵えて
 います。日式の餃子ではなく、中国の“鍋貼児”と
 言われると、なるほどと納得するかも。もっちりとした
 餃子の皮自体が味わい深く、生パスタの愉しみ方に
 似ているとも思います。カウンター席のみで、餃子
 以外だと、ビールを呑むしかない硬派な店作り。
 1人前(10個)500円、1.5人前(15個)750円かな。
ビールで喉を潤しつつ、ニンニク醤油や味噌だれを調合しながら、年季の入った
マシンを使って店主が餃子の皮の生地を延ばすのを眺めているのが、至福の時。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

あおば/三度(再掲含む)

2018_09_12_喜楽館 連日の落語会です。9月12日(水)は、神戸市・新開地の
 「喜楽館」まで足を延ばしました。喜楽館自体は再訪と
 なります。19時開演の「桂あおば 桂三度 二人会」。
 開口一番を務めた桂りょうばのことで、いろいろと
 感じさせられるところがあるも、その件はまた後日……。
 桂あおばはまだ若手。ぼくは、2014年8月27日の
 「第15回 鯛の学校」(in 太融寺)、2015年2月17日の
 「佐ん吉大一番」(in 天満天神繁昌亭)で、本当に
 駆け出しの頃に聴いています。絶望的に下手くそで、
 現在も以前より話せはしますが、噺が駄目だよなあ。
 イケメンだし、阿呆の子みたいな可愛さはあるのです
 が、芸の鍛錬をおざなりにして、キャラに逃げるというか、
(腐女子の)客に媚びる方向性はいけないと思いますよ。桂三度が物凄かっただけに、
厳しい感想ですけれども。三度は、元「ジャリズム」のボケ・渡辺あつむ、あるいは
ピン芸人“世界のナベアツ”でして、放送作家で凌いでいたことからもわかるように、
バランスが良いし、構成力が見事です。落語もどんどん上手くなっていくでしょうね。
ところで、あおばは師匠の桂ざこばを、三度も自分の師匠の桂文枝(=三枝)をネタに
していたのですが、互いの存在には一言も触れず……“二人会”と銘打っているにも
関わらず。大人の事情なのか、仲が悪いのか、何なのか、今回最大のミステリー。
演目は以下のとおり。
       ☆
桂りょうば「子ほめ」
桂あおば「宮戸川」
桂三度「宿題」
 中入り
桂三度「青菜」
 あおば「景清」

続きを読む

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN