fc2ブログ

★ 2019年2月に読んだ本 ★

初世吉田玉男・山川静夫『文楽の男 初世吉田玉男の世界』(淡交社)
桐竹勘十郎『一日に一字学べば……』(コミニケ出版)
 ……虚を突かれたのが、3世・桐竹勘十郎が子供の頃からの漫画好きで、
 「日本漫画家協会」にも所属していたこと。見る目が変わってしまいました。
富岡多惠子[編]『大阪文学名作選』(講談社文芸文庫)
 ……収録作は以下のとおり。小野十三郎は当然、取り上げていますねえ。
 阪田寛夫「わが町(抄)」
 野坂昭如「浣腸とマリア」
 河野多惠子「みち潮」
 庄野潤三「相客」
 山崎豊子「船場狂い」
 織田作之助「木の都」
 小野十三郎「大阪(抄)」
 武田麟太郎「井原西鶴」
 宇野浩二「子の来歴」
 折口信夫「身毒丸」
 川端康成「十六歳の日記」
乙部順子『小松左京さんと日本沈没 秘書物語』(産経新聞出版)
尾嵜彰廣『女殺油地獄ガイド』(講談社)
二代目吉田玉男『文楽をゆく』(小学館)
 ……写真は青木信二。2代目を襲名する前は、“吉田玉女”でした。
桐竹勘十郎 吉田玉女『文楽へようこそ』(小学館)
 ……2人は同期の人形遣い。年齢は上ですが、吉田和生も同期となります。
 なお、豊竹咲寿太夫も、“絵師”であることが判明いたしました!
丸屋九兵衛『丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER』
 (スペースシャワーネットワーク)
原島広至『大阪今昔散歩』(中経出版)
 ……図書館で見かけたのですが、手元に持っておくべき!と早速購入しましたよ。
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

ポケッ撮り君

過日、落語会に出掛けた折、携帯電話が鳴らないように
バッテリーを取り外しました。いろいろとこじらせてしまい、
今でもぼくは、「京セラ」のガラケー「W63K」(カメラ付き)を
愛用しているのですが、どうやら取り外しの際に、画像保存用の
microSDカードまで落ちてしまい、その後、装着し直してみるも、
認識してくれないのですねえ。最初は携帯電話との接触部分の
機械・電気的故障かな、と思ったのですが、自宅のPCで調べると
microSDカード自体の不具合の可能性が高そう。ガラケーだけに、
使えるメモリー・カードに容量制限があり、中途半端にも最大で
1GBですから、「Amazon」で取扱業者を探し回りましたよ。
海外発送で、到着までに時間を要するのは織りこみ済み。一方、
トイカメラも欲しいなあ、と思いつつ、自宅に旧タイプのコンパクト・
デジタル・カメラが2機ほどあるし……ただ、手軽に持ち歩きたくて、
引っ張り出してきたのが、超小型DVR「ポケッ撮り君」(IC-C02)
なのでした。ボイス・レコーダー代わりに、5~7年前に入手したか
と思われます。でもね、小型化を推し進めたあまり、ボタン類が
省略され過ぎて、操作が覚えづらいの。元々、盗撮盗聴なども
念頭に置いていた商品らしく、機器本体を見ての操作は眼中に無く。
どこがどう写って(映って)いるか、全く勘がつかめません。さらに、
久しぶりの登場なので、PCと連携するUSBケーブルが見当たらず。
差込口が小型バーコード・リーダーと同じサイズだったので、
問題無いかと思いきや、端子の形状が微妙に異なっていました。
mini USB Mini-B ではなく、mini USB Mini-A の方でしたか
……早いところ、microSDカードが配達されてくることを祈っています。

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

tag : モバイル

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN