FC2ブログ

★ 2019年10月に読んだ本 ★

千足伸行『もっと知りたい世紀末ウィーンの美術』(東京美術)
 ……副題に「クリムト、シーレらが活躍した黄金と退廃の帝都」。
 「ウィーン・モダン」展で、ぴんと来なかった内容理解の切っ掛けになりました。
編者=生きた建築ミュージアム大阪実行委員会
 『生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 公式ガイドブック』
  (生きた建築ミュージアム大阪実行委員会)

木丸みさき『わたしの舞台は舞台裏~大衆演劇裏方日記』(KADOKAWA)
山川静夫『山川静夫の文楽思い出ばなし』(岩波書店)
戸田学『随筆 上方落語四天王の継承者たち』(岩波書店)
 ……桂吉朝に丸々費やされた一節は、コピーを取っていますよ。
三宅正弘『神戸とお好み焼き』(神戸新聞総合出版センター)……にくてん
田辺青蛙『魂追い』(角川ホラー文庫)
田辺青蛙『皐月鬼』(角川ホラー文庫)
黒川博行『燻り』(角川文庫)
『映画秘宝 11月号』(洋泉社)……保存版20ページ「歴代ジョーカー
 完全クロニクル!!
」を見て買いました。映画も素晴らしかったですし。
高階秀爾『世紀末芸術』(ちくま学芸文庫)……世紀末芸術は当然ながら、
 ラファエル前派、はたまた、ニーチェの理解まで深まってしまいました。
ラフカディオ・ハーン『心』(岩波文庫)……11月の「二人の読書会」テクスト。
高橋正鶴『大阪ブタ箱物語』(彩図社)
太田雄三『ラフカディオ・ハーン』(岩波新書)……或る意味、反面教師。
 ハーバート・スペンサーに心酔しての、我田引水的な傾倒ぶりが頂けない。
木村一八『父・横山やすし伝説』(宝島社)
ポー『黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集Ⅰ ゴシック編―』(新潮文庫)
 ……10月の「二人の読書会」テクスト。また、全編読み直したくなりました。
ローランス・デ・カール『ラファエル前派』(青土社)……監修は高階秀爾
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

OMM屋上スカイガーデン

2019_10_26_「OMM」屋上から 今年の「生きた建築ミュージアム
 フェスティバル大阪
」=通称「イケ
 フェス大阪
」、英語名称「OPEN
 HOUSE OSAKA 2019
」は、10月
 26~27日の開催期間でして、叶う
 ものならば、両日とも、魅惑的な
 建築物件を観て回りたかったところ、
 落語会プロレス観戦の予定が
 詰まっていて、無理なスケジュール。
文化の秋ですねえ。それでも、悪足掻きをして、10月26日(土)は「島之内寄席」の
後、大阪市・上本町「ハイハイタウン」1Fの「串まつ屋」で、ホルモンの串焼きを
アテに軽く呑むと、大阪メトロ・谷町線で、谷町九丁目から天満橋に移動しました。
OMM」の屋上スカイガーデン西側が17~20時の間、特別公開(通常は東側のみ)
されていたのです。天満橋は本来、京阪電車の始発駅。昭和38年(1963)4月、
京阪電車が淀屋橋へ乗り入れるに伴い、天満橋駅は地下に移転。出現した広大な
スペースに、「大阪マーチャンダイズ・マート」ビルが建設されることになりました。
竹中工務店により、1969年竣工ですから、今年で開館50周年。当時は、OMMが
西日本で最も高いビル(78m)だったそうです。22階が回転展望レストラン「ジャンボ
でしたが、現在は日本料理「樂待庵」……回転しません。21階の西スカイガーデン
からの眺めが、上の画像。ガラスに映り込んだ照明灯が邪魔ではあるけれど、大川に
架かるライト・アップされた「天神橋」が綺麗です。また、ビルの隙間に、観覧車らしき
物体がぼんやりと浮かび、「天保山大観覧車」なのか、方角的に合っているのか、
確信は持てないながらも、どきどきさせられました。いつか、確かめに行くぞ~! 

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築 呑む

大星由良助を語る

2019_10_30_大星由良助 10月30日(水)18時半、「TORII HALL」に赴き、
 上方文化講座大星由良助を語る」を聴いて
 きました。今年、3回に分けて上演されている
 「仮名手本忠臣蔵」全段の残り八~十一段目が
 11月2日から始まる「11月文楽公演」にて完結
 するので、その前哨戦(?)という意味合いかな。
 ゲストに、4月・11月公演の大星由良助を遣う
 吉田玉男(二代目)と、早稲田大学の児玉竜一
 教授。過去の名演をDVDで観つつ、人形遣いの
 視点から、由良助の気持ち良さや難しさ、また、
 11月公演の見所も語っていただきました。児玉
 教授の進行ぶりが際立っていて、人形を持って
 いないと落ち着かない玉男師匠を巧くリードして
 くれたように感じます。本来一日公演であるべき
 通し公演ですが、3回に分けたことで、時間的に
余裕が出来て、十段目は従来のような省略をしない等、メリットもあるそうです。
最後に、大星由良助の人形を手にした途端、それまでシャイな風情だった玉男
師匠が、急に生き生きと喋り出す様がキュート。本公演への期待が高まります。
       ☆
ところで、「上方ビル」(大阪市中央区千日前1丁目7−11)の4Fに入っている
トリイホール」、来年3月に閉館するそうです。昔、小演劇を観にきたことも
ありましたが、30年近い歴史を持っていた模様。元々が千日山「弘昌寺」の
物件であり、来春からホールは同寺の本堂として生まれ変わるようで……
お寺さんならば、また、足を運び入れる機会があるかなぁ、と考えたりもして。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 講座 文楽

ポー=建築文学

屋外へ出てみると、路面こそ濡れていましたが、雨は2019_10_29_「カンテ・グランデ」中津本店
やんでいました。大阪市・中津まで歩くと、「カンテ・
グランデ
中津本店へ入り、遅い昼食を取りました。
10月からメニューが変わってしまい、お気に入りだった
チャパティ・ピザやチャイ・パフェが無くなっていて残念。
10月の「二人の読書会」のテクストは、ぼくにとっても
古典中の古典、小学生の頃から何度も繰り返し、読み
耽ってきたエドガー・アラン・ポーの短編です。
なるべく新味を、と新訳を選び、新潮文庫の巽孝之・訳。
ゴシック編/ミステリ編/SF&ファンタジー編の計3冊
が出ていまして、今回はゴシック編。青木淳の説く
建築文学”観に洗脳されたつもりもないけれど、
10月のテクストに収録された6編が全て建築文学で
あったことに驚愕! 「黒猫」における地下室の漆喰壁
~煉瓦とモルタル、「赤き死の仮面」の舞踏会場となる
7つの部屋、「ライジーア」における英国の荒地の僧院
~改築された屋敷の花嫁の部屋、「落とし穴と振り子」の
変形する地下牢、「ウィリアム・ウィルソン」における
エリザベス朝風の屋敷、そして、屋敷その物が主人公
としか言いようのない「アッシャー家の崩壊」ですから。
年老いて、建築に惹かれ出したのではなく、幼年期から
ぼくの建築趣味の萌芽が用意されていたように思えます。

参考文献:ポー『黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集I ゴシック編―』(新潮文庫)

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 建築 カレー

なにわ八百八橋物語

10月25日は、夕刻から落語会(天神寄席)を予定していたのですが、
日中から忙しかったのです。10時から、大阪駅前第2ビル5階の
「総合生涯学習センター」第1研修室で、講座「なにわ八百八橋物語」を
聴きました。副題に「橋に見る大阪の再発見」。本当は毎年でも参加
したいところですが、なかなか抽選に当たらなくてねえ。前回、当選したのが
2014年11月12日(水)だったので、5年ぶり。以前は、OCATビル4階の
「難波市民学習センター」講堂でしたけれど、梅田なので便は良いです。
大阪市建設局道路部橋梁課の方(おそらく、寺田昌弘氏)から聴講します。
職掌柄、技術的なことは詳しいようですが、歴史的なことは共に学びつつある
途上でしょうか。大阪の橋の特徴は、幕府直轄の公儀橋が12橋にとどまり、
町衆が自発的に架けた町橋の数が大半であったこと。なお、「808」は誇張
表現で、実際の橋の数は200前後といわれています。2017年4月時点で、
大阪市管理の認定橋が762、国管理やその他の管理する橋を含めて、
大阪市内には881橋が架かっているそうです。橋の基本的な種類、
形式・各部名称など、良い復習になります。たまたま、ぼくの座席の隣に、
「千歳橋」、(神戸市ですが)「神戸大橋」、「ポートピア大橋」の模型を
削り出した檜材で制作した吉川重光氏が座っておられて、恐縮しました。
講座は正午まで。間を空けて、14時から中之島周辺の橋の現地見学です。
空模様が非常に気に懸かります。大阪市役所南玄関前を出発し、
淀屋橋」、「大江橋」、「水晶橋」、「船入橋」、「鉾流橋」、「栴檀木橋」、
難波橋」、「ばらぞの橋」、「葭屋橋」、「天満橋」、「新天満橋」を見学予定。
(改めて、観察し直した上記の橋々については、後日、折に触れ、紹介しますね)

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 講座

BLOODY HALLOWEEN

2019_10_27_平野区民ホール 10月27日(日)13時に試合開始、
 プロレスリング「FREEDOMS」の
 大阪・平野区民ホール大会となる
 「BLOODY HALLOWEEN 2019
 を観戦してきました。葛西純
 プロデュース興行。いまだに「大日本
 プロレス
」時代の若手のイメージが
 抜けていなかったりするのですけど、
 団体の長(?)を務めるほどになり、
時代は移り変わっていきます……インディペント団体は嫌いでないし、特に目当ての
選手がいなくとも、雰囲気を楽しめれば、と考えていました。最大の眼目は、地方の
区民ホールのような会場で、ハードコアなデス・マッチは可能なのか?という興味
本位でして、結論から先に言えば、見事にやってのけてくれました(次はどうなるか、
わかりませんけど)。ぼくの記憶している選手(つまり、ベテラン)は、ドレイク森松
吹本賢児HUBマンモス佐々木といったところだったでしょうか。金属バットや
ラダー、パイプ椅子、有刺鉄線ボードが、リング内外を飛び交い、蛍光灯が派手に
ぱんぱん、弾けていました。女子の山下りな選手も(あ、ドレイクも女子です!)、
健気に流血試合をこなしていましたが、あれはやられる山下より、手を下す葛西=
クレイジー・モンキーの方が勇気あるなぁ……と肝を冷やしつつ。凄惨極まりない
試合ばかりという訳でもなく、前半のタッグ・マッチでは笑いも取り、バランス良く。
       ☆
(試合結果は、公式発表を待ちます)

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : プロレス

島之内寄席

前夜のトリは、笑福亭福笑でしたけれども、この日のトリも福笑。
10月26日(土)13時半、「銭屋ホール」で開催された「島之内寄席
10月席のお話です。まず、会場名に馴染みがなくて、最寄りの駅は
大阪メトロ・谷町九丁目か、近鉄・上本町駅なので、大体、わかりそう
とはいえ……「新歌舞伎座」(昔の「近鉄劇場」跡地)の南側の通りを
東進したところに在る「銭屋本舗」(大阪市天王寺区石ヶ辻町14-2)
南館の6Fでした。到着時は、入り口前からの行列が角を曲がっている
状態で、向かいの「木村屋」で購入した総菜パンをかじりながら、
エレベーターへの誘導を待っていました。「島之内寄席」という落語会は、
昭和47年(1972)から続く上方落語の会となり、会場を替えながらも、
計1200公演を突破しようという歴史を誇ります。今回、足を運んだ動機は
10月席のテーマが、「上方落語台本島之内選」だったから。
上方落語台本大賞」の過去応募作品から演者が選んだ作品を
舞台にかけるという趣向です。のっけから全員参加のトーク
「噺家のやりたくなる台本とは!?」で、緊張感。月亭天使が予想外に
理論家で、ちょっと、興味を引かれました。桂三風が紹介したエピソードで、
新作落語をやるにしても古典が大事、と戒めたという福笑師匠は流石。
仲入りまでの3人はネタおろしとなりましたが、笑福亭智丸は変に初々しく、
天使の台本と同様、福笑が新作落語に対して注意を要すると指摘していた
“落語”と非落語の差異のニュアンスについて、考えさせられました。
同じ話芸でも、落語と漫才・コントとの違いは、どこに表れるのか? と。
元の台本(擬古典)の差か、芸歴の違いか、桂枝女太は純然たる落語。
そうそう。小堀裕之は、2丁拳銃の向かって左側の人です。
当日のプログラムは以下のとおり。
       ☆
 トーク「噺家のやりたくなる台本とは!?」
 笑福亭智丸「ボクの小学校(横井正幸・作)」
 月亭天使「喫茶『こそあ堂』(井口守・作)」
 桂枝女太「百一文(広島哲也・作)」
  仲入り
 桂三風「ハンカチ(小堀裕之・作)」
 笑福亭福笑「蓮の池クリニック(新澤公康・作)」

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語

けったいな親子

2019_10_25_天満天神繁昌亭 毎月25日は“天神の縁日”でして、
 大阪天満宮の境内の地を借りている
 「天満天神繁昌亭」では、同宮に
 謝意を込め、“天神寄席”と銘打った
 テーマ落語会を開催しています。11月
 25日(金)のテーマは「けったいな
 親子
」。ゲストに、『老父よ、帰れ』を
 上梓した作家の久坂部羊を迎えて、
 18時半からの開演となっていました。
       ☆
午前中から、別件の講座や現地見学で奔走していたのですが、頃合いを見計らって、
大阪天満宮へ向かいました。昼過ぎまで、降雨に見舞われた境内には、馬の蹄の
跡が残されていましたねえ。同日、流鏑馬神事が行われていたようです。
餃々」の餃子を摘まんで軽く呑み、「中村屋」のコロッケを頬張りながら、繁昌亭へ。
落語会を仕切っているのは、上方落語協会番組編成委員長の桂春若でなく、実質、
大阪大学招聘教授の高島幸次先生です。ぼけ役も上手く、安心させられます。
或る意味、ノルマとして課せられた観も無きにしもあらずの、テーマ落語会に対して、
独り、笑福亭たまが気を吐いていた印象。妙にぎらぎらとした迫力を感じましたよ。
       ☆
 月亭遊真「親子酒」
 笑福亭たま「近日息子」
 笑福亭伯枝「佐々木裁き」
 桂米二「親子茶屋」
  中入り
 鼎談「親ほど厄介なモノはない」=桂春若/久坂部羊/高島幸次
 笑福亭福笑「桃太郎」

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語 呑む

堂島ビルヂング

大阪市・中之島に架かる「大江橋2019_10_23_堂島ビルヂング
北詰近くに建っている、見た目は現代
建築の「堂島ビルヂング」――ですが、
実は100周年も間近の近代建築物件
と、『島民』 秋号 Vol.131(2019 9/1)
で知りました……あれ? “月刊”の
文字が無くなっているなぁ。ともあれ、
同ビルは大正12年(1923)の竣工。
大正8年公布の市街地建築物法による
百尺規制”ぎりぎりの高さで建てられた
大阪で初めてのビルだったそうです。
堂ビルを設立したのは、橋本喜造(1872~1947)。
当時は「東の丸ビル、西の堂ビル」と称されたほどであり、
小出楢重らの絵画のモチーフともされました。
鉄骨ではなく、鉄筋コンクリート造り。昭和35年(1960)と
平成11年(1999)の2度の大改修の結果、ネオ・ルネサンス様式から
モダニズム建築への過渡期を思わせる外貌は消え失せていますが、
面白いのは御堂筋に面していない側ですね。矩形とはならず、敷地は
カーブを描いています。そもそもは「堂島」も中之島同様に“島”であり、
堂島川と蜆川に挟まれた堂島の東端に、堂ビルの土地が在った次第。
ガラス幕壁に覆われたファサードより、裏道を通る方が、ぼくの気分かも。
       ☆
「島民」の発行元、140B も現在は堂ビルに入居していますか。
その昔、バックナンバーを貰いに行った時は、「ダイビル」に編集部があった
と記憶しますけれど……「中之島ダイビル」、それとも、「ダイビル本館」? 
時期的にも、旧「ダイビル」(2009年取り壊し)のはずが、1階の印象が薄くて。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

「堂島大橋改良事業」現場見学会

2019_10_23_堂島大橋改良事業_1 10月23日(水)15時から実施された
 「堂島大橋改良事業」現場見学会に
 参加したのです。定員30名。今年は
 旧・都市計画法が制定されて、また、
 大阪市区改正設計(大阪の本格的な
 近代都市計画)が決定された大正8年
 (1919)から100周年を迎えました。
 その都市計画100周年を記念して、
 本年度の「生きた建築ミュージアム
フェスティバル大阪2019
」(=通称「イケフェス」)に、ビルと限らず、都市インフラ
なども公開される運びとなったのです。2019年の「イケフェス」の要申込プログラムに
ついて、ぼくは3~4件に応募していたところ、抽選に当たったのは「堂島大橋改良
事業」のみ。外れた分は縁が無かったと諦め、「堂島大橋」と慣れ親しみますよ。
(週末には、別のイベントで、また中之島の橋を見学)
       ☆2019_10_23_堂島大橋改良事業_2
最寄りの駅は、京阪・中之島線の終点・中之島駅。
南詰から工事中の堂島大橋の仮歩道を渡って、現場
事務所に入ると、まず座学。大阪市建設局道路部
橋梁課の寺田昌弘氏にお話しいただきました。歴史から
入ってくれるのがうれしく、旧・蜆川に架かっていたという
堂島小橋」に夢を膨らませ、さて、昭和2年(1927)に
完成した現・堂島大橋は、イタリアン・ロマネスク様式の
ラーメン橋台を有する下路アーチ橋ですが、90年を経て
老朽化が著しく、地盤沈下の影響も加わり、桁下空間が
低くなってしまい、舟運にも差し支えるといったことから、
通行止めを行い、本格的な改良事業が決定されました。
その際、大阪市の土木分野で初の総合評価落札方式
高度技術提案型)が採用
されたとのこと。請負業者は
エム・エム ブリッジ。価格面だけでなく、技術面からも
最適案を選定したのです。歴史的・文化的な価値を継承すべく、
比較的健全だった下部工橋台と上部工アーチ部材を残しつつ、
床版(しょうばん)床組(ゆかぐみ)を全面的に取り換えるという、
全国的にも例の無い工事……大阪市、やれば出来るやん!
かつ、歩行者や自転車、あるいは舟運航路も止めない――
橋を使う人たちのことを思い、歴史的な面影も可能な限り、
残そうとする姿勢に感激です。工事は平成29年3月7日から開始。
下流側の施工は終わり、現在は上流側の施工中。高欄の復旧等は
これからですねえ。親柱や柱飾塔がどう復元されるか?に興味は尽きず。
アーチ主構部の応力改善のためには、アーチ支承部のジャッキ・アップ、
支承ピンの取り換えを行ったそうで、画像は現在しか見ることが出来ない
支承(の一部)です。石と鉄との組み合わせ……見るほどに惚れ惚れとします。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに、考える人のふりをする。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN