fc2ブログ

身代矢受地蔵尊

2020_01_21_身代矢受地蔵尊 初春文楽公演」第2部の終演が20時頃で、しばらく
 ミナミを徘徊。「ビックカメラ」なんば店の南西、旧「精華
 小学校」跡地横、老舗の洋食屋「重亭」の前に在るのが
 「身代矢受地蔵尊」(大阪市中央区難波3丁目2−35)
 です。祠(ほこら)の上にさらに屋根が架かっているのは、
 身投げ死体の直撃を防ぐため……というのは悪い冗談。
 銅板上の「御地蔵尊御出現の由来」を転記します。
        ☆
 北御堂に安置されてありました当身代矢受地蔵尊
 は 宝栄(1707年)に島の内に住む大問屋の主人
 鴻池善右衛門さんがその生涯に於いて 徳を積まれ
 仏の如く慕われ 又 数々の施しをなされました事に
 対し その徳を忍んで当時の名工(作者不明)により
 面影をそのまま刻まれて 慈愛あふれる御尊顔と
 なりました。又 霊験あらたかにして 信仰する者は
幸福を授けられましたので 永く祭られて参りました。ところが 天明(1782年)
飢饉と火災より 御堂は焼失するも 御尊体は奇跡的に無事に安置されており
ました。後年 町内のある婦人の夢に現われた地蔵尊が水を欲しいと告げられ
たので 花の筒に水を入れられた処 その後 水の絶えた事の無い地蔵尊の
霊験に打たれ 以後 今日まで来ました事を伝え聞き 昭和二十七年 南盛会の
有志の方々が相寄り 子供達の健やかな成長と家内安全を願い この地に
御安置する事に成りました。

       ☆
(文章自体は平明なようで)なかなかに、悩ましい説明文です。
宝永年間であれば、鴻池善右衛門は鴻池家の最盛期を築いた
3代・宗利(1667~1736)に当たります。上方落語にもよく登場。
その顔を写した地蔵尊が当初、北御堂(=本願寺津村別院)に
設置されていた模様ですが、その後、天明の大飢饉はともかく、
天明年間に北御堂は火事に遭っているのか? 北御堂の焼けた
大坂大火は享保9年(1724)です……それとも、後代の別の火災を
仄めかしているのかな? また、地蔵尊は焼け出されて、北御堂から
別の土地に既に移っていたのか? それとも、「町内のある婦人」の
遺志を受け、昭和27年(1952)、北御堂から現在地に譲り受けたのか? 
天明と昭和の間に、思い切り、省略が加えられているのですかねえ。 
昭和20年(1945)の大阪大空襲により、津村別院も全焼しましたから。
その時点で、焼け残っていた(或いは既に移されていた)地蔵尊が、
中央区難波3丁目に安置されることが決定した、と読むのが、最も
あり得そうなパターンか、と。しかしながら、そもそもが「御出現
についての由来であって、何故、“身代矢受”地蔵尊なのか、一切
説明は無し。何故、ここに在るのかを口籠もり、それが何者であるかに
ついては触れず。善右衛門さんが誰かの身代わりに矢を受けたのか? 

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像史跡

めで鯛2部

1月21日(火)、「初春文楽公演」第2部を鑑賞しました。
16時からの開演の前には、たこ焼き「えびす」で“文楽セット”。
たこ焼き6個にドリンク1杯ですが、以前の1コインから値上げ?! 
それはともかく、まずは「加賀見山旧(こきょうの)錦絵」から。
昨年の通し公演「仮名手本忠臣蔵」に比して、加賀見山は
女忠臣蔵”と呼ばれているそうです。病欠の豊竹呂勢太夫に
代わって、豊竹靖太夫が岩藤を務めていました。局(つぼね)岩藤が
(金持ちとはいえ)町人出身の中老 尾上を罵倒した挙げ句、草履で
打ち据える草履打(ぞうりうち)の段で、まず10分休憩。人形遣いは
尾上が吉田和生、岩藤が吉田玉男。玉男さんは、憎まれ役も
クールにこなします。続いて、廊下の段/長局(ながつぼね)の段
/奥庭の段――尾上の召使い、お初が登場し、桐竹勘十郎が
遣っています。(段は違えど)同じ演目で3人が揃い、得した気分。
長局の段の前を語った竹本千歳太夫が、全身を使っての熱演
でした。その奥で出てきた竹本織太夫は、絶対の安心感を与えて
くれます。何でしょうねえ。奥庭の段は、靖太夫と野澤錦糸のコンビ。
勧善懲悪の慌ただしいハッピー・エンドを経て、25分休憩。
忙しなくなりますが、今回も「えびす亭」(たこ焼き店の系列)に赴き、
三色丼(牛/豚/鶏)を頂きました。「明烏(あけがらす)六花(ゆきの)
山名屋の段は、豊竹呂太夫が緩急、硬軟使い分け、聴き惚れます。
浦里/時次郎に、みどりが絡みます。亭主 勘兵衛、遣り手おかやの
責め場など、伊藤晴雨ならば、大喜びする絵面です。人形浄瑠璃の
本当の魅惑は、そういった極所に存すると睨んでいるのですが、
国やら文部科学省やら、大っぴらに推奨できる類のことではないし。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

爛れた記憶

初春文楽公演」第1部 を聴きに行った後、大阪メトロを2020_01_18_吉永小百合
乗り継いで(このところ、駅スタンプも集められておらず)、
いつの間にやら、京橋駅に下り立っていました。昨夏から
ふらりと迷い込む呑み屋があって、顔を覚えられています。
(個人情報に触れざるを得ない)貧しい会話を交わす必要
なく、ぼーっとしていれば、無問題。気が向けば、小説やら
芝居やらの話をしますけど。先代の相棒とともに、2019年
Qualendar」のデータも消え、裏は取れないのですが、
7月13日、9月15日、12月14日に続いての入店だったか
と思われます。店内片隅の壁に貼られているカレンダーが
吉永小百合。特に興味も何も無いので、ぼんやりと眺めて
いた訳ですが、後にお店の人から、阪神・淡路大震災
(平成7年1月17日)の年、1995年から張り替えていない
と聞かされてしまい、時間が止まっている、ぼくの周りでは
歴史が膠着する、という強迫観念を覚えるようになりました。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : 呑むつぶやき

桜はり鍋

2020_01_17_馬肉専門店「虎桜」 以前食した“桜鍋”の場合、居酒屋で
 供される1メニューに過ぎなかった点が
 心残りでした。「ほうらい寄席」からの
 帰るさ、大阪メトロ・御堂筋線に乗り、
 西中島南方で下車して、馬肉専門店
 「虎桜」(大阪市淀川区西中島3-17-
 10、新大阪第2南ビル3F)を訪れたの
 です。開店早々から押しかけたので、
 申し訳ないような気がしながらも、馬肉
コロッケ、生春巻き、馬刺し盛り合わせを賞味。熊本牧場直卸の新鮮馬肉は、生でこそ
真価を発揮するようです。食前酒に「くまんばち」を呑んだ後は、「黒白波」をお代わり
していました。メインは、“桜はり鍋”。桜鍋を“はりはり鍋”風に、ということでしょうか。
赤味・バラ系の肉も問題は無いのですが、やはり、桜しゃぶしゃぶを予約すべきだった
かもしれません。「鍋プログラム(26)」……“桜鍋”編の個人的な課題が残されました。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

めで鯛1部

1月18日(土)、大阪メトロ・堺筋線で2020_01_18_国立文楽劇場
日本橋の「国立文楽劇場」へ向かい、
11時開演の「初春文楽公演」第1部を
鑑賞しました。「国立文楽劇場 友の
」に入って初の観劇でして、いつも
横目で見ていた劇場内の(味気無い)
自動発券機を使用することとなり、
個人的には、窓口のお姉さんを介した
チケット購入の方が良いのだがなぁ。
初春の舞台上部には、恒例のにらみ鯛と、
干支「」の書かれた大凧。揮毫は高津宮宮司・
小谷真功氏。おめでたい演目が次々と掛かります。
       ☆
七福神宝の入舩(いりふね)」では三味線に加え、琴、胡弓も奏される中、
七福神がそれぞれの芸を披露。布袋の腹鼓、福禄寿の角兵衛獅子が
ユーモラス。釣り竿を持った恵比寿(=えべっさん)の番になると、
ヱビスビール」まで出てきて、良い感じでつなぎ、一旦閉幕後、20分休憩。
さて、竹本津駒太夫 改め 六代目竹本錣(しころ)太夫の襲名披露とともに
傾城反魂香」土佐将監閑居の段。近松門左衛門の作で、通称「吃又
(どもまた)」ですが、浮世又平こと土佐光起が実在の日本画家であることを
ぼくはしばらく思い出せなくて……現在から400年ほどに生まれた“土佐家
中興の祖”でしたね。又平の筆勢は石をも抜けて、裏にも同時に描かれる
というイリュージョン(……双眼鏡を使わないと視認困難でしたけれども)。
又平の人形遣いは桐竹勘十郎、その弟弟子・修理之介(光澄)を
吉田玉勢が遣っていました。30分休憩となり、「えびす亭」のカルビ丼を
食しに、外出しています。席に戻って、「曲輪(くるわ)文章※」吉田屋の段。
 ※正確には、「文」+「章」で1字です。
藤屋伊左衛門を豊竹咲太夫、夕霧を竹本織太夫が語っていました。
人形は伊左衛門を吉田玉男、夕霧を吉田和生……そして、(吉田屋
喜左衛門の)女房おきさを吉田簑助! 何を遣おうが、ただそこにいるだけで、
舞台の空気が変わります。どんな役柄でも、しっかり目に焼き付けておこう、と。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

サゲの問題

2020_01_17_「蓬莱湯」 1月17日(金)、阪神電車に乗って、
 尼崎センタープール前までお出掛け。
 15時から第29回「ほうらい寄席」の
 開演です。本当はもう少し早めに
 到着して、駅の北西に在るはずの
 近代建築物件、旧「大庄村役場」を
 チェックしたかったのですが、時間が
 押していて、今回は諦めました。
 銭湯「蓬莱湯」へ急ぎ足で舞い戻り、
何とか着席。まだ“お正月”ということか、手土産に地サイダーの小瓶を頂きました。
「河田商店」(京都市)の「ちょこさいだー」でした。今回も会場はほぼ満席で何より。
桂佐ん吉さんは、1月4日しか休日が無いと嬉しい悲鳴を上げておりました。トークの
後、佐ん吉は手堅く「子ほめ」。ネタ自体の問題になるのですけれど、江戸落語、上方
落語を問わず、もっと切れのある「子ほめ」のサゲは無いですかねえ? 桂吉の丞
これまで聴いたネタの中では、一番しっくりと来た「素人浄瑠璃」。下手な義太夫節を
唸って疎んじられている旦那が、誰も聴きに来てくれずに、拗ねる様が抱腹絶倒。
(長屋の店子には豆腐屋もいて、法事の揚げや飛龍頭作りで忙しいと断りますよ)
要は「寝床」のサゲまで行かずに端折った形でして、桂枝雀の創出したスタイルです。
誰かが書いていたように思うのですが、落語のサゲは噺全体の出来を決定するような
大層なものではない。ここで噺は終わりますよ、というマーカーみたいなものだから、
纏綿たる人情噺がしょうもない地口で終わっても、それはそれ。目くじら立てて咎める
客もいない訳で、ならば、取り繕ったサゲなんか、いっそ省いてしまっても構わないでは
ないかという考え(もしかすると、枝雀の「素人浄瑠璃」も同発想?!)も有りとなります。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語豆腐

春の帯解寺

 かねての予定どおり、母子は月修寺へ暇(いとま)乞いに行き、そこで一泊してから、東京へかえるのである。二人は十一月十八日の午(ひる)さがり、桜井線帯解(おびとけ)の駅に下り立った。まことに美しい小春日和で、黙っている娘を憚(はばか)りながらも、伯爵夫人の心は和んだ。
 老尼を煩
(わずら)わさぬために、着く時刻は知らせてなかったので、駅の人にたのんで俥(くるま)を呼んでもらったが、俥はなかなか来なかった。待つあいだ、夫人は何を見るにつけても物めずらしく、娘は一等待合室に残して物思いに耽るに委(まか)せ、人気のない駅の周辺をそぞろ歩いた。
 すぐ目についた立札は、近くの帯解寺の案内であったが、
「日本最古安産求子祈願霊場。
 文徳
(もんとく)・清和両帝、染殿(そめどの)皇后勅願所。
 帯解子安地蔵、子安山帯解寺」
 とある文字が聡子の目にふれないでよかったとまず思った。

       ☆
三島由紀夫『春の雪 ―豊饒の海・第1巻―』の終盤、
綾倉聡子が母と身を隠す「月修寺」の所在地が、奈良市は
帯解寺」の辺りという設定。4年ほど前に訪ねたことがあり、
懐かしくなりました。月修寺という名称では存在しませんが、
モデルとなったのが“大和三門跡”の一つ、「圓照寺」です。
本尊は木造如意輪観音像。基本的に拝観は無理ですねえ。

参考文献:三島由紀夫『豊饒の海(一) 春の雪』(新潮文庫)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説

蓼喰う文楽(2)

谷崎潤一郎の“人形浄瑠璃”観をコンパクトにまとめた随筆
として、「いわゆる痴呆の芸術について」があるとすれば、
人形浄瑠璃を具体的な小説作品の中で取り上げたものが
『蓼喰う虫』と言えるでしょう。学生時代に一読した頃、
人形文楽に関する描写は、小説の枝葉末節、装飾に類した
部分と見なしていたかもしれず、己の不明を恥じ入る次第。
       ☆
 成るほど、人形浄瑠璃というものは妾(めかけ)の傍で酒を飲みながら見るもんだな。―――要はみんなが黙り込んでしまったあと、ひとりそんなことを考えながら仕様ことなしに舞台の上の「河庄」の場(in「心中天網島」)へ、ほんのりと微醺(びくん)を帯びた眼を向けていた。普通の猪口(ちょく)よりやや大ぶりな杯に一杯傾けたのが利いて来て、少しちらちらするせいか、舞台がずっと遠いところにあるように感ぜられ、人形の顔や衣裳の柄を見定めるのに骨が折れる。彼はじいっと瞳を凝らして、上手に座っている小春を眺めた。治兵衛の顔にも能の面に似た一種の味わいはあるけれども、立って動いている人形は、長い胴の下に両脚がぶらんぶらんしているのが見馴れない者には親しみにくく、何もしないでうつむいている小春の姿が一番うつくしい。不釣合いに太い着物の袘(ふき)が、すわっていながら膝の前へ垂れているのが不自然であるが、それは間もなく忘れられた。
       ☆
通り一遍の近代西欧文学に染まってしまうと、小説=“人間”ドラマ
などという一面的な思い込みに陥ってしまいがちなのですけれども、
おそらくは、「人間」という言葉におけるスパンが違う。“個性”を持っている
といわれる人間と、類型表現でしかなあり得い“仮面”や“人形”も、そう
大して違っている訳ではない、そういったパースペクティヴが成立するし、
むしろ、仮面や人形こそが(永遠に)“人間”を表象する物として残る。
       ☆
「僕には義太夫は分らないが、小春の形はいいですな」
 ―――半分ひとりごとのように云ったのが、お久には聞えた筈だけれど、誰も合い槌を打つ者もない。視力をはっきりさせるために要はたびたび眼
(ま)ばたきをしたが、一としきり身の内のぬくまった酔いがだんだん醒めて来るにつれて、小春の顔が次第に刻明な輪廓を取って映った。彼女は左の手を内ぶところへ、右の手を火鉢にかざしながら、襟の間へ頤を落して物思いに沈んだ姿のまま、もうさっきから可なりの時間をじっと身動きもしないのである。それを根気よく視つめていると、人形使いもしまいには眼に入らなくなって、小春は今や文五郎の手に抱かれているフェアリーではなく、しっかり畳に腰を据えて生きていた。だがそれにしても、俳優が扮する感じとも違う。梅幸や福助のはいくら巧くても「梅幸だな」「福助だな」と云う気がするのに、この小春は純粋に小春以外の何者でもない。俳優のような表情のないのが物足りないと云えば云うものの、思うに昔の遊里の女は芝居でやるような著しい喜怒哀楽を色に出しはしなかったであろう。元禄の時代に生きていた小春は恐らく「人形のような女」であったろう。事実はそうでないとしても、兎(と)に角(かく)浄瑠璃を聴きに来る人たちの夢みる小春は梅幸や福助のそれではなくて、この人形の姿である。昔の人の理想とする美人は、容易に個性をあらわさない、慎しみ深い女であったのに違いないから、この人形でいい訳なので、これ以上に特長があっては寧ろ妨げになるかも知れない。昔の人は小春も梅川(in「冥途の飛脚」)も三勝もおしゅん(in「近頃河原の達引」)も皆同じ顔に考えていたかも知れない。つまりこの人形の小春こそ日本人の伝統の中にある「永遠女性」のおもかげではないのか。

参考文献:谷崎潤一郎『蓼喰う虫』(新潮文庫)
      
『谷崎潤一郎随筆集』(岩波文庫)

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説文楽

江川三郎八

1月14日(火)、「グランフロント大阪」南館タワーA12階の
LIXILギャラリー」へ赴きました。時折、建築関連でも
注目必至の展示が行われるので、重宝しているのです。
今回の「“江川式”擬洋風建築」は、2月18日までの開催。
サブ・タイトルが「江川三郎八がつくった岡山・福島の風景」。
江川三郎八(1860~1939)は会津藩(現・福島県会津若松市)
出身の建築技師で、宮大工として修行した後、福島と岡山の
両県にて、“江川式建築”と称される大型木造建築を手掛けました。
元・宮大工とあって、1間(=6尺)を基本とする設計思想ながらも、
橋梁工事を担当していた経歴から、トラス構造を援用してきます。
外部の意匠には、マンサード屋根やハーフティンバー風が目立ち、
近代日本の風景をつくり上げた洋風建築に、ほっこりさせられます。
年譜を眺めていると、一時期、伊東忠太にも学んでいた模様。
遷喬尋常小学校本館」(岡山県真庭市)の撮り下ろし写真や古写真、
旭東尋常小学校附属幼稚園舎」(岡山市)の構造模型などは
いつまでも見飽きることがなくて……嗚呼、岡山に行きたくなりましたよ。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

新世界稲荷神社

大阪市の“新世界”では、謎の物件が2020_01_10_新世界稲荷神社
多々見受けられますが、「新世界稲荷
神社
」(大阪市浪速区恵美須東1丁目
16)もその一つ。明治45年(1912)7月
3日に誕生した新世界と合わせて創建
された模様。京都市の伏見稲荷大社
から勧請されたといいますが、石柱や
扁額には「福永大神」の文字が見られ
ます。大阪駅前第1ビルの「正一位
福永稲荷大明神
」などを考え合わせれば、
“福永大神”も稲荷神なのだろうと思われますが、
経緯がよくわかりません。元々は初代・通天閣の
近くに在ったといわれていますが、詳細は未確認。
境内には、「九郎兵衛明神」(未詳)が併祀され、
石盤のルーレット型のおみくじも設けられています。

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN