fc2ブログ

★ 2020年1月に読んだ本 ★

『エクセル便利技一覧』(アントレックス)
谷崎潤一郎『蓼喰う虫』(新潮文庫)
 ……マイ・クラシック。1月の「二人の読書会」テクスト。
『角川 短歌 12月号 2019』(角川文化振興財団)
高橋源一郎『動物記』(河出書房新社)
三島由紀夫『豊饒の海(一) 春の海』(新潮文庫)
町山智浩『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』(太田出版)
根本敬・湯浅学『ドントパスミーバイ』(河出書房新社)……その昔、“特殊漫画家
 根本敬は楽しく読ませてもらったから。また、根本の師匠である湯村輝彦が、
 ソウル・ミュージック好きであることから、時に油断できないネタもあってねぇ。
 「幻の名盤解放」やら、山田花子やら、村崎百郎やら、いろいろ懐かしくなります。
 何故、生き延びたのか、生き延びてしまっているのか? 何をやるのか? 
『第157回=開場35周年記念 文楽公演 令和2年1月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
『文楽床本集 国立文楽劇場 令和2年1月』(独立行政法人日本芸術文化振興会)
『“江川式”擬洋風建築』(LIXIL出版)
『市中に山居をつくる』(中之島香雪美術館)
三島由紀夫『豊饒の海(二) 奔馬』(新潮文庫)
丸谷才一『女ざかり』(文藝春秋)
黒岩重吾『背徳のメス』(新潮文庫)
吉田杉明『イラスト六法 わかりやすい交通事故』(自由国民社)……山川直人・絵。
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

勤しむ。

1月末日(金)、大阪市・南森町の「一天」で、軽く腹拵え。
ドリンク2杯とアテ2品で800円のセットがあり、“せんべろ
基準をクリアしています。焼きそばで締め、「ツギハギ荘」へ。
19時からの落語会「しん吉、勤しむ。」を聴きに行ったのです。
桂しん吉は吉朝の弟子の一人。今年に入って2回目の遭遇。
鉄ちゃんばかりの客層ということもないでしょうが、男性客が
多めに感じられました。最初の噺は、ぎりぎり間に合ったか?! 
初天神」。天満人のぼくとしては、何とも、心地良いネタです。
そう言えば、最後に凧揚げをしたのは、いつになるのだろう…
…米朝師匠は、上方落語の伝統を重んじて、凧を「イカ
として演じていたそうですが、現代では「凧(たこ)」でないと
通じませんねえ。続く鉄道新作落語はネタおろしだったか、
演目のタイトルは不明。出張することになった3人が、新幹線の
指定席をめぐって……という設定ですが、サゲの長距離バスに
文鹿さんを思い出してしまいました。中入りを経て、中島らも
創作落語「牛乳時代」。落語より何より、らもの思い出話が
面白くて……そもそも、ぼくの落語の入り口が、小劇場 ⇒
中島らも ⇒ 劇団「笑殺軍団リリパットアーミー」 ⇒ 桂吉朝

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語呑む演劇

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN