fc2ブログ

★ 2021年2月に読んだ本 ★

カミュ/サルトル他『革命か反抗か―カミュ=サルトル論争―』(新潮文庫)
 ……再読。最初に読んだのは、高校生時代。論争は不毛なだけと切なく思う。
開高健『日本三文オペラ』(新潮文庫)
 ……記憶はぼんやりしていたのだけれど、2009年8月11日にも読んでいた模様。
 再読になります。ネタとして面白がるだけで、感銘を受けた訳ではないのかな。
 最初から既視感しかない世界観の展開。2月の「二人の読書会」のテクスト。
半藤一利『歴史と戦争』(幻冬舎新書)……半藤一利は、夏目漱石が義祖父に
 当たるということだけで記憶していたのですが、「文藝春秋」出身のジャーナリスト。
 坂口安吾から探偵趣味を学んだか。昭和5年(1930)生まれで、今年1月12日没。
編・解説 半藤一利『なぜ必敗の戦争を始めたのか』(文春新書)
 ……副題に「陸軍エリート将校反省会議」。旧陸軍軍人から成る「偕行社」の月刊
 機関誌「偕行」に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」を一冊にまとめた物。
監修・小和田哲男『大人が知らない最新日本史の教科書』(宝島社)
カミュ『転落・追放と王国』(新潮文庫)
 ……「転落」はドストエフスキーの『地下生活者の手記』の影響が色濃いですね。
 「追放と王国」は、「不貞」、「背教者」、「啞者」、「客」、「ヨナ」、「生い出ずる石」の
 6編から成ります。教科書的には、「客」の完成度が推奨されるでしょう。芸術家
 小説として「ヨナ」も良し。ぼくの趣味的には、「背教者」が一推しですけれども。
辻良樹『関西鉄道考古学探見』(JTBパブリッシング)
田辺聖子『大阪弁ちゃらんぽらん』(中公文庫)……3月の「二人の読書会」テクスト。
原武史『「民都」大阪対「帝都」東京』(講談社学術文庫)……副題に「思想としての
 関西私鉄」とありまして、ややこしい関西私鉄の歴史も概観できるので、非常に
 助かります。抽象的な思想・哲学に偏することなく、“物件”にもこだわっていこう。
『端模様夢路門松 木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」パンフレット』(ロームシアター京都)
『人形浄瑠璃文楽 床本集』(ロームシアター京都)……上記の演目を所収。
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

水路閣

2021_02_27_水路閣_1
2021_02_27_水路閣_2
2021_02_27_水路閣_3
 とことん、貧乏性ではあります。単に、人形
 浄瑠璃
を聴きに京都へ行く。割り切ればよい
 だけのものを、せっかくだからと詰め込む
 スケジュール。JR京都駅に間近い京都市
 下水道局本庁舎
を訪ね、マンホールカード
 を入手。さらに、別デザインのカードを求めて、
 蹴上の「琵琶湖疏水記念館」を目指すの
 でした。岡崎まで近場ではあるし、開演時刻
 まで間もあるし……ところが、蹴上は、橋やら
 近代建築やらの宝庫でもありまして、嬉しい
 悲鳴を上げたくなります。本当に困りました。
 琵琶湖疏水を琵琶湖(大津)から鴨川まで
 踏破したくなって、うずうず。とは言うものの、
 まずは、「南禅寺 水路閣」でしょう。何度
 観ても、惚れ惚れします。明治21年(1888)、
 疏水分線に水を通すために造られた高架
 水道橋。田邉朔郎(1861~1944)の設計で
 全長93.17m、幅4.06m。赤煉瓦のアーチが
 無数のドラマを連想させてくれます。アーチ橋
 というだけでなく、橋脚自体にもアーチ構造を
 採用している点が、物語の増幅作用を高めて
 いるように思われ。橋脚にアーチが穿たれた
 かのようで……「ローマ水道(橋)」のアーチは
 サイズを違えながらも、同一方向にしか眺め
 られなかった記憶がありますしね。因みに、
 水路閣の煉瓦は“イギリス積み”と確認済み。
 上部の疏水の流れも味わい深かったです。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN