FC2ブログ

★ 2021年3月に読んだ本 ★

半藤一利『歴史探偵 忘れ残りの記』(文春新書)
『琵琶湖疏水の歴史散策』(近代京都の礎を観る会)……2018年度改訂版。
 「琵琶湖疏水記念館」で購入。山科疏水のお花見でも活躍してくれました。
『地図で読む京都・岡崎年代史』(京都岡崎魅力づくり推進協議会)
 ……改名前の「京都市立美術館」で購入。ずっと寝かせていたけれど、ようやく
 読む機会が訪れました。岡崎公園は、大阪市における天王寺公園なのだな。
松村博『京の橋ものがたり』(松籟社)
田辺聖子『大阪弁おもしろ草子』(中公文庫)……マイ・クラシック。『大阪弁
 ちゃらんぽらん』に続けて読みましたが、最初に読んだのは学生時代でしたか。
松村博『八百八橋物語』(松籟社)
竹本住大夫『人間、やっぱり情でんなぁ』(文春文庫)……聞き書き・樋渡優子。
 “文楽の鬼”と呼ばれた7代目・竹本住太夫(1924~2018)の最後の言葉。
 ぼくが文楽を聴き始めた時期には、既に現役から引退していたのですけれども。
『新潮古典文学アルバム19 近松門左衛門』(新潮社)……編集・執筆が原道生
 (明治大学)、エッセイが橋本治。5年前の講座で紹介されていた参考文献。
 近松は“情”だけで読み解こうとすると、躓きます。ごつごつとしたロジックが
 近松の真骨頂で、その理詰めの構築を詞章の底から汲み取らなければ。
 何も触れないこと、周辺から語ることで、核心部分を浮かび上がらせる器量。
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

蓮如と山科

山科疏水沿いは、昭和48年(1973)3月31日に
散策路(公園?!)として整備され、「東山自然緑地
と呼ばれています。その安祥寺~日ノ岡間の物件に
ついて記す前に、の橋について、書き残さなければ
……来月、3回に分けて、まとめてアップロード予定。
(山科疏水のコンクリート構造物についても、後日)
現在、読み進めている文庫本の文中、山科に関する
記述が目に留まったので(synchronicity)、引用します。
       ☆
(蓮如)上人が諸国を巡歴していわゆる御坊を建てたり、みずから住まって居た跡を見ると、まず本山は帝都の所在地でもあるから、京都に建てたかったであろうが、そこには山門の因襲的圧迫がなお衰えなかったから、京都には大谷の一向堂や小松谷を残して、別に山科にやや大規模の本山を建立したのであろう(その繁栄京都を凌ぐまでになったのは後の事であるが)。山科は海や大川こそなけれ、陸上の交通としては、京都から東海道へ行くにも、東山道へ行くにも、はたまた北陸道へ行くにも、ここでその咽喉を扼(やく)して居るほどの非常な要害の地であった。そこへ御影(みえ)堂、阿弥陀堂を始め、宏壮なる数多(あまた)の堂宇を建立して、非常に立派な庭座敷を設けながら、その周囲は土壁即ち土居(どい)で廻らし、さらにその外部に壕(ほり)を掘って、さながら城郭を形作った。
(三浦周行「中世の大阪」)

参考文献:三浦周行『大阪と堺』(岩波文庫)

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき 近代建築

山科花見の段

2021_03_30_JR山科駅_地下道_1 たまたま、蹴上周辺で琵琶湖疏水の関連設備を
 いくつか見物した折、疏水沿いに京都市の近代化遺産が
 多々愉しめることを知り、遺構や橋をチェックがてら、
 お花見でもしようかと、3月30日(火)、JR京都線で
 山科駅へ向かうのです。琵琶湖疏水とは、明治23年
 (1890)、水位差を利用して、琵琶湖の水を京都市に
 引いた人工水路の呼称。取水口である滋賀県大津市の
 三保ヶ関をスタートして、疏水第1トンネル洞門までが
 大津運河。“小関越え”の後、藤尾地区を経て(滋賀
 県から京都府内の)山科疏水と呼ばれる区域へ入る
 のでした。JR山科駅は、東海道本線と湖西線が乗り
 入れており、乗り換え可能な京都市営地下鉄や京阪
電車の駅も同名。本来は、京都駅から西がJR
京都線ですから、正確には“琵琶湖線”でしょう2021_03_30_JR山科駅_地下道_2
が、大阪人の感覚からすれば京都線。改札口が
南側にしかなくて、駅前ロータリーの中央には、
枝垂れ桜が咲いていました。山科疏水(琵琶湖
疏水の一部)の在る北側には、(半)地下道…
…を抜けて行かなければなりません。南側は
地平面ですが、北側は階段を上がる構造です。
駅南側の環境が小綺麗に再開発されている中、
レトロな佇まいが、逆に際立って、インパクト有り。
開業時の物件であれば、大正10年(1921)8月1日生まれ。
ところで、山科疏水を知るまで、ぼくにとっての山科は
仮名手本忠臣蔵山科閑居の段のイメージだったのね。

参考文献:『琵琶湖疏水の歴史散策』(近代京都の礎を観る会)

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

猿と乙姫

明治時代の日本で計5回、開催された「内国勧業博覧会」のうち、3回は東京です
が、第4回は明治28年(1895)に京都市の現・岡崎公園で、第5回は明治36年
(1903)に大阪市の現・天王寺公園で開かれており、京都市や大阪市にとっては、
近代都市としての有り様をアピールする好機でもありました。第5回内国勧業博覧
会の第1会場が大阪市・天王寺であって、第2会場として、堺市の「堺水族館」が
設けられています。当時、“世界に誇る東洋一の水族館”と謳われ、水族館の他、
「大浜公会堂」や「大浜潮湯」等が設置された会場の跡地が、現在の「大浜公園」。
       ☆
2021_03_19_乙姫橋_1 昔のイベント会場の跡地というだけで、「大浜
 公園」自体に特に期待していなかった訳です
 けれども、メインゲートから入って、いきなり、
 驚きました。何なんだ、この橋は! ゲート
 至近の案内マップには、堂々と「乙女橋」と
 誤記。正しくは、「乙姫橋」です(橋名板でも
 確認しました)。堺旧港の親水プロムナードに
 復元建設されている「龍女神像」は、元々、
 平和と繁栄のシンボルとして、堺水族館の
前に建てられていた物――“乙姫さん”の愛称で親しまれていたそうで、橋の名前も
その愛称に因んだもの。平仮名交じりで、昭和46年(1971)10月竣工とも刻まれて
いました。以前は、大阪臨海線が「大浜公園」を
南北に分断していたことから、南北地区を跨ぐ2021_03_19_乙姫橋_2
ための歩道橋として造られた模様。平成7年
(1995)9月、大阪臨海線のルートが変更され、
「乙姫橋」だけが取り残された、と……もはや、
トマソン状態ではありませんか。ぼくは往路で
アーチを潜りましたが、復路では、アーチ上路を
渡ることが出来ました。ただ、渡るというだけの
意味しか持たない純粋ブリッジ。それでいいの。
乙姫橋の東詰の先には「猿飼育舎」(やはり、
水族館時代の遺物)が設けられており、アカゲザル
生態を間近で観察できます。誰も関心無さげでしたが。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

汐干橋ほか

2021_03_19_汐干橋 「旧堺燈台」から「宿院頓宮」へ移動する間、
 目に触れた物件について書き記しましょう。
 実際に足を運んでみるまでは、「大浜公園」が
 「旧堺燈台」を取り込んでいるように錯覚して
 いたのですが、結構な距離感があります。
 直行できず、蛇行するようなルートを辿るので、
 余計にそう感じさせられます。阪神高速4号・
 湾岸線の日陰に迷い込み、ダークな心持ちに
 なりかけたところで、気分を上げてくれたのが
波止場につながる歩道橋、「汐干橋」でした。橋長191mですから、渡り甲斐もあり
まして、堺旧港沿いのプロムナード(遊歩道)だけでなく、「汐干橋」から燈台に回り
込むルートも整備すればよいのに、と切望(関係者も痛感しているでしょうけれど)。
       ☆
旧堺燈台からは、沿岸のプロムナードを東進しています。2021_03_19_樺太犬慰霊像
龍女神像」を対岸に眺めながら、「大浜公園」を再訪し、
乙姫橋」を再チェック(後述)。同園内では、例の岩田
千虎
(かずとら)の制作による「樺太犬慰霊像」も鑑賞
できるのです。昭和33年(1958)7月に岩田から寄贈
されたコンクリート像を復元したブロンズ像は、南極地域
観測隊の第1次越冬隊(昭和32年2月15日~同33年
2月11日)に協力した15頭の樺太犬の霊を慰めるために
設置された物件。「大浜公園」を立ち去ると、北上する
中で遭遇した「竪川橋」の下を東側に潜り抜け、再び、
フェニックス通りまで南下。「さかい利晶の杜」をやり
過ごし、堺山之口商店街に在る れすとらん浪花亭
(大阪府堺市堺区大町東2丁1-7)で、ハンバーグと
豚カツのセットを頂きました。同商店街内の近距離に
位置する「開口(あぐち)神社」も拝観していますよ。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 史跡

WantMe2Stay

ノートPCが絶不調につき、「Be-Stock」に代替機を注文。
日中在宅している日がほぼ無いから、引き取りに日数を
要したというのに、1週間以上が経過して今なお、開封すら
出来ていない。残業時間が労働基準法に抵触しないよう
調整しないといけない時期。人数制限の課せられていた
令和3年の「桜の通り抜け」に無事当選できたかと思いきや、
既に予約していた「四月文楽公演」の日時と被ってしまうし
(決済完了後につき、キャンセル付加となるのは決定的)。
何かと業務を手伝ってくれた同僚、Wさんも辞めることになり、
最終出勤日に当たっていた本日、美濃焼(一珍)のカップを
進呈しつつ、貴重な人材が奪われていく環境を呪詛したくなり。
       ☆

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき 陶磁器 黒い音

BARNUM

3月26日(金)、「ACTA西宮」内の「かつ喜」で
はみだしジャンボ・ロースかつ膳をランチに頂き、
兵庫県立芸術文化センター」へ向かいました。
16時から、阪急・中ホールにて、ミュージカル
『BARNUM』の開演です。お芝居はよく観に出掛けます
が、音楽劇は久しぶりでないかしら人形浄瑠璃文楽を除く
胸が高鳴ります。映画 『グレイテスト・ショーマン』 同様、
実在した米国の興行師、Phineas Taylor Barnum
(1810-1891)の半生を描いています。ブロードウェイ
オリジナル・ミュージカルの日本初演(演出:荻田浩一)
であり、音楽はCy Coleman、脚本がMark Bramble。
ぼくの偏愛する“サーカス”(映画や演劇でもサーカスが
舞台とあれば、必ずチェック)の世界も取り上げられ、
木下サーカス」(真剣に就職を検討していた時期有りw)
も特別協力。歌やダンスが無かったにせよ、個人的には
満足できる設定ですし、主役のP.T.バーナムが加藤和樹
……ぼくにとっては、永遠の仮面ライダー ドレイク (in
「仮面ライダー カブト」)だから、終始、ときめきっ放し。
妻のチャイリー・バーナムに朝夏まなと。Wキャストと
されていた2役については、ぼくの観た回のジェニー・リンド
役がフランク莉奈、エイモス・スカダー役は原嘉孝でした。
ジョイス・ヘスとシンガー(ブルースと言うより、ジャズかな)
の2役をこなした中尾ミエは、しっとりと聴かせることで、
華やかで目まぐるしいステージ上の展開に、くっきりとした
補助線を利かせていたように感じられました。誰が誰だか、
名前も記憶できないのですが(顔ではなく、身体で覚える
しかない)、踊りつつ歌う、歌いつつ踊る プロの役者連に
言い知れぬ陶酔感を植え付けられた夕べでしたねえ。

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 演劇 特撮

白夜の兎

2021_03_19_「白夜の兎」 以前、大阪府堺市のフェニックス通りを漫歩
 していた折、着目してはいたのですよ。
 「宿院頓宮」の西に接した「宿院町公園
 に置かれた謎の白兎の群舞像――「宿院
 頓宮」は「住吉大社」の御旅所であり、住吉
 大社の鎮座が、神功皇后年紀11辛(211)
 日とされていることから、シンボルと
 して兎が起用されている訳ですね。画像(3月
 19日撮影分)の彫刻は「白夜の兎」と題され、
獣医にして動物彫刻家・岩田千虎(1893~1965)の指導作品。“指導”とあるのが
ポイントでして、「大浜公園」内の岩田千虎・作「樺太犬慰霊像」とは全く出来栄えが
異なります。アマチュア臭が半端なく、それがまた“味”ではありますけれども……そう
なんですよねぇ。よくよく見れば見るほど、兎ではなく、犬の姿勢を模しているのか。
       ☆
画像背後に写る鳥居は、「飯匙堀(いいがいぼり)」の前に設けられた物。潮干珠
埋められている場所といわれ、どんなに雨が降っても水が溜まらないという伝説
有り。「住吉大社」同様に、海とのつながりが濃厚です。狛犬の造形も独特で
あったり、「兜神社」旧跡が在ったり、宿院頓宮はなかなか侮れないスポットなの。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 史跡

旧堺燈台

2021_03_19_旧堺燈台_2 堺市は古い街だから、何から書き起こせば
 よいものやら、書きあぐねてしまうのです
 けれども、(近世~)近代都市としての堺を
 語るに際して、まずは、堺旧港に触れて
 おかなければならないでしょう。海外貿易
 港として発展した中世の堺港でしたが、
 大和川の付け替えで衰退してしまっていた
 ところ、江戸商人・吉川俵右衛門らが築港・
 修理を行い、堺旧港の原型が出来上がった
ようです。戦後、堺・泉北臨海工業地帯など、周辺の埋め立てが急速に進む中、
“旧港”としか呼びようがない境遇に陥ってしまいましたが……堺旧港が街の発展
と まだ足並みの揃っていた頃、南突堤の西端に「旧堺燈台」は建てられました。
明治10年(1877)の建築で、所在を変えずに現存する木造様式燈台としては日本
最古
。土台の石積みに携わったのは、備前国
出身の石工・継国真吉。建築工事の指揮を2021_03_19_旧堺燈台_1
執ったのは、堺在住の大工・大眉佐太郎
灯部の点灯機器は横浜の燈台寮から購入した
バービエール社(フランス)製で、英国人技師
ビグルストーンが設置したそうです。その後、
従来の役目を終え、昭和43年(1968)に一旦は
消灯。昭和47年(1977)、国の史跡に指定され、
平成19年(2007)には保存修理工事(復原
整備)が行われています。ノスタルジックにして
フォトジェニックな立ち姿で、人気絶大……のはず
が、アクセスが悪過ぎ。「大浜公園」も近距離に位置するというのに、阪神高速4号
・湾岸線を潜らなければならず、迂回路がわかりづらく、プロムナードも整備されて
いながら、何とも、残念な取り扱い。軽佻浮薄な観光地然とした造りも、そぐわない
でしょうが、これはこれで気の毒な気がします。百舌鳥古墳群とセットにして、
堺市を東西に貫いて盛り上げてほしいな。大波止のプロムナードには、旧堺燈台の
説明板とともに、伊東静雄(1906~1953)の歌碑も建ち、「燈臺の光を見つつ」の
詩句が刻まれていました。海を近くに生まれ、港の傍で晩年を過ごした詩人の面影。
       ☆
 くらい海の上に 燈臺の緑のひかりの
 何といふやさしさ
 明滅しつつ 廻轉しつつ
 おれの夜を
 ひと夜 彷徨
(さまよ)
 
 さうしておまへは
 おれの夜に
 いろんな いろんな 意味をあたへる
 嘆きや ねがひや の
 いひ知れぬ-
 
 あゝ 嘆きや ねがひや 何といふやさしさ
 なにもないのに
 おれの夜を
 ひと夜
 燈台の緑のひかりが 彷徨ふ

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築 史跡

豊崎歩道橋

2021_03_23_豊崎歩道橋 点と点を結んで線として、線で囲んで、その
 土地を押さえたかのように、思い做す……
 そんな風に、まるで“釘刺し”でもしている
 かのようにして、ぼくはリアルな地上を把握
 します。大阪市北区の「中津町架道橋」で、
 JR東海道本線貨物支線(梅田貨物線)の
 地下化を観察し、淀川左岸線の工事も着々と
 進んでいたことを思い出し、「豊崎歩道橋
 (画像)を渡りました。冷静に考えれば、何に
架かっているのか、よくわからず。Osaka Metro・御堂筋線の上の構造物なのか。
歩道橋の上は、全体が金網で覆われ、左右には緑色の屋上スペースが連なって
おり、東側の頭上に、新御堂筋が走っています。「豊崎北公園」の煉瓦壁に囲まれ、
妙に格式ある砂場に感心した後、「樋口架道橋」(ねじりまんぽに非ず)を潜って、
本庄公園」の満開の桜を眺めていました。早過ぎて、気持ちが追い付けません。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに、考える人のふりをする。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN