fc2ブログ

達磨寺まで

2021_05_22_達磨寺_雪丸 「達磨寺」には詣でなければなるまい、と数年前の
 落語会の折、心に期していたのであります。今年の
 聖徳太子1400年御遠忌を記念したイベント、
 「聖徳太子を慕う道(太子葬送の道を歩く)」を予約
 し、併せて、「達磨寺」拝観も予定していたのですが、
 中止の知らせを電話で受けていました。イベントが
 中止でも、シフト休を取っていましたから、単独行動。
 JR大和路線に乗って、王寺まで。いつも感覚が狂う
 のですけれども、大和路線は生駒山地と金剛山地の
 間まで南下した後、奈良市まで北上しており、王寺
 (や法隆寺)は、奈良市より南に位置しています。
 奈良市は、奈良県内のよっぽど北に在るのですね。
 JR王寺駅で下車すると、「久度大橋」を渡り、雪丸
 足跡=“雪丸ロード”を辿って行くだけ。「達磨寺」
 (奈良県北葛城郡王寺町本町2丁目1番40号)への
移動もスムーズ。「雪丸」は、聖徳太子が飼っていた犬の名前とされ、王寺町の
マスコット・キャラクターとして活躍しています。ぐるりと大回りして、南側の山門から
入りました。左上画像は、国道168号に面し、雪丸が出迎えてくれる西門です。
       ☆
週末に観光ガイドを行っているガイド
2021_05_22_達磨寺__問答石_達磨石
2021_05_22_達磨寺___問答石_太子石

と思しき初老の男性ら(ぼくには声を
掛けてくれず……)を複雑な気分で
眺めながら、勝手に境内を歩き回り、
本堂にも上がりました。本尊は「木造
千手観音坐像」と、「木造聖徳太子
坐像
」、「木造達磨坐像」。聖徳太子
坐像は建治3年(1277)、院恵、院道
制作。達磨坐像は永享2年(1430)、
足利義教に命じられて、制作された
そうです。そもそも、同寺の縁起は、
太子が飢人(達磨太子の化身)を
助け、埋葬したという『日本書紀』の
伝承によります。太子 meets 達磨
――推古天皇21年(613)、いわゆる
片岡山飢人伝説」です。本堂自体が
「達磨寺3号墳」の上に建っており、
境内の北西に、「達磨寺1号古墳(=
雪丸塚)」、同「2号墳」が在ります。
雪丸塚は約15mの円墳で、横穴式石室がありました。
雪丸塚に在った「雪丸像」は、西門の北側、一夜竹の西側に移されています
(一夜竹の因縁話よりも、ねじくれた藤の幹に息を呑みました)。右の画像2点は、
聖徳太子と達磨大師が出会った時に、互いに歌を詠み交わした場所とされる
問答石」。上が「達磨石」。下が「太子石」と呼ばれています。聖徳太子の時代、
和歌のフォーマットは出来ていなかっただろう、という野暮な突っ込みは無しよ。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像史跡ゆるキャラ

「聖徳太子と法隆寺」他

5月21日(金)、「奈良国立博物館」で開催中の2021_05_21_薬師如来像_クリアファイル&一筆箋
聖徳太子1400年遠忌記念・特別展「聖徳
太子と法隆寺
」を観に出掛けました。夜来の
雨も上がりつつあり、登大路地下道を潜って、
事前予約していた時間帯(13時30分~14時
30分)に入館します。3日前に「法隆寺」を訪問
したばかりですから、予習は万全。本拠地で
拝観できなかった仏像等をじっくり鑑賞しようと
いう魂胆です。西院伽藍の金堂からは、「薬師
如来坐像
」。JR天王寺駅と法隆寺のスタンプ、当日の博物館のスタンプを集めての
プレゼントである一筆箋、また、リーフレットの引換券で先着1,000名が貰えたクリア
ファイルも、薬師如来がデザインされていましたよ(右上画像)。同じく、金堂からは
四天王立像のうち、「広目天」、「多聞天」が来館。「伝六観音像」も勢揃いです。
大好きな「観音菩薩立像夢違観音)」もやって来ていました。夢殿から招聘された
行信僧都坐像」は、日本の肖像彫刻として、あの「鑑真和上坐像」に次いで古い
そうです。しかし、1400年遠忌記念とあれば、主役はやはり、聖霊院の秘仏「聖徳
太子および侍者像
」でしょう。通常は、お会式(太子の命日)にしか開扉されず、
27年ぶりの寺外公開。聖徳太子坐像が、山背大兄王殖栗(えぐり)卒末呂
(そまろ)恵慈(えじ)法師の4坐像を従えています。厨子内で実際に配置されている
卒末呂王と恵慈法師の間の「地蔵菩薩立像」、山背大兄王と殖栗王の間の「如意輪
観音菩薩半跏像
」も展示されており、特に半跏思惟して、肩から胸元を覆う袖付きの
衣を着た如意輪観音は、「四天王寺」救世観音像の写しとされているそうで、興味が
尽きません。ところで、殖栗王といえば、いつも困った顔をしていませんか。Why? 
       ☆
仏像から話は逸れますが、法隆寺献納宝物(東京国立博物館)の「聖徳太子絵伝
(10面)に目を通していますと、聖徳太子と日羅との邂逅シーンも描かれており。
       ☆
2021_05_21_金峯山寺「金剛力士立像」 「奈良博」へ来たらば、必ず、「なら
 仏像館
」も覗いてみましょ。正直、
 「仏像館」だけでも、満腹になる
 くらい、充実していますし。現在は
 「金峯山寺」仁王門の「金剛力士
 立像
」も特別公開されています。
 以前はちゃんと逢えなかったので、
 面会が適って嬉しいのです。延元
 3年(1338)から翌年にかけて、
 康成(こうじょう)の制作。その他、
 「阿閦如来坐像」(西大寺)や、
 “香薬師の右手”(新薬師寺)も
 実見できて、大満足しましたよ。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

続・法隆寺の仏像

“備忘録”として簡単に記すだけと
2021_05_18_法隆寺_西大門
2021_05_18_法隆寺_夢殿

心掛けていても、「法隆寺」相手だと、
なかなか、話が終わりません……
西院伽藍を出ると、鏡池前の聖霊院を
覗きました。主役連は出掛けている
ようです。床の高い綱封蔵の横を通り、
大宝蔵院に移動します。平成10年
(1998)に開館した大宝蔵院の本尊は
百済観音像」ですけれども、実は、
タイプではないのよねえ。良いのは
良いとわかりましても、何か、不穏な
感情を掻き立てられてしまうのが謎。
細身の長身(209.4cm)に威圧感より
疎外感を強く感じさせられてしまって、
いつも怖々と見入っています。偏愛
する白鳳仏「夢違観音像」(分身像)
や、「九面観音像」に逢えるだけでも
感動物。そこに「百済観音像」では、
身が持ちませんし。「阿弥陀三尊像伝橘夫人念持仏)」に癒やしを得るのでした。
玉虫厨子」などは出払っていましたねえ。一旦は、東大門に向かうことにします。
       ☆
個人的に、境内のどこに最も「法隆寺」らしさを感じるかと言えば、東大門と西大門の
間、石畳の一本道です(上の画像は、東大門寄りの位置から西を見遣ったところ)。
東大門を出ますと、夢殿を訪れました。出版社の撮影部隊が堂内を占拠しており、
鑑賞が危ぶまれましたが、逆にライト・アップされて、通常よりも鮮明に、日本最古の
木彫像
救世観音像」を拝むことが出来ました。地味ですが、「道詮律師像」も国宝。
本当に、“国宝疲れ”してしまうなあ。絵殿・舎利殿に足を踏み入れた後、東大門を
再び潜り、途中でスルーした大宝蔵殿(大宝蔵院の“脱け殻”と呼ぶのは失礼)での
聖徳太子1400年御聖諱記念「法隆寺の信仰と宝物」特別展示を覗きに入りました。
文殊菩薩騎獅像」や円空・作「大日如来像」など、これでもかとばかりに広げられ、
お腹いっぱい。嗚呼、蓬莱山形台座が鮮烈な印象を残した「聖徳太子像内納置
観音菩薩像
」は、大宝蔵院の方に陳列されていたかもしれません。時間が押して
きており、西円堂、伝法堂は回れておらず。国宝/秘仏/塑像と3セットのポスト・
カードを入手しています。一枚一枚眺めながら、「奈良国立博物館」にも出向くぞ、と。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

法隆寺の仏像

2021_05_18_法隆寺_大講堂 「法隆寺」の西院伽藍の廻廊に足を踏み入れますと、
 立ち並ぶエンタシスの柱に、伊東忠太のことが頭を
 過るのですが、仏像鑑賞に専念したいと思います。
 廻廊を東に回り込んでから、小走りで金堂に駆け込み
 ました。堂内センターに、「釈迦三尊像」(司馬鞍首
 止利仏師
の制作)。その両側に、毘沙門天立像と
 吉祥天立像。向かって左に「阿弥陀三尊像」が在り、
 (阿弥陀如来像は、康勝が制作)両三尊像の間に
 吉祥天像が立っています。向かって右には、ぽっかり
 と空所が出来、周囲を取り囲んでいるはずの四天王立像
 (制作は山口大口費ら)も、奥の2体が見えません。
 今年は“聖徳太子1400年御遠忌”ですから、「奈良
 国立博物館」に出張しているのだろうと察しました。
 現存する日本最古の四天王像(今回は2体を視認)は、
 邪鬼の姿態も他では見られないタイプで、愉快ですよ。
いずれも背中に持国天、増長天を載せており、持国天の方は牛のような動物の顔。
       ☆
……五重塔に移ってみれば、東西南北2021_05_18_法隆寺_金堂+五重塔
4面の塑像も一部出払っていました。
大講堂の「薬師三尊像」と四天王像も
チェック。この薬師三尊像も国宝にして
優品なのですが、平安仏であるためか、
「法隆寺」においては、影が薄くなって
しまうのが気の毒。他の諸々の仏像が
凄過ぎるんですよねえ。大講堂の北東
隅から外に出て、石段を上り、上御堂の
釈迦三尊像」を鑑賞。こちらも当たり前のように国宝。地方巡業でもすれば、
十二分にメインを張れる大スターすら、片隅に追いやられてしまう「法隆寺」の
とんでもないレベルの高さに、言葉を失い、感覚が麻痺してくるのでした。
 

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像建築

法隆寺まで

2021_05_18_法隆寺_中門_1
2021_05_18_法隆寺_中門_2
 5月18日(火)、JR新大阪駅から
 法隆寺へ向かいました。冷静に
 考えれば(JR大和路線を利用する
 のであれば)、JR大阪駅(環状線)
 からでも問題無いですし。特に、JR
 おおさか東線
(新大阪~放出間は
 2019年3月16日開業)に馴染みが
 薄いため、JR片町線(学研都市線)
 と重複している放出駅で、誤って、
 向かいのホームに入った木津行き
 区間快速に乗り移ってしまい、住道
 から放出に後戻った次第。久宝寺で
 大和路快速に乗り換えて、法隆寺
 まで。駅の自由通路に再現された
 「法隆寺」金堂壁画を眺めた後、
 奈良交通バスに乗って、法隆寺前で
 降車。雨はぽつぽつと降り続けて
 います。参道脇の「松鼓堂 堀本」に
入り、梅味力うどんくずきりを頂きました。ほっこりと落ち着いたところで、南大門を
抜け、西院伽藍を目指します。五重塔と金堂が目に入ります。センターにも柱の建つ
中門の金剛力士像に惚れ惚れすると、西院伽藍を訪い、一般参拝券(西院伽藍・
大宝蔵院・東院伽藍)を手にしました。「法隆寺」(奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
1-1)を最後に訪れてから、16年ほど経っているような気がします。何も変わっていない
と感じるのは、変わっていない面ばかりに目を向けるからでしょうか。ところで、宗派の
違いからか、「四天王寺」では“聖徳太子1400年御聖忌”と謳っていましたけれども、
「法隆寺」では“聖徳太子1400年御遠忌”と表現しています。雨脚が少し強くなり。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像史跡

Brazil

元々予定していた落語会が中止(延期)。
翌日の大阪市「まち歩きガイドボランティア
養成講座
」も開催方法が変更されて(DVD視聴)、
どうしたものやら、と嘆きつつ、「スパイスカレー
まるせ
」でランチ。食後は手持ちのDVDで映画鑑賞。
John Carpenter 監督は、『ニューヨーク1997』
(1981)や『遊星からの物体X』(1982)で楽しませて
もらった記憶が鮮烈で、その後の何を観ても、悪くは
言えません。2001年の『GHOSTS OF MARS』
火星が舞台の西部劇という珍妙な設定だけで、
お腹いっぱい。回想風の枠組みは必要だったのか、
疑問は残りますが、アイス・キューブの扱いがジェイソン
・ステイサムより良かったり、(ゾンビもどきの)火星
先住民族のゴーストの放つ飛び道具が面白かったり。
続けて、カルト映画の名作かな?! Terry Gilliam
監督の『未来世紀ブラジル』(1985)。今、観ても
十分に愉しいです。ハッピー・エンド云々と関係無く、
夢落ちが苦手なので、エンディングはどうかな?と
思うけれども。主人公・サムとヒロイン・ジルが逃亡
できたカットで終わっても、走馬灯のようなものと伝わる
のではないかしら。駄目押しせずとも、観客の判断に
委ねればよいように思います。ロバート・デニーロの演じる
ダクト修理工=テロリスト、タトルが最強。サムライの動きに
何故か、あの“ミカドロイド”を想起してしまい……というか、
作品自体が、Steven Soderbergh 監督の『KAFKA
/迷宮の悪夢』
(1991)や、David Cronenberg
監督の『裸のランチ』(1991)と妙に被るんですよねえ、
ぼくの中で。同時期に観て、刷り込まれているのかなあ。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 映画特撮

聖徳太子は3度鐘を鳴らす

2021_05_15_四天王寺_引導石 「愛染坂」を上がりますと、谷町筋を渡って、「四天王寺
 にも詣でました。特に何という目的がある訳でもなく、
 ふらりと境内を徘徊します。この日は「石鳥居」を潜り、
 境内を回ることにしました。石鳥居は建立当初は木造。
 永仁2年(1294)、忍性律師によって石造(花崗岩)に
 改められたとのこと。「金峯山寺(吉野)銅の鳥居
 「厳島神社(宮島)大鳥居と合わせて、“日本三鳥居
 と呼ばれています。鳥居を入ってすぐ右手に“四天王寺
 四石
”の一つ、「引導石」(左画像)が置かれており、
 葬送時、棺を引導石の前に置き、無常院(北引導鐘堂)
 の鐘を3度鳴らすと、聖徳太子が影向し、亡魂を極楽
 浄土に導くとの伝説有り。先へ進み、右手の「布袋堂」に
 入り、石造布袋尊(=乳布袋)を拝むと、「引導石」と
 「布袋堂」の朱印を頂きました。紫色の集印帳の出番
 です。「石鳥居」のスタンプは納経所で押してもらうこと
となり、「西大門極楽門)」と併せて、該当ページの空白を埋めていただきました。
 

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡仏像

愛染堂 勝鬘院

この日、5月15日(土)、「難波市民学習センター」での2021_05_15_愛染堂勝鬘院_多宝塔
講座「古地図のススメ」に応募していたところ、選外
となりましてねえ。午前中いっぱい、キャンセル空きを
狙っていましたが、諦めました。凝然(ぎょうねん)国師
没後700年
もよいですが、聖徳太子1400年御聖忌
でもありまして、「愛染堂 勝鬘院」(大阪市天王寺区
夕陽丘町5-36)に馳せ参じるのです。元は「四天王寺」
創建時の“施薬院”ですから、中門は4脚の薬医門
だったりします。推古天皇元年(593) に建てられた
多宝塔は、石山合戦にて消失。慶長2年(1597)、
豊臣秀吉によって再建され、大阪市最古の木造建造物
となるようです。金堂(=愛染堂)では、秘仏「愛染明王
坐像
」、「勝鬘夫人弁才天坐像」の他、薬師如来、
歓喜天、十一面観音が祀られていました。上方浮世絵
浪花百景」に描かれた多宝塔を使用した特別朱印
(1,000円)を授かったところで、「天王寺七坂 ご利益いっぱい 歴史も満載
スタンプラリー
」が目に留まって、即座に入手。“天王寺七坂”は昔から大好きで、
勝手に何度も上り下りしたものですけれども、スタンプ帳とは良いアイデアですね。
       ☆
2021_05_15_愛染坂 せっかくのなので、早速、「愛染坂」を
 下り、また上っておきました。下り口に
 「愛染堂」が位置しているのです。坂
 自体は、北側の「大江神社」と南側の
 「星光学園」に挟まれる格好で、石と
 ブロックの壁が左右に切れ目無く
 続き、純粋に坂道を上ること/下ること
 に専念できます。坂の下で出会った
 物怖じしない猫と目礼を交わしました。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像建築史跡

鑑真和上

大阪府同様、京都府でも非常事態2021_05_14_京都国立博物館
宣言が発出(~延長)されていたこと
から、どうなることか、危惧されていた
京都国立博物館」が5月12日(水)
~16日(日)、再開館と決まりました。
まさかのラスト・チャンス。5月14日
(金)、JR新快速で京都を目指します。
市バスに乗って、博物館・三十三間堂
前で下車。凝然国師・没後700年に
おける特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」を鑑賞するのでした。
順路としては、3Fから1Fに下りて観覧するのが常なのですが、
こんなにも空いていて、落ち着いて、展示物と向き合えたのは初。
本当に有り難い時間を得ることが出来、誰に感謝したものかしら。
宗教心に欠けるぼくですから、仏像に喰い付いてしまう訳でして、
ゆっくりと上階からチェックしてきて、最終フロア(1F)に辿り着いた
時の歓喜と言ったら! 国宝「鑑真和上坐像」は「唐招提寺」外で
12年ぶりの出展。展示室では、「弘法大師坐像」(元興寺)と、
善春の「興正菩薩坐像」(西大寺)と一緒でした。興正菩薩(=
叡尊)は以前、それほど感銘を受けていなかったのですが、あちら
こちらで再会を重ねるうちに、親しみが湧いてきたようです。国宝で
ある鑑真和上に、まじまじと見入れるのは展示会ならでは。同じく
唐招提寺からやって来た「伝獅子吼菩薩立像」は、鼻や4本の腕が
欠損しているにも関わらず、妙なフェロモンを発しているようで、胸が
ぞわぞわしました。叡尊や獅子吼菩薩(不空羂索観音との説有り)
と同等に、“国宝”である「五智如来坐像」は、大日如来を中心に
5体勢揃いしている様が圧巻。京都国立博物館で預かっていますが、
実は「安祥寺」所蔵。今春、訪れた山科疏水の近くに在ったお寺で、
不思議な因縁を感じ、ポスト・カードも購入しています。鑑真と縁のある
名宝をたっぷりと味わった後は、「考える人」に挨拶し、「七条大橋
~「七条橋」を渡り、七条通を西進。JR京都駅までの帰路は徒歩です。
       ☆
P.S. 特別展の名目が、凝然国師(1240~1321)没後700年であるのに、
その凝然の肖像画が「凝然大徳像」(東大寺)しか残っていない状況は
何とも締まらないと懸念されたためか、2020年9月26日に開眼法要が
行われたばかりの「凝然国師坐像」も請来されていました。制作は
籔内佐斗司。凝然は、「東大寺」戒壇院や「唐招提寺」の長老を務め、
各宗派の歴史や教学に精通した碩学だった――といわれています。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

北梅田地下道

2021_05_13_梅北地下道_1
2021_05_13_梅北地下道_2
2021_05_13_梅北地下道_3
 昔、「梅田スカイビル」へ遊びに行く
 際によく利用していたので、同ビルの
 開業(1993)と合わせて造られたもの
 と、勝手に独り合点していた「北梅田
 地下道
梅北道路)」ですけれども、
 調べてみると、昭和3年(1928)、
 鉄道省によって建設されていました。
 昭和のやさぐれ感を 密かに好いて
 いたものですが、昭和どころか、大正
 時代にも近い年代物だったとは……。
 往時の全長205mのうち、東側165
 mが閉鎖され(2017年12月19日)、
 現在は40mに短縮されています。
 「うめきた」2期建設予定地に位置して
 おり、東海道支線(梅田貨物線)の
 地下化工事に伴い、残された40mの
 地下道もいずれ姿を消すのだろう
 と、考えれば、「西梅田一番踏切
 同様、矢も盾もたまらず、夜分に画像
 撮影に出向いてしまったのであるよ。
 随分短くなってしまいましたけれども、
 地下道の出入り口近くから見上げる
 「梅田スカイビル」がぼくは好きです。
 関係無いかもしれませんが(例えば、
 JR京都駅)、島式ホームへ行く場合、
 上って下りるより、(地下道を)潜って
 ホームへ上がる方が、ぼくの好み。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN