fc2ブログ

西日本「懐鉄」

2022_05_22_西日本「懐鉄」入場券 前々日(20日)、JR天満駅のホームで、
 「西日本『懐鉄(なつてつ)』入場券」の
 ポスターが目に入ってしまった訳です。
 JR西日本沿線の24駅で、懐かしい
 列車のデザインされた入場券が発売
 (~2023年12月31日)されており、
 24駅の中には大阪駅も入っていると
 あれば、早速、「みどりの窓口」まで
 走りますよね。別件で特急「くろしお」の
チケットも引き取る必要がありましたし。JR大阪駅で発売中の「懐鉄」入場券は2種類
でして、「銀河」と「トワイライトエクスプレス」。左上画像は、5月22日撮影分。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag :

阪急三番街

昨年の「北区ぶらぶら」のコースにも組み込まれている2022_05_20_阪急三番街
阪急三番街」ですが、“生きた建築”としても選定されて
います。「竹中工務店」の設計で、昭和44年(1969)11月
30日にオープン。地下街にして、「川のあるまち」という
イメージは、今でこそありふれたものになってしまったかも
しれませんが、それ故に、自然と落ち着き、和める空間と
して、市民に親しまれています。阪急三番街の「川のある
まち」は「トレビの広場」と名付けられ、昭和46年(1971)、
滝のあるまち(=ファンタジーの広場)」も設けられて
いましたね(後年、撤去されました)。“川が流れる街”の
水辺には、籔内佐斗司のブロンズ像「NORAINU」も
設置されています。さて、「トレビの広場」の北に面した
しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題「しゃぶ菜」が、最近、
気に入ったようで、つい先頃(5月13日)、入店したばかり
だというのに、「京都国立博物館」から京橋経由で帰阪
した折にも立ち寄って、夕食を頂きました。懐にも優しいの。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築美術

最澄と天台宗のすべて

2022_05_20_最澄と天台宗のすべて 5月20日(金)、「京都国立博物館」に出掛け、
 「最澄と天台宗のすべて」展を鑑賞しました。
 2021年が、伝教大師・最澄(767~822)の
 1200年の大遠忌に当たるため、昨秋から
 全国3会場にて開催されています。「法華経」
 絡みで、聖徳太子とのつながりが気になる
 とはいえ、天台宗がどうのと言うより、ぼくの
 興味の眼目は仏像です。「薬師如来立像」
 (京都・法界寺)、良成・作「智証大師(円珍)
坐像」(京都・聖護院)、「聖観音菩薩立像」(滋賀・延暦寺)、「浄土曼荼羅刻出龕
(広島・耕三寺)、「不動明王及び二童子坐像」、「護法童子立像」(いずれも滋賀・
延暦寺)、「千手観音菩薩及び両脇侍立像」(滋賀・明王院)、「菩薩遊戯坐像
伝如意輪観音)」(愛媛・等妙寺)、経範等・作「釈迦如来坐像」(大阪・興善寺)、
慶快・作「性空上人坐像」(兵庫・圓教寺)、「菩薩立像」(鳥取・大山寺)、「空也上人
立像
」(愛媛・浄土寺)、蓮妙・作「慈恵大師(良源)坐像」(滋賀・金剛輪寺)――
等、見応えが十二分にありました。60年に一度だけ公開されるという「等妙寺」の
秘仏は、ポスト・カードやポスターには再現されていない色味に、はっと胸を衝かれ、
何とも魅入られてしまいます。愛媛県から京都にやって来た“空也上人”は、物まね
芸人チックな味があって、捨て難いです(重要文化財に対して失礼ですけれども)。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

神呪寺

甲山(かぶとやま)神呪寺」へ入山した日の午前
2022_05_18_甲山
2022_05_18_神呪寺_太鼓橋
2022_05_18_神呪寺から

10時から、「大阪活性化推進総研」のガイド・
ボランティアをしていたのです。月曜日に下見も
行った既知のコースで、メイン・ガイドのRさんが
しっかりしていて、非常に心強く。正午過ぎに
梅田へ移動し、阪神電車で西宮へ向かった訳
でした。13時37分発の阪神バス・鷲林寺線に
乗車。ほぼ1時間に1本ペースですし、勝手が
わからずに苦労します。門戸厄神からも甲山
観音
へ至る道が延びていたことなどを思い出し
つつ……「神呪寺」境内の碑文では、14代・仲哀
天皇の皇后・神功皇后が、山頂に如意宝珠
およびを埋めた説を紹介していました。単純に
山容が兜に似ているからとの俗説も有力です。
53代・淳和天皇の第4妃・真井(まない)御前
空海の協力を得て修行。「真名井神社」の出身
だった御前は出家して、如意尼となりました。
淳和天皇の勅願により、天長8年(831年)10月
18日、「神呪寺」大殿が落慶(開創)。 右中
画像は、同寺の鎮守である弁財天に架かる
太鼓橋です。真(名)井、空海、弁財天……
海を渡った神功皇后を含めてもよいでしょう。
何やら“”にまつわる諸々が浮かび上がって
きそうなのですが、瀬織津姫に触れるには、
調査が不十分なため、宿題とせざるを得ません。
甲山頂上には登っていませんが、「神呪寺」
如意閣(展望台)からでも、阪神間を一望可能
です。「あべのハルカス」も見えていましたか。





テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像史跡建築

日本三如意輪

2022_05_18_木造如意輪観音坐像 5月18日(水)、「神呪寺(かんのうじ)」(兵庫県西宮市
 甲山町25番1号)へ赴き、“日本三如意輪”の一つ、
 「如意輪観音坐像」を鑑賞しました。残りの2体は、
 「観心寺」と「室生寺」(未見)に在りましたね。
 桜材の寄せ木造り、像高98.7cm。天長7年(830)、
 弘法大師が開祖・如意尼の姿を写して刻んだと
 伝えられている秘仏で、別名「融通観音」。毎年
 5月18日に開扉され、「融通観音大祭」として法要が
 営まれています。如意輪は外されていたようです。
 他に、「弘法大師坐像」、「不動明王坐像」、「聖観音
 立像」等を拝ませていただきました。三間一戸八脚の
 仁王門に収まっていたのは、増長天と広目天ですよ。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

SKECHERS

昨秋から「スケッチャーズ」のスニーカーを履くことが
多くなりました。たまに、「adidas」の蛇柄。サイズが
25.0~25.5㎝なので、レディースが好みだったりします。
「NIKE」は見ているだけなら良いですけれど、ぼくの
足の形には合いません。1990年代の「AIRWALK」が
好きでした……最近は、スケッチャーズの「Summits
-FORTON」、「HANIGER-INFORMATION」と来て、
「GO Walk Joy-Ecstatic」で落ち着いています。
(本日、Amazon にて注文。19日に配達されました)
ガイドボランティア等の活動も加わり、歩き倒すのが
習いですから、スニーカーは機能性最優先なのです。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

中之島縦断

2022_05_16_難波橋 5月16日(月)9時50分、Osaka Metro・北浜駅に集合
 でしたけれども、コルセット(興和)の装着位置が決まらず、
 少々遅刻。ガイド・メンバーに詫びつつ、翌々18日(水)の
 ガイド活動の下見に出発するのでした。まず、「難波橋」を
 渡って、「中之島公園」のバラ園を見物。「こども本の森
 中之島」、「東洋陶磁美術館」、「大阪市中央公会堂」、
 「大阪府立中之島図書館」、「大阪市役所」、「中之島
 ガーデンブリッジ
」、「中之島 香雪美術館」、「大阪
 中之島美術館」、「国立国際美術館」、「大阪市立科学館」
 ――と、中之島を西へ進むコースです。画像は、「難波橋」
 南詰西側の親柱。崩し字で記されており、字母で表すと
 「奈尓者(なには)ばし」。現在のぼくでも、何とか読めます。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築史跡

コルセット

先月の23日頃(4月下旬は確か)、天神橋筋商店街を
南森町から北上して帰宅する最中、急に下肢の感覚が
無くなり、怖くなりました。倒れてこそいませんが、歩き
続けるのが不安で、そろそろと、ゆっくり足を運んでいます。
下肢の痺れだけでなく、腰痛に頻繁に襲われるように
なりました。昔、腰椎椎間板症に罹ったことはありますが、
3週間ばかり耐えていて、何とかなるかと思っていたところ、
13日(金)の夜はタクシーで帰らざるを得ないほど、悪化
しており、昨日(14日)は以前使用していたコルセットを
引っ張り出して着用。諸症状を鑑み、(相方に指摘された)
すべり症の可能性が大。今日は新たにドラッグ・ストアで、
バンテリンコーワサポーター 腰椎コルセット」(本体
5,980円)を購入しました。ハード・パネルは要らないかも。
きつく締め上げる感じで、動けない時に緊急使用する分
には使えるかもしれませんが、常時使用しているようだと、
コルセットが無いと立ち居できない身体になりそうで、嫌
ですね。早速、Amazon で「FREETOO」の腰サポーター
(3,480円)を取り寄せるつもり。後は、足回りですよ。

P.S. 実際の注文は5月17日。翌18日に到着(未来日記風)

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : つぶやき

13日補遺

前日(13日)は映画鑑賞前、「北区ぶらぶら 2022」第2回
大阪天満宮から中之島バラ園・市役所屋上 ―緑の風を
感じて中之島へ―
」を実施しています。Osaka Metro・南森町
駅を10時に出発。「天満天神繁昌亭」~「大阪天満宮」から
大阪市役所を経て、京阪・大江橋駅で解散。雨は多少降って
きましたが、傘は差さず(念のため、コンビニでレイン・コートを
用意)。市役所では、屋上の「みおつくしの鐘」も見物しました。
       ☆
前日21時25分~22時、Eテレ「新・にっぽんの芸能」をチェック。
内容は「森村泰昌と桐竹勘十郎 文楽の可能性に挑む」。
2月26、27日、「大阪中之島美術館」で上演された人間浄瑠璃
新・鏡影綺譚
の舞台や稽古風景が紹介され、森村先生や
勘十郎師匠のお話を聴けました。さて、明けての本日(14日)、
ぼくの勤務先と同じクライアントではありますが、別事業所の
事務所移転に伴い、深夜作業に駆り出されています。真夜中を
1~2時間ほど回り、最後まで立ち会っていただいた先方に恐縮。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽史跡

シン・ウルトラマン

5月13日(金)13時45分から、「大阪ステーションシティシネマ」で
樋口真嗣・監督の『シン・ウルトラマン』を鑑賞。企画・脚本は
庵野秀明。仮面ライダーよりウルトラマンが好き、『シン・ゴジラ』
(2016)も面白かっただけに、期待値は上がっていたのですけれど
……ゴメス、マンモスフラワー、ペギラや、禍威獣・ラルゲユウス、
カイゲルの登場、ネロンガガボラとの戦闘シーンで終了した感。
斎藤工のウルトラマンとしての演技は完璧ですが、問題は脚本に
有り。人間と外星人の狭間の矛盾・葛藤は一切描かれず、人間と
しての神永新二が全く見えてこないので、ヴェノムや寄生獣(漫画)
等で展開されるドラマトゥルギーに欠けているのです。企画どおりの
内容。きつい言い方をすれば、直截的なオマージュばかりが目立ち、
半世紀前のイマジネーションを凌駕できていない、となりましょうか。
天体制圧用最終兵器(=ゼットン)のデザインも、きついエヴァ風味。
フジ・アキコばりに、メフィラス星人に巨大化させられた浅見弘子は、
演じる長澤まさみに陰、と言いますか、羞恥心が欲しかったかも(
巨大女フェチは鬱々とするだろうなあ)。いろいろと言いたいことが
あるにせよ、(本当に)大ヒットならば、続編が製作される可能性を
ウルトラ好きは手放しで喜びますし、竹野内豊がマルチバースの
住人なのか、気にもなっていますし。手土産に劇場限定のメダル、
ポスト・カードやメタコレ(メタルフィギュアコレクション)を購入済み。

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 特撮映画漫画

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN