fc2ブログ

西国三十三所(03)

9月21日(水)、JR和歌山駅・みどりの窓口
(東口)にて、「JR西日本懐鉄入場券」を
入手。発売時間が10~15時と変則的でして、
前日は購入できなかったのですよ。券面には
くろしお」(381系)がデザインされています。
       ☆
JR和歌山線に乗車して、粉河まで移動。
駅から真っすぐ、門前町らしき通りを北上して
いきました。歩道に「粉河寺縁起絵巻」の
モニュメントが設置されているのは、大変に
有り難いのですけれども、道路(片側1車線)の
左右に跨って置かれているのが、ちと不便。
中津川(紀ノ川の支流)を渡れば、“西国三十三所
観音巡礼
”の第三番札所、「風猛山 粉河寺
(紀の川市粉河2787)の大門です。“風猛山
かざらぎさん”と訓読みするのが気分かな。
長屋川に沿った参道を歩いて行けば、中門。
左手には童男堂、仏足跡、出現池、念仏堂、
露座仏、(ぼろぼろの)太子堂等が在りました。
       ☆
中門を潜り、牧水歌碑や芭蕉句碑を斜め読み。
左手(北)に目を遣れば、粉河寺庭園
(右画像)を前景に、本堂を見上げる格好。2022_09_21_粉河寺庭園
地蔵堂、丈六堂を軽く眺めて、石段を
上がるも、六角堂や鐘楼、「粉河産土
神社
」等、周辺をぐるりと散策した後で、
本堂に入りました。「紀三井寺」と同じく
宝亀元年(770)の開創。大伴孔子古
(くじこ)による草創の物語は、「粉河寺
縁起絵巻」に詳しく書かれています。
御詠歌は「ちちははの恵みも深き
粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や
」。
御朱印を貰った後(納札には「執筆時間を設ける」との祈願?!)、
本堂の外陣を一周させていただきました。左甚五郎・作と伝わる
野荒らしの虎」、鬼子母神立像、不動明王座像、裏本尊
(千手千眼観世音菩薩)等を観ましたところ、仏像よりも建築や
樹木後述の方に見応えがありそうです。ともあれ、一度では
見切れず、1回では書き切れない“西国三十三所”ですから、
思い出したように、ぞろぞろ書き連ねていくこととなりましょう。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像建築

西国三十三所(02)

2022_09_20_大千手十一面観世音菩薩立像 9月20日(火)、南海・和歌山市駅に着いていました。
 市役所前からマリーナシティ行きの南海バスに乗ると、
 “西国三十三所観音巡礼”の第二番札所、「紀三井山
  金剛宝寺
」(和歌山市紀三井寺1201)――「金剛宝寺」
 より、「紀三井寺」の方が通りが良いですよね。地上から
 231段の“結縁厄除坂”を歩いて上りました。「紀三井寺」
 という名称は、紀伊国の3つの井戸(清浄水楊柳水
 吉祥水)を有する寺から来ています……現在の寺地から
 少し離れた“吉祥水”までは、足を運べていませんが。
 宝亀元年(770)、唐僧・為光上人によって開基。階段を
 上った後、一望の下にする“和歌の浦”は確かに絶景。
 御詠歌は「ふるさとを はるばるここに紀三井寺 花の
 都も近くなるらん
」。左の画像は、仏師・松本明慶
 よる「大千手十一面観世音菩薩立像」で、木造立像と
 しては日本最大(12m)といわれています。しかし、秘仏
本尊「十一面観世音菩薩立像」と秘龕仏「千手観世音菩薩立像」は仕方ないにせよ、
本堂地下「大願洞」に安置されていたはずの日本最大の陶製観音像「救世観音
片山静観・作)を見損ねたのはつらいなあ。さらに、10月7日~12月11日の期間、
ケーブル開通記念で重文仏像特別公開も行われる予定……図録で我慢します。
本堂で御朱印を頂き、納札には「本腰を入れる」と記し。多宝塔は下から眺めただけ、
護国院御殿には回らず。「紀三井寺」に限らず、初見のみでは何もわからないし、その
1回分だけのネタにしても消化し切れていない現状。樹木や橋については、ぼちぼち。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像建築

value/values

台風14号(ナンマドル)はどこまで遠ざかってくれたか、
気にしながら、『リーダーズ英和辞典』(研究社)を繰る。
value」は、「価値、値打、真価、ありがたみ」が第一義
ですけれど、複数形(values)になると、同じ「価値」で
あっても、《個人・階級・社会などの理想・目標・慣行;
マイナスの価値を含む》と定義されています。いわゆる
「価値観」でしょう。value と values で意味は異なる、と。
何故、こんなことを言い出したかというと、松下幸之助の
語録を唱えさせていた昭和の企業よろしく、近年の企業は
張りぼてのMVVを掲げるのがお好きなようで、しかしながら、
中身は旧態依然たる精神主義ではないのか?との懐疑。
MissionVisionValue を三種の神器よろしく、恭しく
奉っていますが、巷間で喧伝されているように、ピーター
・ドラッカー
が提唱したという事実はどこにもなく、ただ、
『ネクスト・ソサエティ』において、組織としての“個”の
確立の正統性は、「価値観、使命、ビジョン(its values,
its mission, its vision)」の確立にあると述べているだけ。
経営コンサルタントの山下淳一郎の著した 『ドラッカー
5つの質問』
で説かれた「経営理念、ミッション、ビジョン」が
独り歩きした観が濃厚です。また、ポイントは「ミッション」=
我々が社会で実現したいこと」 に置かれています。
ドラッカー云々はともかく、ちょっと調べていて驚いたのが、
ぼくにとっては、『ブラックミュージック この1枚』等、
音楽ライターと認識していた印南敦史が、一般的な(?!)
書評家として活動しており、経営理念などについて語って
いることでした。ともあれ、“経営理念”(=我々の社会に
対する根本的な考え)を表すためのNGワードは直截で、
例えば、「社会/お客様に貢献する」、「お客様のお役に
立つ」、「お客様のパートナーとなる」、「社員を幸せにする」
――そんなことは当たり前であって、何故、我々(我が社)で
なければならないのか?という固有性をめぐる問いかけが、
メンバー間で共有されているか? その行動としての難しさよ。

参考記事:「経営理念」と「ミッション」と「ビジョン」はどう違う? 「ドラッカー5つの質問」が教えてくれること

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 英語黒い音

台風14号

台風14号が接近する中、2日前からの備忘録――。
JR三ノ宮から帰阪する前、「口笛文庫」で岩波文庫
2冊と、R&B本1冊を入手。またJR駅・みどりの窓口で
西日本懐鉄入場券」も購入しました。ただ、大阪駅の
「銀河」や「トワイライトエクスプレス」と違って、大阪~
鳥取間を走行した「はまかぜ」の記憶はあまりないの。
       ☆
前日(17日)夜は「阪急三番街」に立ち寄り、昔洋食
みつけ亭」で夕食を取りました。ヒマラヤ・キャベツ
(=コールスロー)やロースト・ビーフ・サラダを摘まみ、
タイム・サービスの白ワイン(1杯290円)を呑みます。
締めに、大阪ビフカツ・ライス(1,580円)を頂きました。
さて、台風14号の接近で、JR西日本は計画運休を
発表していますが、20日からお出掛けの予定なのよね。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 黒い音

チエちゃん

2022_09_16_高架下「チエちゃん」 前日は、神戸市・京町筋を上がって下がって、15時から
 営業している 高架下チエちゃん」(神戸市中央区
 北長狭通1 -32-8)に飛び込みました。JR高架下2階・
 南8号となります。串ではなく、鉄板で提供されるように
 なっていますが、ホルモンが美味、手作りの味噌(特製
 辛味噌/にんにく味噌の2種)が旨い。ちょい飲みセット
 (1,000円)が生ビール(500ml)にミックス・ホルモン
 焼き、小皿1品(セロリ浅漬けと味噌キャベツ)と超お得。
 お店の指南どおり、自家製煮込みを続けてオーダー。
 煮玉子と湯豆腐の後、ホルモン刺し、追加のホルモン
 焼き等を頂きました。岐阜県飛騨・奥美濃地方の郷土
 (鶏)料理“味噌けいちゃん”も堪能。串焼きでないのが
惜しいとはいえ、「中畑商店」に匹敵しそうな勢いで、神戸の愛すべきホルモン店と
なりました。内装等にレトロな雰囲気を作り込みながら、酒類のチョイスも絶妙。
ジンギスカン店でお馴染み(?!)のガラナもありますし、レモン酎ハイの割り材には
マスコット」が供されます。嬉しくなって、“ナカ”を何杯もお代わりしてしまいましたよ。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む豆腐

The GREATS

9月16日(金)、「神戸市立博物館」に赴きました。
同館は平成30年(2018)2月から令和2年(2020)
11月1日までリニューアル工事、その後も令和3年
(2021)8月30日から今年2月4日まで設備改修
工事のために臨時休館となり、随分と足が遠のいて、
4~5年ぶりの入館となります(コロナ禍もあるかな)。
       ☆
The GREATS 美の巨匠たち」(どこかで聞いた
タイトル……)と銘打ちまして、1859年に英国の古都・
エディンバラに開館した「スコットランド国立美術館」から
多くの日本初出品を含む 約90点の作品が展示されて
いました。日時指定の必要があり、そんなに混雑する?
と高を括っていたのですが、予想を嘲笑うような盛況ぶり
(個人的には、そこまでヒットしなかったのですけれども)。
ポスター等でフィーチュアされたジョシュア・レノルズ
ウォルドグレイヴ家の貴婦人たち」は清新でしたし、
ディエゴ・ベラスケスの「卵を料理する老婆」も遺憾なく
巨匠ぶりを体現しており、各個、悪くないのですけれども、
「スコットランド美術館」展全体の決め手がよくわからず。
一番最初に目に飛び込むフレデリック・エドウィン・チャーチ
「アメリカ側から見たナイアガラの滝」が直球、紛う方なき
エル・グレコの「祝福するキリスト」、ジョン・エヴァレット・
ミレイ
の「古来比類なき甘美な瞳」は日本人受けするのか、
人気でしたねえ。ぼくの足も止まりました。建築趣味から、
フランチェスコ・グアルディの「ヴェネツィア、サンタ・マリア
・デッラ・サルーテ聖堂」と「ヴェネツィア、サン・ジョルジョ・
マッジョーレ聖堂」が気に入りました。ウィリアム・ブレイクや
ジャン=バティスト・カミーユ・コローも当然、嫌いではなく。
3Fの第1会場から2Fの第2・3会場へ階段を下りますと、
コレクション展示室はスルー。ポスト・カードや図録にも、
食指は動かず。浮ついた雰囲気に、集中できなかったかも。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

北区風景印

前日は夕方から落語会に足を運んでいますが、
午前中は出勤していますよ。“働かざる者”には
なれませんからねえ(苦)。半ドンで上がりますと、
北梅田地下道」を潜り、新梅田シティへ移動。
梅田スカイビル」の外観や、「希望の壁」、
新・里山」も画像に収めていますが、主目的は
異なります。レトロ食堂街「滝見小路」へ下りて、
新梅田シティ内郵便局へ入室し、風景印
押してもらえば、モチーフは当然「梅田スカイビル」。
ビル(新・里山)のすぐ北側の大阪北郵便局
(大阪市北区大淀中1丁目1−52)は、大阪中央
郵便局
と枝分かれしたような印象で、沿革が
わかりづらい。その風景印は果たして、中央
郵便局と同じ「通天閣」、「大阪城」、「水晶橋」。
ともあれ、大阪市北区の風景印をコンプリート。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

終始判官

9月14日(水)18時30分から、「門戸寄席J:SPACE)」で
桂文鹿ミニ独演会」を聴きました。いつもより、30分ほど
早めに出掛け、かつ、文鹿さんが移動中に乗り換え等で
混線してしまったらしく、会場前でぼんやりと立たされて。
待つ分は平気で、時刻に間に合わないと、気が急く方が
嫌。まずは夏の定番「青菜」。文鹿さんのもう少し何とか
ならんかな、という屈託が出ていまして、微笑ましい出来。
開口二番は桂恩狸の「ねずみ」。意外と良かったのです
が、大ネタですよね。まさか、ここで……と、後がしんどく。
岡山・西大寺が出てきたり、左(飛騨の)甚五郎ネタだったり、
面白かったとはいえ、興行は難しいです。続く「錦の袈裟
で中入り。枕の遊郭(生駒等)やインドの売春宿の話が興味
深かったです。客層柄、さらに深く突っ込んでの内容には
なりませんでしたけれども。トリは「大坂監獄」(聴くのは
2回目)。天満堀川の説明が間違っていたなぁ、と専門家の
ぼくがやきもきしている中、「勧進帳」の富樫と弁慶の科白を
度忘れしてしまったのは、痛かった。ぼくも覚えていないから。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語

みどりのリズム

「ニッセイ・ライフプラザ」本店の北側は、現在大変なことに2022_09_12_清水多嘉示「みどりのリズム」
なっていまして……淀屋橋交差点の西側では、昨年6月
30日に閉店した「ミズノ」淀屋橋店、「石原ビルディング
が建て替えられ、東側では「日土地淀屋橋ビル」と「京阪
御堂筋ビル」を共同で建て替える“淀屋橋駅東地区都市
再生事業
”が進行中。そんなに喧しく、慌ただしい御堂筋
沿いで踊る2人の少女――御堂筋彫刻ストリート中の1点、
清水多嘉示(1897~1981)の代表作「みどりのリズム
です。清水は長野県・原村出身。「八ヶ岳美術館」に
寄せられた情報によると、「みどりのリズム」は全国で16点
所在が確認されているようで、「大阪城公園」記念樹の森
にも在った、と言われれば、見かけたような気がしてくるの
でした。しかし、彫刻への転向を決定付けたアントワーヌ・
ブールデル
の2作品「休息する女流彫刻家」と「腕を上げる
大きな女」も御堂筋には置かれているから(女流彫刻家は
すぐ南のブロック)、清水も喜んでいるのではないかしら。
清水多嘉示からブールデルへの流れは、確信犯ですよね?!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

空の粒子

2022_09_12_青木野枝「空の粒子/パッセージ 2015」 兵庫県西宮市大阪府豊中市(千里中央)から、再び、話柄を
 大阪市に戻します。鉄という素材を溶断・溶接して、周囲の
 空間に溶け込むような作品を手掛ける彫刻家、青木野枝
 (1958~)は昨年、紫綬褒章も受章していますが、淀屋橋
 近くで、青木の作品「空の粒子/パッセージ 2015」を
 鑑賞できます。平成27年1月に竣工した「日本生命保険
 相互会社
東館は、日建設計の設計、大林組が施工。
 その東側の歩道に、無数の鉄の輪から成るオブジェが
 設置されており、北と南に樹木状の2基、その間に7本の
 アーチが架かっています。東館で働く約3,300人の9割が
 女性といわれ、鉄を使用しながら、自然に馴染む優しい
 作風が、何とも相応しく。使用された厚さ12mmの円状の
 鉄板はコールテン鋼で、錆びが進行後に安定する特性を
 持つ。青木は「空に水が蒸発してまた地上に戻る、水が
 循環する中で私たちは生きている。その世界を表現して
います
」と語っており、実際、錆びた鉄の樹やアーチが妙に気持ちをほっとさせてくれる
のです。鉄つながりで、アントニー・ゴームリーMind-Body Column」も思い出す
などして、仏像同様、錆びたり、汚れたりする自然の変化をも吞み込む様が良いのね。

参考記事:Art Trip(朝日マリオン.コム)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN