fc2ブログ

value/values

台風14号(ナンマドル)はどこまで遠ざかってくれたか、
気にしながら、『リーダーズ英和辞典』(研究社)を繰る。
value」は、「価値、値打、真価、ありがたみ」が第一義
ですけれど、複数形(values)になると、同じ「価値」で
あっても、《個人・階級・社会などの理想・目標・慣行;
マイナスの価値を含む》と定義されています。いわゆる
「価値観」でしょう。value と values で意味は異なる、と。
何故、こんなことを言い出したかというと、松下幸之助の
語録を唱えさせていた昭和の企業よろしく、近年の企業は
張りぼてのMVVを掲げるのがお好きなようで、しかしながら、
中身は旧態依然たる精神主義ではないのか?との懐疑。
MissionVisionValue を三種の神器よろしく、恭しく
奉っていますが、巷間で喧伝されているように、ピーター
・ドラッカー
が提唱したという事実はどこにもなく、ただ、
『ネクスト・ソサエティ』において、組織としての“個”の
確立の正統性は、「価値観、使命、ビジョン(its values,
its mission, its vision)」の確立にあると述べているだけ。
経営コンサルタントの山下淳一郎の著した 『ドラッカー
5つの質問』
で説かれた「経営理念、ミッション、ビジョン」が
独り歩きした観が濃厚です。また、ポイントは「ミッション」=
我々が社会で実現したいこと」 に置かれています。
ドラッカー云々はともかく、ちょっと調べていて驚いたのが、
ぼくにとっては、『ブラックミュージック この1枚』等、
音楽ライターと認識していた印南敦史が、一般的な(?!)
書評家として活動しており、経営理念などについて語って
いることでした。ともあれ、“経営理念”(=我々の社会に
対する根本的な考え)を表すためのNGワードは直截で、
例えば、「社会/お客様に貢献する」、「お客様のお役に
立つ」、「お客様のパートナーとなる」、「社員を幸せにする」
――そんなことは当たり前であって、何故、我々(我が社)で
なければならないのか?という固有性をめぐる問いかけが、
メンバー間で共有されているか? その行動としての難しさよ。

参考記事:「経営理念」と「ミッション」と「ビジョン」はどう違う? 「ドラッカー5つの質問」が教えてくれること
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 英語黒い音

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN