fc2ブログ

曽根崎恵美寿社

2023_06_08_曽根崎恵美寿社 江戸時代に“”という呼称は一般的でなく(そう呼ぶのは
 一部の儒学者)、明治時代以降、歴史用語として認知を
 得るようになったのだな……ぶつぶつと呟きながら、昼食
 休憩時、曽根崎周辺を徘徊しています。体力が落ちてきて
 いるところに、睡眠不足等が重なり、風邪気味で熱が出て
 喉も痛みます。絶不調やん。それでも休めませんから。
 「大阪駅前第3ビル」21Fに上がりますと、「熊本県大阪
 事務所
」を訪ね、国道2号を南へ渡りました。「蜆楽筋」へ
 入り、「曽根崎恵美寿社」に詣でるのです。愛知県岡崎市
 産の花崗岩で造られた「曽根崎恵美寿神」は、“水あげ
 えびす”、“上がりえびす”とも呼ばれているそうで、由緒は
 ともかく、蜆川と「曽根崎橋」を造形化している点で合格。
 その後、「尼崎信用金庫」梅田支店の他、「曽根崎地下
 歩道
(=そねちか)」 、「御堂筋ギャラリー」も定期巡回
 しています。“がっかりスポット”として、個人的に推しよ。
スポンサーサイト



テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN