fc2ブログ

荒光稲荷

2023_05_26_荒光稲荷大明神_01
2023_05_26_荒光稲荷大明神_02
空から珠をくわえた狐が……
 現在の「損保ジャパン日本興亜
 肥後橋ビル
」(大阪市西区江戸堀1
 -11-4)の建つ辺りは、摂津国有馬
 郡の三田藩の蔵屋敷が在りました。
 その西側に一時期、「日本一短い
 商店街
」(全長79m)と自称していた
 肥後橋商店街も在り(アーケードは
 2016年1月末に完全撤去)、南の突き
 当たり路(=肥後橋西筋)西側には、
 「金光教 玉水教会」(江戸堀1-16
 -9)が見えます。玉水教会の鬼門
 (北西)の角地にお稲荷さんが建って
 いるのは見慣れていましたが、その
 「荒光稲荷大明神」が三田藩蔵屋敷
 屋敷神と知り、虚を突かれました。
 手前の宝珠を戴いた石柱に刻まれた
 「昭和十四年三月」の文字を見て、
 玉水教会関連の稲荷社と思い込んで
 しまっていたようです。玉水教会会堂
自体が昭和10年(1935)の建築(設計:池田谷久吉)ですから、併せて、手を加えた
ものと思われます。別名「火防稲荷」と呼ばれ、奉納画に描かれている鳶口を持った
消防士らを助けに馳せ参じた狐(珠をくわえています)が良い味を出していますよ。
スポンサーサイト



テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡建築

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN