fc2ブログ

ちちかみばし

河内松原の思い出から――松原市役所
2023_05_24_ちちかみばし_01
2023_05_24_ちちかみばし_02

への行き帰り、長尾街道の道標が多々
散見される訳ですよ。大阪府松原市域で
長尾街道は約4km あるらしくて、ぼくが
反応したのは、松原市上田1丁目に在る
明治43年1月に修繕された角柱。正面
銘文に「ちゝかみはし」と読めました故。
四半円形に整備されたスペースには、
「長尾街道」と「ちちかみばし」の説明
板も設置されていました(英訳付き)。
       ☆
長尾街道は、堺市から松原市内の中央部を横切り、柏原(かしわら)市に通じる古道です。古代に大津道(おおつみち)と呼ばれ、8世紀ごろ 整備されて、丹北郡の駅家(うまや)がある南海道としてにぎわいました。また、難波大道(なにわだいどう)と共に 丹北郡の条里の基点にもなっています。江戸時代には物資を運ぶ生活道であり、葛井寺などへの参詣道として、布忍(ぬのせ)の惣井戸、阿保(あおん)茶屋などが栄え、近鉄電車が通るまでにぎわいました。
       ☆
京より来た旅の母親が長尾街道ののほとりで、乳飲み児に乳をあたえながら 休んでおりました。心地よき夕風に青柳はゆれ、児も乳を吸いながら、安らかに眠りはじめ 母親もひといきついた時、児が恐しい夢でも見たのか 母親の乳首を噛み切ったのです。母は児を抱いたまま亡くなったと云うかなしい話です。
スポンサーサイト



テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡地図

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN