fc2ブログ

LOUVRE

2023_09_15_京都タワー 「京都市京セラ美術館」まで、「ルーブル美術館展
 (LOUVRE愛を描く」を観に行きました。眼鏡を持って
 行くのを忘れていた上に、ごった返す会場内ですから、
 不本意な鑑賞となってしまったのは致し方ありません。
 いくつか、気になった点を挙げれば、“愛”というテーマの
 陳腐さはどうにかならなかったのか。古代神話~ロマン
 主義で終わっていますから、斬新な視点を導入するのは
 難しかったのかもしれませんが……。次に、観客の動線の
 設定に疑問。四角い部屋の角近くまで作品を配置すると、
 角に来て人溜まりが出来てしまうのね。後につかえている
 観客のことを気遣ってくれる鑑賞者ばかりではないもの。
 加えて、最後の部屋Ⅳ(19世紀フランスの牧歌的恋愛と
 ロマン主義の悲劇)では画像撮影OKとされていたため、
 スマートフォンで撮影に勤しむ方が順に並んで列を成し、
 絵画に近付いてじっくりと観ることが憚られる雰囲気で、
昨秋のフェルメールと同じくらい、愛想を尽かしそうになりました。作品自体に罪は無い
のにねえ。フランソワ・ブーシェなど、甘ったるい画家を眺めた後で、見つめるユベール・
ロベール
は最高なんですよ。ユベール・ロベールの「かつてヴィーナスに捧げられた
神殿」の他、サミュエル・ファン・ホーホストラーテン「部屋覗き」、ブーシェ「褐色の髪の
オダリスク」、ジャン=オノレ・フラゴナール「かんぬき」、アリ・シェフェール「ダンテと
ウェルギリウスの前に現れたフランチェスカ・ダ・リミニとパオロ・マラテスタの亡霊」の
ポスト・カード等を購入。「正起屋」京都ポルタ店で喉を潤して、京都タワーにさよなら。
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術建築

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN