fc2ブログ

お札博士と蒟蒻

お札博士”と呼ばれた米国の人類学者、フレデリック・スタール
(1858~1933)は、大正6年(1917)3月、「大阪天満宮」にて講演を
行っているそうで、その後の食事会で蒟蒻と遭遇したようです。蒟蒻に
注意を引かれる一方、会場となった「高津の湯豆腐屋」も気掛かり。
引用文には「田楽」とあるだけで、「蒟蒻の田楽」と明記していない点が、
会場が湯豆腐屋なだけに(豆腐の田楽もあり得るため)、もどかしくて。
田楽刺しでなければ、「バタリと逃げを打つて了ふ」のは蒟蒻でしょうが、
田楽刺しであれば、豆腐であれ、蒟蒻であれ、食べる厄介さは大同小異。
       ☆
 講演のあと、高津の湯豆腐屋で食事会が開かれました。
 「此処で有名なデンガクと云ふものを頂戴するのであるが、どうも此の田楽なるもの、見た所から、頗る混沌たるやうで、又たらざるやうにもあり(中略)口迄持つて行くことは持つて行つても、一寸油断をすると、味噌だけを口の廻りに塗り着けて、外観甚だ宜しくない結果を残しつゝ、肝腎の本尊はバタリと逃げを打つて了ふ。まことに人を馬鹿にした、怪しからぬ厄介の代物である」
 コンニャクというスタール博士にとって未知なる食べ物を前に「郷に入れば郷に従え」の精神で果敢にトライしている様子が目に浮かびます。「実際大坂人諸君が田楽食ひの巧妙さには、只管
(ひたすら)感服の外は無い」と書き、また、この田楽なるものは「彼のコメディカル・トラベラーの彌次喜多と共にその当時から名高」いものだ、といういわくも、東海道行脚をしたことのあるスタール博士には気に入ったエピソードでした。

参考文献:「大阪天満宮社報 第62号 てんまてんじん」(大阪天満宮社務所)

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

tag : こんにゃく豆腐

日本三名狸

「生國魂神社」の末社、「源九郎稲荷神社」には
八兵衛大明神」が合祀されており、この八兵衛
大明神、実は、芝右衛門狸という狸なのですね。
芝居好きの狸ということで、道頓堀の「中座」の
奈落で祀られていたものが、同座の閉館に伴い、
生玉さんに分祀されたとか。狐と狸が合祀されて
いるのが面白いです。因みに、“日本三名狸”――
佐渡・団三郎狸(新潟県佐渡島)、淡路・芝右衛門
(兵庫県淡路島)、屋島・太三郎狸(香川県屋島)
の一角を占めますから、かなりの大物です。「堀川
戎神社」境内の「榎木神社地車稲荷)」も狸(=
吉兵衛)が絡んでいまして、どうも引っ掛かります。

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

029番地

2023_10_20_肉鍋しゃぶしゃぶ「029番地」 南森町へ向かって、天神橋筋商店街を南下している折、
 「天牛書店」に立ち寄って、大阪文庫や他の文庫本等も
 思わず買い込んでしまう……杉山其日庵なんぞ、いずれ
 入手する腹積もりだったからよいとして、下見に出る前から
 手荷物を増やしたのは頂けない。「大阪区民カレッジ」
 北校のまち歩き(11月6日)に向けて、全体での下見を
 13時から行いました。テーマは天満寺町で、「寳珠院
 から「露天神社」まで。15時前には雨がぽつぽつと降り
 出してきて、ちょうど良い感じで終われました。新味は無い
 にせよ、小ネタには事欠かないコースと言えましょう。
  「曽根崎心中」写真展が今月末までなのが、ちと残念。
        ☆
 17時過ぎ、相方と落ち合うと、肉鍋しゃぶしゃぶ029
 番地
」(大阪市北区同心2-6−2)に入りました。お肉も
 食べたいし、野菜も摂りたい……そんな気分です。創作
肉鍋の種類が豊富でして、どれにしようかな?と、迷うのも楽しくてね。ラーの辛味、
旨味トリトン、モチつモツ鍋、和牛ブリスケのハリハリ鍋、レタスとまーさん豚の
コンソメ鍋、チーズタッカルビ鍋、さっぱり塩レモン、豆乳とアボカドの冷たい豚しゃぶ
――の中から、ハリハリ鍋をチョイス。お肉や野菜を追加して、サリ麺で締めています。
冷たい雨模様でしたから、温かい料理が沁みます。半年ぶりの「鍋プログラム(34)」。

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

tag : 史跡

南海煉瓦暗渠

令和2年(2020)、「土木学会選奨土木
2023_10_18_7号暗渠(東除川暗渠)
2023_10_18_6号暗渠(第43号拱渠)
2023_10_18_5号暗渠(狭山里道架道橋)
2023_10_18_4号暗渠(第42号拱渠)
2023_10_18_3号暗渠(狭山里道暗渠)
2023_10_18_2号暗渠(第41号拱渠)
2023_10_18_1号暗渠(第40号渠)

遺産」に認定された「大阪狭山市域の
南海電鉄練瓦造暗渠群
」――是非とも
観ておかねばならない物件でしょう。
南海高野線の狭山駅~大阪狭山市
駅の区間で、7か所も残されています。
北から順に「1~7号暗渠」と命名されて
いますが、ぼくは大阪狭山市駅から
北上して行ったため、右に掲載した
7点の画像は、上から順に7~1号と
降順です。狭山中学校付近の踏切の
西側に在る「7号暗渠(旧名称:東除川
暗渠
、以下同)のみが大阪狭山市駅
近くで、他は狭山駅寄り。ねじりまんぽ
構造と聞けば垂涎の的ですが、川専用
暗渠は草木が生い茂り、内部は窺えず。
線路沿いに真っすぐ歩けなくて、途中で
暗渠を見落とさないか、不安になりつつ、
線路の上の電線を目で追いかけて……
子供が秘密基地に使いたくなる「6号
暗渠
第43号拱渠)」は水路専用。畦
道の先に在り、鶏頭が咲いていました。
5号暗渠狭山里道架道橋)」……
架道橋なんですよ。車だって通れます。
府道203号・富田林狭山線が走って
おり、地車が通行できるサイズにした
という説有り。明治31年(1898)、高野
鉄道
が河内長野まで延長した際に設置
された暗渠であり、昭和12年(1937)の
複線化によって、下り線側(=東側)は
コンクリート造りとなっているので勘弁。
右画像では、6~3号暗渠が東側からの
撮影です。「6号暗渠」同様、水路専用の
4号暗渠第42号拱渠)」は、大人が
屈んで通れるかどうかのサイズらしく、
西側は私有地につき、金網で塞がれて
いる模様。「3号暗渠狭山里道暗渠)」
は、歩行者・自転車専用。コンクリート
構造の坑門を(後から)補強している
鉄板が、痛々しく見えます。“里道”とは
国道・県道以外の道路を指していたそう
です。同じ里道でも、「5号暗渠」と違い、
車の行き来が無い分、坑内アーチ部の
煉瓦をじっくり堪能できます。アーチ部は
長手積み、側壁はイギリス積みと確認
できました。やはり、歩行者・自転車
専用ながら、「3号暗渠」より小ぶりで
愛らしい「2号暗渠第41号拱渠)」は
欠円アーチ(アーチの長さが半分以下)
設計。煉瓦造りの構造物の旨味が
ぎゅっと凝縮された感じで、良いです。
狭山駅から南下して来たと思われる
鉄ちゃん3人組と遭遇した折、思わず、
手持ちの「レンガ造りの暗渠お散歩
MAP
」を進呈してしまいました。東側は
老朽化に対してのコンクリートによる
補修ではなく、複線化に際しての拡張
――という読みで正解です。「1号暗渠
第40号拱渠)」の下には、狭山池から
太満池の方へ向かう水路が流れている
といい、翼壁、スパンドレルの煉瓦は
(他と同じく)イギリス積みでした。あと
300m足らずで、南海・狭山駅ですよ。

参考記事:土木遺産に認定された南海高野線の暗渠めぐり

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

下高野街道(5)

9時50分に南海・高野線の北野田駅(大阪府堺市東区
北野田)に着いていようと思うならば、9時に天神橋筋
六丁目をうろうろしていては拙(まず)い訳でして、「三菱
UFJ銀行
天六支店の利用は諦めました。キャッシュ・
カードを今春紛失して以降、再発行を行っていないので、
有人窓口の在る支店しか利用できない状況。最終目的
地となる大阪府大阪狭山市内の同銀行支店には、有人
窓口自体がそもそも残っていませんでした。乗り換え駅
となる 難波支店に行けば、「なんばスカイオ」24階まで
エレベーターを乗り継いで上がるという仰々しさに赤面。
都市銀行の統廃合、撤退は恐ろしいばかりに不便の極み。
       ☆
2023_10_18_龍神社 今夏の異常な猛暑を受けて、7~9月は見送らざるを
 得なかった歴史街道ウォークが再開されるとともに、
 今回の「下高野街道(5)」をもって最終回となります。
 腰を悪くしているM さんもラスト・ウォークを見送りに、
 北野田駅まで駆け付けてくれました。ぼく自身は
 “下高野街道” 編からの参加ですが、東高野街道、
 高野街道、西高野街道、中高野街道――の他、街道
 シリーズとして、2010年頃から計8街道(86回)を踏破
 した勘定になる模様。途上で亡くなられたH リーダーの
 遺志を完遂し、感無量の面持ちの参加者を見ていると、
 いくばくかの疎外感を覚えます(どこにいても同じ)。
 西除川を「改進橋」から渡り、「念照寺」で樹高12mの
 カイヅカイブキを見上げました。「牛頭神社」「大悲寺
 を過ぎて、「西寳寺」に詣でて、坊守から解説を聴いて
 います。中川一瓢斎の龍(こより製)や木村英輝の襖
絵など、見所十分。ここまではまだ堺市内(南野田)で、やがて、池尻自由丘1丁目に
入り、大阪狭山市内です。南海・狭山駅から下高野街道を南下。「狭山池公園」の
龍神社」を前に、「さやりんBase」で小休憩。「狭山池博物館」の右手に「あべの
ハルカス
」が視認できたことに感動します。東除川に架かった「さやまはし」西詰の
辺りが、下高野街道と中高野街道の合流ポイントでした。大阪狭山市駅(旧駅名は
狭山遊園前)に到着したのが、12時30分を回っていましたか。もう、外を出歩きは
しないと言う方もいたりして、どうしても、しんみりとした空気が漂う中……所詮、ぼくは
さすらい者。独りで歩き始めます。「大阪狭山市役所」と「狭山池博物館」でマンホール
カード
を入手しなければいけないし、令和2年(2020)に「土木学会選奨土木遺産」と
認定された「大阪狭山市域の南海電鉄練瓦造暗渠群」も目に焼き付けておかねば。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡建築近代建築

北区~八尾市

2団体のガイドを行うコースが同一であることから、下見は2023_10_17_エビシー
1回で済ませようと、10時から、みおつくしプロムナードを
出発して、「大坂蔵屋敷の探訪」のルートを ボランティア
・メンバーと共に辿りました。中之島周辺の土地勘に問題
無くとも、蔵屋敷と絡めたネタとなった場合、現存する物が
乏しいだけに、苦慮させられる局面は多いです。「ABC
本社ビル
」にて解散。右上画像は「朝日放送」キャラクター、
エビシー」。帰社するEさんと梅田まで同道しています。
阪神・大阪梅田駅の駅長室に入ると、阪神タイガース
セントラル・リーグ優勝を記念した入場券セット(1,500円)
を購入しまして、Osaka Metro・谷町線の東梅田駅まで。
       ☆
2023_10_17_ヤッタくん 「中央線新型車両400系登場記念 1日乗車券」
 を使用することはなかった……後悔するのです
 が、八尾南へ向かいました。大阪府八尾市は
 奈良県と似ていて(?!)、東西の便はあるのです
 けれども、南北の移動が不便。最初から、近鉄
 電車に乗るべきだったと汗ばみながらも、八尾
 市役所・西館(2階)の下水道経営企画課窓口
 まで上がり、マンホールカードを入手。せっかく
 なので、南の「八尾図書館」内に設けられた
今東光 資料館」も訪問しました。少しお話しさせていただいただけでも、館長から
“東光熱”が伝わってくるようで、川端康成先生は愛読していても、今東光はほとんど
手つかずでしたから、恐縮するばかり。八尾市役所へ至る行脚の中、撮影した橋等の
物件については、後日に紹介予定。とりあえず、左上に掲げた画像は、八尾市下水道
・広報大使を務める「ヤッタくん」。明日(18日)は「下高野街道」の最終回なのよ。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡ゆるキャラ建築小説

ジャズ交通

配達日時(本日午前中)指定していた「デアゴスティーニ」の
ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質盤」の
通巻20~21号が「佐川急便」によって配達され、段ボール
箱を開くと、オリジナルCDスタンド2点セットが同梱されて
いました。いつの間にか、20号を超えていた事実に呆れます。
惰性で聞き流すことになりませんように……午後出勤しての
食事休憩時、「大阪駅前第3ビル」B2Fまで足を運びまして、
交通趣味ギャラリー」を訪ねました。雑誌・書籍を渉猟する
つもりが、「鉄道ピクトリアル」のバックナンバーの棚から
奥に入り込み、ついつい記念入場券に目を奪われてしまい、
数種類を握り締め、レジの前に立って(相場がわからないの)。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : 黒い音

男の夢カレー

先日のランチに利用、CURRY & bar2023_10_13_「HOPE」
HOPE」 (大阪市北区天神橋2丁目
1−18) “男の夢カレー”を賞味。2階に
上がって、右手の3軒目です。黒毛
和牛、ドルチェポルコ、国産手羽先を
ふんだんに使った肉々しさが「男の夢」
らしいですが、がつんと来るスパイスに
欠けているのよね。スパイシー過ぎて
肉の旨味が埋もれてしまうのを警戒した
のかもしれませんが、ならば、カレーでなくとも(ビーフ・シチューもありました)……と
思うのは、身勝手な客の言い分でしょうか。刺激物を敬遠する女子には、安心かも。
1皿1,000円が良心的な時代。天神橋筋商店街だけでも、未踏のカレー店がわんさか。

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

tag : カレー

Umeda 7

10時から「大阪SGGクラブ」のガイドを開始。テーマが「うめ地下散策」で、
個人的には大好きなコースですから、入れ込み過ぎないようにだけ、気遣い。
冷静に考えれば、ガイドのガイド……というよくわからない状況ですけれども、
出発時刻が10時を少し回ったことや、順序立てていたシナリオどおりに事が
運ばなかったことなど、アクシデントも許容範囲で楽しみます。正午過ぎには
ゴールとなる「うめきた広場」に到着できました。梅田7駅のうち、JR北新地
駅を割愛しても、なお時間不足。と申しますか、情報過多なエリアに思われ、
可能であれば、ランチ・タイムを挟んで、90分+90分……正味3時間のコース
でもよいほど、語りたいトピックスは多々ある訳ですよ。用意していた小ネタの
半分も使えず、担いだ荷物が嵩張っただけで、Nさんに笑われてしまいました。
Umeda 7(Appendix)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術建築

ガブ2演目

10時から、「北区ぶらぶら2023」第5回(10月27日)の下見を実施。
南森町から「造幣局」まで早歩き。「造幣博物館」は自由行動です
から、11時に解散となりました。Hさんと天神橋筋商店街で昼食後、
Osaka Metro で南森町から東梅田へ移動。翌日(14日)の街歩きの
下見を行うのです。10月6日と異なり、本番前日とあって、コンテンツ
ではなく、時間配分の方に注意を払って、15時過ぎに終了。「新梅田
食道街」に赴き、珈琲通の店「YC」で一息入れて、夕方に備えます。
       ☆
2023_10_13_中之島文楽 18時30分から、「大阪市中央公会堂」1階
 大集会室にて、「中之島文楽」の開催です。
 相方の到着を待つ間、(デザイン缶欲しさに)
 「モロゾフ」のファヤージュやポスト・カードを
 手土産に購入。また、地下1階の会議室が
 三味線、講談師、太夫、人形遣いの控室に
 充てられており、昔、同人の月旦を行って
 いた場で、三味線の調弦の音が響いてくる
 のを聴くのも、不思議な感覚でした。今年の
「中之島文楽」は人形浄瑠璃文楽×講談×現代美術プロジェクションマッピング
という試みで、成功していたように思われます。旭堂南海が美味しく前説を振り、
後藤靖香の絵が、伝統芸能の世界にすっと溶け込んでいるのも良い感じ。演目は
日高川入相花王(ざくら)」渡し場の段、「増補大江山」戻り橋の段――と、潔く
テーマを人形の首(かしら)ガブに絞り込んだのが正解で、幅広い客層に受けていた
ようです。竹本織太夫に竹本碩太夫が並ぶのも面白く、三味線は鶴澤燕三。主遣い
以外は顔が出せずに可哀想かなと思っていたらば、最後にフォト・セッション有り。
ガイド仲間のEさんに声を掛けられて、終演後に姿を探すも見つからず。何であれ、
文楽好きが増えるのは良いこと。ライト・アップされた「難波橋」を眺めつつ、北浜へ。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽近代建築同人

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN