fc2ブログ

イケフェス2023(2)

2023_10_29_あお建築設計「good time DanDan」 10月28、29の両日をメインに開催された「生きた建築
 ミュージアムフェスティバル大阪2023
」ですが、2日
 目は10時、「みおつくしプロムナード」に集合。「淀屋橋」を
 渡りますと、H さんが「大阪シティ信用金庫」に入って行き
 ました(私用)。「トレードピア淀屋橋」(北浜銀行跡)を
 うろうろした後、「東畑建築事務所」に入り、本日最初の
 スタンプをゲット。東畑謙三と言えば、やっぱり、「大阪
 駅前第1ビル
」&「同第4ビル」。同事務所は“編鐘
 (古代中国の青銅器)をテーマに特別展示を行っており、
 恒例の招福羊羹(井村屋)も頂きました。次に向かった
 「伏見町 旧宗田家住居」は既に出来上がっていた長蛇
 の列にげんなり。「伏見ビル」~「青山ビル」と流して行く
 つもりが、「青山ビル」に引き込まれて、(おそらくは)
 オーナー夫人から貴重なお話をお聞かせいただきました。
 「旧小西家住宅史料館」、「生駒ビルヂング」を眺め(その
都度、パブリック・アートも押さえ)つつ、堺筋を南下。「フジカワビル」の内部に立ち入れ
なかったのは残念ですが、またの機会に。「大阪商工信用金庫」本店ビル(設計:安藤
忠雄
)を斜め向かいに見て、本町通を東進。「本町橋」をゆっくり渡り、「β本町橋」や
宇野薬局」を確認し、「大阪商工会議所」や「マイドームおおさか」の周囲をぐるり
と回れば、相変わらず、ネタの収蔵庫状態(まとめる際には、一苦労させられそう)。
船場センタービル」を西へ歩いてもよかったのですが、1日乗車券(中央線新型車両
400系登場記念)を持ってきたので、Osaka Metro を利用し、堺筋本町~本町まで。
日曜日は「船場センタービル」の飲食店の大半が休業しているため、丼池筋のカレー屋
本舗「カサ・デューク」(大阪市中央区本町3-2−1)で昼食としました。折り返しかな。
       ☆
久米設計」大阪支社(大阪市中央区本町4-3-9)にお邪魔し、ノルマのスタンプ
4個を達成。「本願寺津村別院北御堂)」の設計は岸田日出刀……「リバーサイド
ビルディング
」には足を運べず。「輸出繊維会館」前で立ち止まり、まだ、村野藤吾
観ることが出来る日だと心を弾ませ。セッケイ・ロードから引っ越していた「日建設計
大阪オフィス(大阪市中央区瓦町3-6-5)に上がり、スタンプと共にプレゼント(宮沢
のイラストの描かれたクリアファイル)を貰いました。しかし、「清水猛商店」より「木村
商店
」の方が妙に引っ掛かるのよねえ。似たような意味で、ぼくが個人的に惹かれた
物件が、左上画像の「good time DanDan」(あお建築設計)。「綿業会館」が全く
記憶に残っていないのはどうしたことか? そのまま、三休橋筋を北上して、「田辺三菱
製薬」本社ビルを過ぎ……「日本基督教団 浪花教会」の行列に怖気を震い、「オペラ・
ドメーヌ高麗橋
」、「グランサンクタス淀屋橋」を賞玩した後、「芝川ビル」の屋上
テラスに上がって、ほっこりと和むのでした。終盤に近付くと、馴染んだビルに甘えたく
なります。Osaka Metro・御堂筋線に乗って、淀屋橋からなんばへ移動。「ユニバース
横町」と「味園ユニバース」を懐かしみ、「日本橋の家」も訪問しましたよ。「国立文楽
劇場」から北へ上がり、「自安寺」を拝観。近日、再訪しなければならないし、御朱印も
頂こうと企図しています。「日本橋」を北へ渡り、道頓堀川の北岸から眺めると良い感じ。
浪花組」大阪本社、「日本基督教団 島之内教会」、「大成閣」、「大阪農林会館」、
原田産業」、「大阪写真会館」……と久闊を叙し、「堺筋倶楽部」(パンとエスプレッソ
と堺筋倶楽部
)の前で散会。「長堀橋」跡に声を掛け、長堀橋を発つのでありました。
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築建築美術カレー史跡

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN