fc2ブログ

ズンベラ

10時30分から、「11月文楽公演」第1部を鑑賞。
演目は「双蝶々曲輪日記」堀江相撲場の段/
難波裏喧嘩の段/八幡里引窓の段、「面売り
でした。“双(ふたつ)蝶々”とは、2人の相撲取り、
濡髪長五郎と放駒長吉を指しており、長五郎を
吉田玉志、長吉を吉田玉勢が遣っていたので、
にんまり。推しの人形遣いや太夫がいることの
幸せを噛み締めていました。堀江相撲場の段で
名が出てくる「高台(たかきや)」に虚を突かれる
も、往古、堀江川に架かっていた橋のようです。
八幡里引窓の段の切は、豊竹呂太夫鶴澤
清介
の黄金コンビ。景事でしかない「面売り」も
豊竹呂勢太夫の艶めかしい美声にうっとり。
終盤の「ズンベラ節」も面白し。13時25分頃の
終演となり、雨の中、ぼくは「靱公園」を目指し。
スポンサーサイト



テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN