fc2ブログ

★ 2024年2月に読んだ本 ★

原口隆行『鉄道ミステリーの系譜』(交通新聞社新書)
 ……鉄道はともかく、ミステリー・マニア時代が髣髴として、探偵小説を再読したくなり。
藤本篤『大阪市史物語』(松籟社)……副題に「二〇世紀の軌跡」。地味な内容を覚悟
 していたところが、滅法に面白くて。幸田文の叔父、幸田成友(しげとも)が大活躍。
廣末保『ぬけ穴の首 西鶴の諸国ばなし』(岩波少年文庫)……2月の読書会のテクスト
 です。「牛と刀」、「狐の四天王」、「真夜中の舞台」、「ぬけ穴の首」、「お猿の自害」、
 「帰って来た男のはなし」、「わるだくみ」を収録。町田康の推薦文(?!)も良し。
井筒月翁『維新侠艶録』(中公文庫)……作者が誰だかよくわからないというのに、一驚。
井原西鶴『好色五人女』(角川ソフィア文庫)
 ……「巻一 姿姫清十郎物語」、「巻二 情けを入れし樽屋物語」、「巻三 中段に見る
 暦屋物語」、「巻四 恋草からげし八百屋物語」、「巻五 恋の山源五兵衛物語」から
 成り、「恋の山源五兵衛物語」目当てに読み進めていたのですけれど、お夏
 清十郎に続いて、「樽屋物語」にはっとさせられ。地元の天満が舞台でしたこと。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 27』
 (デアゴスティーニ・ジャパン)……JOE HENDERSON を聴いています。
『学鉄ドリル 初級編 No.1』(旅鉄Gate出版部)
井原西鶴『男色大鑑』(角川ソフィア文庫)……富士正晴=訳が、個人的に合わず。
『大阪百年』(毎日新聞社)……小ネタの宝庫。一面記事ではなく、社会面寄りかな。
『第173回=文楽公演 令和6年1月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
文・井原西鶴/絵・歌川国貞『浮世絵春画 好色五人女』(三心堂出版社)
 ……井原西鶴は隠れ蓑で、国貞の「艶色品定女」がメインでしょう。参考書の頁に
 挟んでエロ本を読ませるような編集ぶりが大いに笑え、他シリーズにも食指が伸び。
半藤一利『幕末史』(新潮文庫)
 ……勝手に“歴史探偵”の衣鉢を継ぐからには、一応押さえます(内実は、安吾直系)。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 28』(デアゴスティーニ・
 ジャパン)……STANLEY TURRENTINE と、テナー・サックスが続きました。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 29』(デアゴスティーニ・
 ジャパン)……ドナルド・バード(DONALD BYRD)は耳に馴染みがあります。
氏家幹人『武士道とエロス』(講談社現代新書)
 ……マイ・クラシック。鶴橋で働いていた頃に初読しましたか。「高坂書店」で購入。
 昨年(2023)8月31日、同鶴橋駅前店が閉店し、約40年の歴史に幕を閉じました。
北川央『大阪城』(新潮新書)……豊臣秀吉から現代にかけて、50個のトリビア。
 それが零れネタと「あとがき」で知ったからには、元の『大坂城と大坂の陣』も必読。
『レール&ステージ 小林一三の贈り物』(阪急文化財団)……「逸翁美術館」で購入。
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コミュニケーション

2023_12_10_西田明未「コミュニケーション」 昨年12月10日、「中山寺」から帰り、阪急・蛍池経由で
 大阪モノレールに乗って、千里中央に立ち寄った夜分に
 撮影した画像が、左の西田明未コミュニケーション
 です。環境造形作家の西田明朱(1948~)の作品でした
 が、夜目には暗くてよくわからず、当初は右側から目に
 入ったため、たじろぎました。撮影方向に回り込むと、
 何となく伝わってきて、後でタイトルを調べて、なるほどと
 腑に落ちました。全然違う物が微妙な距離を隔てつつ、
 口を開いて意思の疎通を試みる――と、偏向した説明に
 堕してしまえば難点ですが、絵画と異なり、多方向から
 触れられるのが救い(一つの通釈で解消されるような
 オブジェは、単なる機械言語に過ぎません)。「千里朝日
 阪急ビル
」(大阪府豊中市新千里東町1丁目5-3)の
 敷地内に設けられています。小さな子供が、石の狭間に
 身を潜めようとすれば、それも一つのコミュニケーション。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN