FC2ブログ

西大寺の愛染明王坐像

4月13日(金)、大阪市・中之島の「中之島フェスティバルタワー」へ急ぎました。
13時から、18階の「朝日カルチャーセンター」大阪・中之島教室において、
西大寺の仏像 愛染堂愛染明王坐像を解く」の開講です。
講師は京都橘大学准教授の小林裕子氏。14時半まで、あっと言う間。
西大寺については、昨年の「奈良西大寺展」で復習をしたような格好で、
まだ記憶に新鮮ですし、会期中こそ、逢いそびれてしまったとはいえ、
今回のテーマである「愛染明王坐像」とも、2010年11月15日にお目見え
しているので、極めて近しい気持ちで、お話を聴くことが出来たのでした。
西大寺の沿革(端的に言うと、「藤原仲麻呂の乱」に対する“四天王寺”)、
中興の祖である興生菩薩叡尊について概観……元寇弘安の役)に際して、
愛染明王の鏑矢が元軍を敗走させたといった伝承も人口に膾炙していますが、
制作年代(1247)から考えて、やはり伝説の域は出ないらしく、元々、
叡尊個人の念持仏だった可能性が高いようです。その後、いよいよ、
愛染明王坐像を手掛けた仏師、善円の謎に迫ることになります。
南都(奈良)を中心に活躍した“善派”の祖といわれ、
近年まで父子としてとらえられていた善慶とは、研究の結果、
生年が同一であると判明し、善円=善慶が定説となっているとのこと。
学説の面白さ以外に、寺社やギャラリーなどでは、そうそう近寄れない
仏像の拡大画像をスライド・ショーで堪能できるのも、仏像講座の醍醐味ですよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示