FC2ブログ

故郷羊肉串店

大阪市中央区の日本橋1丁目から道頓堀2018_04_20_「故郷羊肉串店」
1丁目にかけては、ホテル街~風俗街のように
なっていますが、下大和橋から道頓堀川を渡り、
島之内2丁目へ渡ると、中国人~韓国人ら
アジア各国の人々が往来をせき止め、一瞬、
どこの国かと迷いかねません。そこで見かけた
故郷羊肉串店」……表には、メニューも
値段も一切表示が無いため、入店に最初逡巡。
(父を伴って入る勇気はありませんでした)
ただ、羊肉好きなので、機会を捕らえて挑戦。
中国料理、なのでしょうか? 犬肉レシピも豊富なところから、
北朝鮮に程近い、中国でも北東部の“延辺料理”かと思われます。
アテに出てきた塩茹でのピーナツやキムチだけでも、塩分高め。
炭火を入れて、串肉を炙っていくと、テンションも上がります。
クミン等のスパイスは、焼きながら付けるのか、食前に付けるのか不明。
部位を吟味して選べば、価格も意外とリーズナブルに抑えられそう。
1本当たり150円の羊肉(マトン)、200円の羊筋などが狙い目かな。
ただし、店内の客を含め、店員全員があちらの人ですから、気は使うかも。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示