尼崎小説

車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』を再読していました。
4月の「二人の読書会」のテクストだったものですから。
平成10年(1998)の直木賞受賞作。7年ぶりに読み返し、
主な舞台が三重県名張市の赤目四十八瀧……ではなくて、
アマ”=兵庫県尼崎市であることに、笑ってしまいますが。
小説の眼目からは離れて、やはり、豆腐・蒟蒻の抜粋から。
       ☆
 私は伊賀屋の女主人に連れられて、東難波町から出屋敷へ行った。そこには三和市場ナイス市場新三和市場という一ト続きの大きな市場があった。肉・鳥・魚・野菜・果物・豆腐・塩干物などを、それぞれに山と積み上げた店が、鉄骨普請の大屋根の下に数百軒看板を連ね、えらい景気である。市場中が沸ッ立っていた。
       ☆
 西行はん 西行はん 水無川を渡る時 蒟蒻の背
 骨
で足突いて 豆腐の奴で喉焼いて 何をつけた
 らなおるやろ 海で採った椎茸と 山で採った白
 わかめ 畠にはまぐり 夏降る雪を 火ィで焙っ
 て それやつけたらなおるやろ

       ☆
「こななこと言うのも何やけど、われはわしの命の次に大事なもんや。けど事情があって、それをきみに預かってくれ言うて、男が頼みよんやで。それをきみは蹴る言うのか。」
 これではどこまで行っても蒟蒻問答だった。


参考文献:車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』(文春文庫)
       ☆
 もし私に何か語ることがあるとするならば、一人の女が横目に、
「それでは。」
 と言って、私に背を向け、国電四ツ谷駅の構内へ歩いて行ったことか。東京の四月に珍しく雪が降った晩だった。

       ☆
特に何ということはない描写なのだけれど、
個人的には2年前の4月21日に亡くなった
殿下のことを思い出して、どうにも切なくなってしまい……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 豆腐 こんにゃく 黒い音

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示