FC2ブログ

三島の人間椅子

三島由紀夫ほど、私小説から距離を置こうとする一方で、
如何なる作品においても、自分自身の個人的な趣味嗜好を
随所に、執拗なまでに開陳してやまない作家も珍しく、
興味深いお人柄とは見受けられます。十代に書かれた
初期の短編「祈りの日記」、あるいは「椅子」において、
語り手の設定自体は異なりながらも、同一の嗜癖を
伸びやかに描出しています。何ら、悪びれることも無さそうに。
それが、三島少年が愛してやまなかった“人間椅子”です。
快楽は極めて私的。その人でなければわからない淫靡さを蔵します。
昭和16年(1941)8月21日には、同じ素材で、その物ズバリの
「真白な椅子」も起筆されており、どれだけ、好きだったのか?と。
       ☆
 いよいよ我慢がしかねますときには、わたくしいつも、松本さん、やす子くたびれちゃった、と申しまして、その場にたちどまって催促をいたします。またお椅子? と松本さんはそこがどこであろうとかまわずに、まっ白な看護服のかるいかさかさした音を立ててしゃがんでくれました。わたくしは、赤い散歩靴を空にうかせて、そのまっ白な光ったお椅子に、ちょこなんとこしかけました。
       ☆
「ねえ、お椅子」と私がねだった。
「また? 甘ったれやさん」
 看護婦は路傍に蹲踞した。その膝の上に私は腰を下ろした。
 私は今日まであれだけ心地のよい椅子というものを知らないのである。糊の利いた眩ゆい白さの裾が、座ると腰のまわりにどんな椅子カバアよりも流麗にふっくらとひろがって、彼女の散歩用の下駄の湿った鼻緒を隠す。この椅子はまた暖かみと、しじゅう爪先で安定をとっているための軽い揺動を併せもっている。


  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で100ページくらい。全国に約120人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

OK

アナログでも活動していますよ。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示