金沢再読

泉鏡花は昔から大好きでしたが、来る5月27日(日)、
出展だけは先に決めた「第4回 文学フリマ金沢」にかこつけ、
金沢ゆかりの作家などを読み返し始めたところなのです。
鏡花は子守唄のようなもので、さらさらと代表作を復習。
盲点だったのが、室生犀星。詩は読んでいるにもかかわらず、
小説の方は読まず嫌い、というか、小馬鹿にしていたのか、
まともに手に取っていなかった模様。武者小路実篤なども
そうですが、日本文学史上の伏兵、隙間産業のような存在。
下手な小細工を弄さない、愚直な書き物に、息を抜ける人らも
多いでしょう。脇に逸れますが、なかなかにスリリングなのが
富岡多惠子『室生犀星』でした。『釈迢空ノート』同様に、
富岡多惠子の評伝は、やたら滅法、勉強になりますわ。
詩人が小説家になる試(ためし)はあっても、小説家は詩人になれない
……彼女の詩や小説は、きちんと読めていないんですけどねえ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 同人

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示