小磯良平と吉原治良

会期(3月24日~5月27日)もぎりぎりに押し迫った2018_05_25_「小磯良平と吉原治良」
5月25日(金)、「兵庫県立美術館」へと急ぎました。
阪神電車で、岩屋駅から歩きます。「小磯良平と
吉原治良
」展の鑑賞です。小磯良平(1903~1988)
吉原治良(1905~1972)の画風・作風は、全く
異なるように見えますが、ほぼ同時代に、阪神間を
主な拠点として活動した2人の作品を並置することで
対照性と類似性を浮き上がらせ、阪神間モダニスト
としての両者の画業を振り返る――という企図です。
共に馴染みのある画家ですが、ゆったりと、落ち着いた
心持ちで2人の作品を観直せ、秀逸な展示会でしたよ。
吉原が戦後に描いた「子供たち」、「小さな噴水」、
涙を流す顔」は柄にもないタッチで、泣けてきましたし。
展覧会とは関係無いのですが、退館の際に老嬢らが囁き交わす
「安藤(忠雄)さんの建物は寒いねん」を小耳に、思わず苦笑。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示