夜の尾山神社

2018_05_26_尾山神社 翌日の「第4回 文学フリマ金沢」に備えて、
 大阪発18時12分のサンダーバード39号に
 乗り込みました。金沢着20時56分でした。
 金沢駅から武蔵辻(近江町市場)まで進み、
 香林坊の方角へ歩を進めました。その夜の
 宿泊先の所在地を確認したところで、まだ
 チェック・インまで時間が空いていたことから、
 「尾山神社」を詣でました。見た瞬間、嘆声!
 金沢の夜の宝石箱のようでした。綺麗過ぎ。
神社の神門なのに、和漢洋折衷の何でもありスタイル。ギヤマン・ガラスの嵌まった
最上階の部屋は22時まで明かりが灯っていました。大昔は灯台代わりだったとか。
初代加賀藩主・前田利家と正室・おまつの方を祀り、神門の竣工が文明開化の
真っ只中となる明治8年(1875)。手掛けたのは大工~発明家の津田吉之助

参考文献:藤森照信『建築探偵 神出鬼没』(朝日文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示