犀川大橋

2018_05_28_犀川大橋 金沢入りする前に、敬愛する吉田健一
 『金沢』を読み返していて、本当に良い小説
 なのですが、作中度々、犀川に架かる鉄橋に
 ついて触れられており、これは是非とも、目に
 入れておきたいものだと考えていたのですよ。
 金沢市内を流れる犀川男川浅野川
 “女川”として比され、また、犀川は室生犀星
 浅野川は泉鏡花と関連付けられることが多々
 あります。断然、ぼくは泉鏡花をリスペクトして
いますけれども、犀星も毛嫌いしてはいないし、実際に渡った「犀川大橋」も好みです。
年譜で知られる吉田健一の金沢初探訪は、昭和32年(1957)。国道157号に架かり、
大正13年(1924)施工の橋ですから、吉田の見た鉄橋は現在の橋と基本的に同じか
と思われます。ただし、5回ほど、塗り替え工事が行われており、現在は青灰色系5色
グラデーションとなります。設計は関場茂樹。橋長62.3m、全幅員21.7~23.7m。
形式は一径間鋼・曲弦ワーレントラス橋で、国の登録有形文化財(第17-0040号)。
       ☆
 併し金沢では犀川の向うの家がこっちの家に話し掛けていた。それは家だけだっただろうか。内山はその家がある丘から広い道を通って金沢の賑かな部分に降りて行く所に犀川に掛っている鉄橋を初めは不恰好なものに思っていたが、それを何度か歩いて渡ったり車で過ぎたりしているうちにその橋が金沢に住むものには金沢の一部である為にそれが事実そうであることに気が付いた。これは放送用の塔を立てた川向うの建物と同じでその橋に雪が降っている時と橋が春の日差しを受けている時と違うのはそれがその橋であることに変りはないからだった。その橋を何代の人間が渡ったかに就て心配することはないのはその歴史を調べれば解った。今は冬でもその時刻の日光を浴びて鉄橋の肌が温っている筈だった。それは現にそこにいるのと同じ感じで内山は鉄橋のことから丘の上の家にいる自分に戻った。この推移は自然であって鉄橋と内山がいる部屋を繋いで金沢という町の空間を拡げた。犀川の川原まで降りて行けばその鉄橋が見える筈だった。

参考文献:吉田健一『金沢・酒宴』(講談社文芸文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説 近代建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示