FC2ブログ

浅野川の橋(1)

2018_05_27_彦三大橋
2018_05_27_小橋
2018_05_27_中の橋
 金沢市内を歩き倒している際、土地勘が無い
 ものだから、独り、混乱していることが多々
 ありましたねえ。手中の金沢市観光マップは
 左下にJR金沢駅が記されていて、主立った
 観光名所が地図中央に来るように配置されて
 います。どうにも、ぼくの頭は地図の上方が
 “北”という風に刷り込まれているため、勘が
 狂ってしまうのでした。「文学フリマ」終了後、
 横安江町商店街を北上(歩いている最中は
 方角が曖昧)。東別院や西別院の前を通過。
        ☆
 彦三大通りに出て、浅野川に辿り着いた
 までは良いのですが、方向感覚がおかしく
 なっているものですから、水は流れるままに
 流れているはずなのに、上流と下流が逆
 ではないのか?と、変なことばかり、考えて
 いましたよ。「彦三大橋」は特に何と言う
 こともない桁橋。欄干の一部に植物の透かし
 模様が入っていましたが、何の花(実?)か
 不明。路地に入り込むと「あめの俵屋」の
 大暖簾が目に飛び込んできました。小ぶりの
 トラス橋「小橋」はぼく好み。身の丈に合った
 サイズ感が軽快ですね。そのまま南へ下る
 (川を遡る……南下することが、川の上流に
 つながるという感覚に不慣れ)と、「中の橋」。
 ようやく、金沢のイメージをアピールしてきた
 というか、木造の欄干、擬宝珠、桁隠し
雰囲気を出す歩行者専用橋。橋を渡った左岸が茶屋街として知られる「主計町」です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag :

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示