FC2ブログ

自由軒 in 金沢

5月27日の日没前、主計町(かずえまち)から2018_05_27_自由軒
浅野川大橋」を渡って、“ひがし茶屋街”へ
入りました。そろそろ時分時。相方とT中さん
3人で観光客よろしく、きょろきょろと物色します。
当たりをつけていた「とどろき亭」がまだ準備中
だったため、もう1軒のビストロ「自由軒」に
突撃しました。「自由軒」と言えば、大阪にも
老舗の同名店がありますが、自由民権運動
意気盛んだった明治時代の日本では、流行の
ネーミングだったのでしょう。明治42年(1909)から続く
創業100年のオムライス”が売りの洋食屋です。
建物自体は、上部に和風民家の切り妻屋根が覗き、
昭和8年(1933)改装による看板建築然とした姿。
モルタル仕上げの壁に、幾何学的な文様有り。
中に一歩足を踏み入れれば、半和風。座敷に上がり、
オムライスの他、メキシカン・サラダ、銀串焼き、
一口カツなどを摘まみに、白ワインを数本空けました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 呑む 近代建築

コメントの投稿

Secret

Tさん

同人Tさんのイニシャルが被ったので、
ひとまず「T木さん」、「T中」さんと書き分け。
この時のTさんは、金沢おでんを食べた時のTさんとは別人。

分類

あと、記事のカテゴライズにも困りました。
「近代建築」が目当てではあったけど、
内容的には、ご当地グルメだし……
全然、金沢っぽくないような気もしますがw
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示