浅野川の橋(2)

2018_05_27_浅野川大橋
2018_05_28_梅ノ橋
2018_05_28_天神橋
 古都・金沢のイメージにぴったりと適うのが、
 「浅野川大橋」でしょうか。パンフレットや
 ポスターなど、観光案内でも引っ張りだこ。
 美麗過ぎて、ひねくれ者のぼくなんか、
 「犀川大橋」だって、背伸びしている中学生
 男子みたいで、可愛いじゃないか!と、変な
 肩入れをしそうになってしまいますけれど。
 「犀川大橋」同様に、国の登録有形文化財。
 主計町茶屋街ひがし茶屋街をつなぎ、
 左岸の袂には火の見櫓も建っています。
 橋長55m、幅員17mの鉄筋コンクリート造り、
 3連充腹式上路アーチ橋で、スパンドレル
 部(外壁)はドイツ壁(=モルタル掃き付け
 仕上げ
)で処理されています。アーチ環は
 目地付きコンクリート洗い出し、橋脚の水切り
 部には花崗岩を使用。何とも、技の博覧会! 
        ☆
 この辺りの右岸の沿道が「秋聲のみち」、
 左岸の沿道が「鏡花のみち」と呼ばれて
 いるのはともかく、“金沢の三文豪”として
 挙げられる徳田秋聲泉鏡花室生犀星
 のうち、秋聲はちょっと格が落ちるのでは
 ないか、と……「浅野川大橋」の上流に
 架かるのが「梅ノ橋」。「中の橋」と似て、
 木製欄干、桁隠しを持ちますが、擬宝珠を
 有せず。代わりに、橋の袂には純和風の
 カーブミラー(?)が設けられていましたね。
鏡花の『義血侠血』に描かれたことから、その戯曲版『滝の白糸』碑も在りました。
一番下の画像が、今回は実地に渡れず、遠目に眺めただけの「天神橋」です。
現在の橋は昭和30年(1955)に架けられたローゼ橋。橋の名前だけで、即座に
大阪市の地元の橋を連想してしまいますが、金沢市に限らず、大阪府池田市でも
見かけましたし、全国各地に散在するかと思われます。どこかへ流れたにしても、
そのどこかとここはつながっていて、逆に、ここはまた別のどこかでもあるのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説 建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示