金沢文芸館

2018_05_28_金沢文芸館 「浅野川大橋」から歩いて間もない、金沢市の橋場
 交差点角に建つのが「金沢文芸館」でした。交差点
 角に在ることから、“カド丸”かと思ったのですが、
 十字路でなく、緩い坂道の三叉路に建つためか、
 一般的な“カド丸”以上に、曲面を多用しています。
 画像は「枯木橋」からの撮影。変化球が過ぎる
 「尾山神社」神門を除けば、金沢市内で最も近代
 建築らしい物件ではないでしょうか。鉄筋コンクリート
 造りで、3(or 4)階建て。ファサードにはイオニア風の
 付け柱、コーニスから上層は角窓、下層はアーチ窓。
 旧「高岡銀行」橋場支店で、昭和4年(1929)竣工。
 「文芸館」を謳いながら、2Fが「五木寛之文庫」に
なっているのはどうよ?と思わされましたが。至近に「泉鏡花記念館」もあるので、
目くじらを立てるほどのことではないにせよ、中途半端な観が否めなくてねえ。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示