オットー・ネーベル展

6月15日(金)は雨模様。大して気にもせず、「京都文化2018_06_15_「赤く鳴り響く」
博物館」へ出発しました。雨の文博も良いものです。
まずは「前田珈琲」文博店でストロング・コーヒーなどを
お腹に入れて、エレベーターで上階へ向かいました。
抽象絵画が元来好物なので、全貌のよくわからなかった
オットー・ネーベル展」を堪能できて、満悦至極です。
オットー・ネーベル(1892~1973)はベルリン生まれ。
1920年代はワイマールに滞在し、「バウハウス」で
ワシリー・カンディンスキーパウル・クレー
知り合い、生涯にわたる親交を結びます。後にナチスに
追われ、1933年以後はスイス・ベルンに居を構えますが、
美術のみならず、建築演劇詩作でも活動していた
点が素敵です。生前は画家よりも、舞台役者としての方が知名度があったなんて。
キャリアのスタートとしても、まずは建築学校を卒業後、建築技師として社会に
出ている辺りが何とも……雰囲気は全く異なるのですが、やはり、ぼくの大好きな
ジョルジュ・ブラックのようなアルチザン・タイプの作家だなあ、と感じ入ります。
ぱっと見、軽やかな“音楽”を感じさせる作品などで、クレーと取り違えそうに
なる瞬間もあるのですが、執拗な細部の繰り返し、マチエールへの偏執度は、
似て非なる存在でしょう。技法や素材へのこだわり、試行錯誤が半端無くて、
印刷をよく知るからこそ、印刷技術の限界を諦観し、絵画は平面芸術に非ず
と無言の圧力で、訴えかけてくるようでした。一部の作品が撮影可能となっており、
展示会場にはシャッター音が鳴っていましたが、諸行無常の響きと聴きました。
例えば、ジョルジュ・ルオー。或る種の画家は、建築と同様に空間を要求します。
立体の造形物を二次元に収めるには、時間、意識の一連の流れをどう処理するか? 
       ☆
もう、図録を買った方が安く上がるのではないか?
というくらいに、オットー・ネーベルのポスト・カードを購入。
嵩張ってしまい、部屋が狭くなるのを嫌ったためですが。
掲載した画像は「赤く鳴り響く」。作品から音楽を感じる
ということは、時間を定着するのに成功したという意味。
逆に言うと、優れた建築は音楽的であるはずです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 近代建築

コメントの投稿

Secret

空間?

「空間」と言わずに、奥行きと呼ぶべきか。
奥行きを作り出す詐術が、透視図法だったりする訳で。
奥行きは元々在る。
それをこうすれば奥行きがあるように見えるよ
としか描けないのが、下手な絵描きなのだろう。
奥行きの表現から入るのでなく、どうしたって
奥行きは最初から在るのだ。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示