fc2ブログ

梅地下オデッセイ

前年の講座「大阪の風土と文学」を聴き終え、2018_09_04_ホワイティうめだ
押さえておかなければと思い立ったまま、放置
していた案件がございまして、富岡多惠子・
『大阪文学名作選』(講談社文芸文庫)

船所武志・監修『ふるさと文学さんぽ 大阪』
(大和書房)
より先に、枕元に寝かせたままの
『大阪ラビリンス』から読み進めている次第。
11編のいずれも語りたくなるネタで満載ですが、
今回は堀晃梅田地下オデッセイ」について。
同作の発表された1978年ですら、“迷宮”扱いされていた梅田地下街は、
現在なお、地下~ビルの数や規模を拡大しつつ、増殖中です。
画像は今年9月4日(台風21号上陸日)に撮影した「ホワイティうめだ」。
「梅田地下オデッセイ」は、外界からシャット・ダウンされた地下空間を
舞台としたハードSFでしたが、非常時には意外とリアルな光景でもあり。

参考文献:有栖川有栖『大阪ラビリンス』(新潮文庫)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN