fc2ブログ

小磯没後30年

2018_11_16_小磯記念美術館 神戸市の「隈病院」を訪れた帰り、阪神・魚崎駅で下車。
 六甲ライナーに乗り換え、六甲アイランドへ向かい、
 アイランド北口駅で下車。目的地「小磯記念美術館
 では、小磯良平(1903~1988)の没後30年を迎え、
 「小磯良平展」を開催中。テーマは「西洋への憧れと
 挑戦
」で、初公開の資料・作品等も展示されていました。
 いつも思うのですが、小磯記念美術館は地元の人らが
 ふらりと足を運んで眺めている姿が多く、神戸市民に
 愛された、愛されている画家だなあ、と感心させられ、
 少し羨ましいような気分にもなります。大阪市内にも
 そういう場所が一つでも増えればよいなあ、と願います。
 同時代の画壇への目配りか、キュービスムの表現をも
取り入れようと模索している作品のいくつかが面白かったです。成功しているとは、
必ずしも言い切れないにせよ、その時々で出来ることは試してみるという姿勢は
好きです。手土産にポスト・カードを数枚買い求めましたが、重複しているやもしれず。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN