fc2ブログ

神戸栄光教会

2019_11_05_神戸栄光教会 信仰心の一欠けらも持ち合わせて
 いませんが、教会建築は好きです。
 (音楽としてのゴスペルは大好物)
 「兵庫県公館」のすぐ北側に建って
 いたのが、日本キリスト教団神戸
 栄光教会
」(神戸市中央区下山手通
 4−16−1)でした。先代の教会堂
 (第2会堂)は曾根中条建築事務所
 設計で大正11年(1922)の竣工。
三角屋根の聖堂と約40mの鐘楼が神戸のランドマークとして長年親しまれていた
訳ですけれど、阪神・淡路大震災(1995)で倒壊。現在の教会(=第4会堂)は
平成16年(2004)10月に再建された物です。第2会堂のゴシック様式が踏襲
されており、外壁の煉瓦(手積み)を確認したところ、イギリス積みでした。
       ☆
「日本キリスト教団」の場合、“キリスト”が片仮名2019_11_05_神戸聖ミカエル教会
表記か、漢字表記(=基督)か、悩ましいですね。 
相楽園」から「隈病院」を目指して、西進する中、
左手に現れたのが、日本聖公会神戸聖ミカエル
教会
」(神戸市中央区下山手通5丁目11−1)。
“聖公会”というからには、英国国教会の流れの
プロテスタントということでしょうか。ただ、最初、
太陽との位置関係や、日陰から見て、ファサードを
見なかったことから、「日本基督教団神戸教会
(神戸市中央区花隈町9−16)と取り違えそうに
なりました。煉瓦(レンガタイル)の色も、鐘楼の形も
何から何まで違うのにねえ。教会が連立している
ようで、奇異に感じましたが、“寺町”の在り方などを
思い返してみれば、教会が固まっていても、特段
不思議でもないか。外国人の街、神戸ではあるし。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN