fc2ブログ

福笑古希

2019_11_26_「一天」 新幹線で帰阪した友人を出迎えに行き、合流した後、
 天神橋筋商店街のアーケードの南の端に位置する
 「一天」で腹拵え。泡盛の珈琲割りをちびちび飲りつつ、
 沖縄料理をアテにして、スパムの炒飯で締めました。
 「天満天神繁昌亭」夜席へ出掛ける場合、他には
 「弄堂(ロンタン)」、「だるま亭」、「餃々」南森町店を
 よく利用しますかねえ。この日は18時半から開演の
 「福笑の古希を祝う会」を聴きました。笑福亭福笑
 師匠も古希……松鶴一門の中で仁鶴、鶴光に次ぐ
 3番弟子ですから、そういう歳になりますか。来場客に
 プレゼントされた手ぬぐいには、『梁塵秘抄』から
 引かれた歌が染め抜かれていました(その昔、舞台の
 裏方時代に愛用していたこともあり、手ぬぐいは何本
 頂いても悪い気がしません)。舞台は大喜利があり、
 紙切りや、姉様キングス桂あやめ林家染雀)の
音曲漫才もあって、大変に賑やかなムードで終始。福笑は声が出ていない感が
あったにせよ、その分、唯一の弟子、笑福亭たまが爆裂していました。新作落語
アマゾンの朝は早い」は三遊亭圓丈・作。ちなみに、笑福亭松枝(と桂文昇)、
たまの3人は、同じ岸和田高校出身のようです。福笑一門は(と言っても、2人しか
いませんが)、単に同じ型を繰り返すだけの古典落語に対して、批判意識が強い
のですけれども、“落語らしさ”の要諦がどこに存するかをきちんと考えようよ、と
いう絶えざる問題提起だと思うのです。福笑師匠の代表作「葬儀屋さん」を聴いて
いると、ぼくにはブラッシュ・アップされた「代書屋」が感知されてくるのでした。
       ☆
 桂おとめ「雑俳」
 笑福亭たま「アマゾンの朝は早い」
 笑福亭松枝「紀州」
 古希記念大喜利=〈司会〉笑福亭鶴笑
   笑福亭福笑/笑福亭松枝/桂あやめ/林家染雀/笑福亭たま
  中入り
 笑福亭鶴笑(紙切り)
 姉様キングス(音曲漫才)
 笑福亭福笑「葬儀屋さん」
 
       ☆
挟み込まれていたモノクロ・コピーのフライヤーにも
ありまして、11月上旬の某噺家の急死を当日知りました。
めでたい席故、高座で詳しく触れられはしませんでした
けれども……全くの別件になりますが、林家染雀の
プロフィルは調べていて、ぞくぞくさせられました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN