fc2ブログ

ヘクトルとアンドロマケ

大阪市の御堂筋彫刻ストリートの1点として、ジョルジオ2020_08_23_キリコ「ヘクテルとアンドロマケ」
・デ・キリコ(1888~1978)の「ヘクトルとアンドロマケ
が建っています。シュルレアリスム好きであり、キリコも
好物なのだけれど、彫刻作品になると俗っぽさが際立つ
なあ、と感じながらも、自然と心に飛び込んできます。
元ネタはホメロスの長編叙事詩 『イリアス』。キリコの
「ヘクテルとアンドロマケ」は、1917年制作の油彩画が
有名ですが、その後も複数のリメイク(?)が制作されて
います。画像は8月23日(「桂宗助独演会」に行けず
じまいだった日……)撮影分。設置時は存在しなかった
ので、意図的ではないでしょうが、背後の中央分離帯に
突き出ている換気塔か何かのデザインが無機的で、
キリコの彫刻と 妙にしっくり合うように思えませんか? 
非常に個人的な決め付けを言わせてもらうと、キリコは
御堂筋でなく、堺筋の方が似合う
んですがねえ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN