fc2ブログ

★ 2020年9月に読んだ本 ★

『究極のカレー 2021 関西版』(ぴあ)
祝田秀全『近代建築で読み解く日本』(祥伝社)
中ザワヒデキ『近代美術史テキスト』(トムズボックス)……「国立国際美術館」で入手。
『スパイスでおいしいカレーレシピ』(宝島社)
 ……NHK番組「趣味どきっ!」に寄せられた声に応えたムック本。水野仁輔が監修。
トーベ・ヤンソン『たのしいムーミン一家 FINN FAMILY MOOMINTROLL』
 (講談社英語文庫)……シリーズ3作目(1948)ですが、英語で出版された作品
 (1950)としては1作目。小説9作は一通り読了しました。ムーミンパパが最高です。
青山通『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』(新潮文庫)
倉谷滋『怪獣生物学入門』(集英社インターナショナル)
関裕二『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪』(新潮文庫)……買って、カバーを
 掛けたまま積んでいたものだから、いつの間にか、2冊に増えていましたよ。
平野純『怖い仏教』(小学館新書)
木村泰司『教養としてのロンドン・ナショナル・ギャラリー』(宝島社新書)
 ……「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に合わせての出版でしたが、コロナ
 禍
により、展覧会自体の開催が延期されています。読む時間が取れましたけど。
原田マハ『ジヴェルニーの食卓』(集英社文庫)……10月の「二人の読書会」テクスト。
 「うつくしい墓」、「エトワール」、「タンギー爺さん」、「ジヴェルニーの食卓」を所収。
原田マハ『たゆたえども沈まず』(幻冬舎文庫)……ゴッホと弟・テオの姿を描いて
 いるのですが、画商・林忠正と助手・加納重吉(フィクション)の設定が絶妙。
 重吉というもう一方の軸を置くことで、ゴッホ/テオの人口に膾炙した物語が、
 西洋/東洋、芸術/生活という類型的な二元論もろとも、シャッフルされて、
 洗い出されることになります。タイトルは、例のセーヌ川の船乗り達の標語
原田マハ『楽園のカンヴァス』(新潮文庫)……アンリ・ルソーが描いたという
 作品「夢をみた」(作中設定)の真贋判定をめぐる物語。ピカソも絡んでくるよ。
小林英樹『完全版 ゴッホの遺言』(中公文庫)……日本推理作家協会賞受賞作。
 狭義の推理小説ではなく、美術批評かな。それこそ、ゴッホの「スケッチ」の
 真贋判定をねちっこく行っており、説得力は十二分。絵の見方を学べました。
原田マハ『デトロイト美術館の奇跡』(新潮文庫)……2016年の秋に出掛けた
 「デトロイト美術館展」を思い出します。現在は、展覧会もなかなか……ねえ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN