芥川賞は納豆1万個?

納豆201103_11945年から1995年までの戦後50年を通して、モノの値段の変化を見るに便利な週刊朝日編『戦後値段史年表』(朝日文庫)から、納豆の値段を抜き出してみた。「トーヨー新報」本紙では毎月、都市別4品目(納豆を含む)の小売価格を掲載しているが、月単位、年単位でなく、戦後という大きなスパンで見直すのも面白い。

納豆のの価格は、東京および東京周辺の小売標準価格。1948年は16匁(60グラム入り)、1950年以降は100グラム程度のものを1個とした値段である。

納豆だけの変遷を見ても代わり映えしないので、文学賞の芥川龍之介賞、直木三十五賞の賞金も併せて掲げた(下表)。

統計的な妥当性はともかくとして、芥川賞・直木賞の賞金は、その時々の納豆の1万倍が目安になりそうだ。ついでに2010年下半期の芥川賞は、中卒・高齢フリーターという経歴が(一部で)話題になった西村賢太らが受賞している。

納豆201103_2

参考文献:週刊朝日編『戦後値段史年表』(朝日文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : トーヨー新報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示