FC2ブログ

島津氏発祥の地

住吉大社」の“一寸法師発祥の地”の説明で、一体に2021_02_02_誕生石
何故、住吉大明神に子宝祈願を?という疑問が湧いて
しまうのですが、その背景には、第四本宮の祭神、
神功皇后が住吉大神の加護を得て、応神天皇を出産
したことに加えて、「誕生石」の信仰があったようです。
誕生月の宝石のことではありませんよ。以下に引用。
       ☆
丹後局(たんごのつぼね)は源頼朝の寵愛を受けて懐妊
したが、北条政子により捕
(とら)えられ 殺害される
ところを 家臣の本田次郎親経
(ちかつね)によって難を
逃れ、摂津住吉に至った。このあたりで日が暮れ、
雷雨に遭い前後不覚になったが、不思議なことに
数多
(あまた)の狐火が灯り、局らを住吉の松原に
導いてゆき、社頭に至った時には局が産気づいた。
本田次郎が住吉明神に祈るなか 局は傍
(かたわら)
大石を抱いて男児を出産した。これを知った住吉の
神人
(しんじん)田中光宗は産湯を出して湯薬(うぶゆ)
すすめて介抱し 保護したという。是
(これ)を知った
源頼朝は本田次郎を賞し、若君に成長した男児は
後に薩摩・大隅二ヵ国を与えられた。これが島津氏の
初代
島津三郎忠久
(ただひさ)公である。この故事により、
住吉社頭の力石は島津氏発祥の地とされ、「誕生石」の
聖地に垣をめぐらせ、此
(ここ)の小石を安産の御守(おまもり)
とする信仰が続いている。

       ☆
説話としては面白いのですが、目の当たりにした誕生石は、
ごろごろと転がる唯の石でしかなく、有り難味が感じられず、
垣の中の古木(おそらく、松)も「楠珺社」の巨木に接した後では
迫力不足。ニーチェ好き云々と関係なく、ぼくは根っから不謹慎。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡 樹木

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに、考える人のふりをする。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN