FC2ブログ

★ 2021年3月に読んだ本 ★

半藤一利『歴史探偵 忘れ残りの記』(文春新書)
『琵琶湖疏水の歴史散策』(近代京都の礎を観る会)……2018年度改訂版。
 「琵琶湖疏水記念館」で購入。山科疏水のお花見でも活躍してくれました。
『地図で読む京都・岡崎年代史』(京都岡崎魅力づくり推進協議会)
 ……改名前の「京都市立美術館」で購入。ずっと寝かせていたけれど、ようやく
 読む機会が訪れました。岡崎公園は、大阪市における天王寺公園なのだな。
松村博『京の橋ものがたり』(松籟社)
田辺聖子『大阪弁おもしろ草子』(中公文庫)……マイ・クラシック。『大阪弁
 ちゃらんぽらん』に続けて読みましたが、最初に読んだのは学生時代でしたか。
松村博『八百八橋物語』(松籟社)
竹本住大夫『人間、やっぱり情でんなぁ』(文春文庫)……聞き書き・樋渡優子。
 “文楽の鬼”と呼ばれた7代目・竹本住太夫(1924~2018)の最後の言葉。
 ぼくが文楽を聴き始めた時期には、既に現役から引退していたのですけれども。
『新潮古典文学アルバム19 近松門左衛門』(新潮社)……編集・執筆が原道生
 (明治大学)、エッセイが橋本治。5年前の講座で紹介されていた参考文献。
 近松は“情”だけで読み解こうとすると、躓きます。ごつごつとしたロジックが
 近松の真骨頂で、その理詰めの構築を詞章の底から汲み取らなければ。
 何も触れないこと、周辺から語ることで、核心部分を浮かび上がらせる器量。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに、考える人のふりをする。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN